メガドライブ プレイTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メガドライブ プレイTV』は、セガトイズから発売されているTVゲーム機。これまでに3バージョンが発売されている。

概要[編集]

アメリカの電子玩具メーカー・Radica Games Limitedが開発した「Legends Sega Genesis」を日本市場向けにしたものであり、北米版メガドライブ(ジェネシス)のソフトが最初から内蔵され、複数遊ぶことができる。本体は廉価版であるメガドライブ2に良く似たデザインとなっているが、サイズは非常に小さい。本体とテレビをビデオケーブル(モノラル)で繋ぎ、電源として市販の単三乾電池4本か「メガドライブ プレイTV対応ACアダプター」(1,029円、税込)を使用することでゲームができる。

なお、本機は「メガドライブ」そのものではなく、あくまでも単体で遊ぶためのものであり、メガドライブやジェネシスのソフトを差し込んで使うことはできず、セーブ機能やコントローラの拡張性もない。『1』と『2』には3ボタンパッドが1個のみ、『3』は対戦対応のため6ボタンパッドが2個付属している。

1はみずしな孝之の作品のいい電子でも紹介された。

収録タイトル[編集]

収録タイトルは北米版ジェネシス仕様の英語版となっている。ただし、『ストリートファイターIIダッシュプラス』のみ冒頭のSEGAロゴを除いてメガドライブ用の日本仕様になっている[1]

以下、日本語名(英語名)の順に記載。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 黒レベル(セットアップレベル)がSEGAロゴとCAPCOMロゴで違い、SEGAロゴの方が黒浮きしている(日本のメガドライブオリジナル版はどちらも黒浮きはない)。これは日本が映像のセットアップレベルが0IREに対して北米は7.5IREのため。詳細はNTSCを参照。

外部リンク[編集]