メガアダプタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メガアダプタ
POWER BASE CONVERTER
Mega Adaptor.jpg
Mega Adaptor with Mega Drive.jpg
メガアダプタ(上)、メガアダプタをメガドライブに接続した様子(下)
メーカー セガ
種別 ゲーム機周辺機器
発売日 日本の旗 1989年1月26日
アメリカ合衆国の旗 1989年
欧州連合の旗 1990年
ブラジルの旗 1990年
POWER BASE CONVERTER II
欧州連合の旗 1993年
CPU メガドライブ本体内蔵Z80を流用
対応メディア ロムカセット
マイカード
対応ストレージ バッテリーバックアップ
コントローラ入力 メガドライブ用パッドを使用
互換ハードウェア セガ・マークIII
テンプレートを表示

メガアダプタとは、セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)が販売したメガドライブ用の周辺機器である。1989年1月26日発売。価格4,500円。

概要[編集]

セガの家庭用8ビットゲーム機セガ・マークIII用ソフトを、メガドライブで使用可能にするアダプタ。メガドライブ最初期のソフト不足をカバーするための製品である。ある程度ソフトが出揃うと製品としての役割を終えたため販売期間は短かい。また、あまり積極的に販売もされていなかったため、出荷数・現存数が少ない。

メガアダプタ本体には、セガ・マークIII用のROMカートリッジスロットとマイカードスロット、ポーズボタンのみが装備されており、メガドライブ本体のカートリッジスロットに挿して使用する。 メガドライブは、セガ・マークIII用ROMカートリッジを接続すると自動的に、セガ・マークIII互換の動作モードに切り替わるようになっていた。そのため、メガアダプタの内部構造はポーズボタン用の割り込み回路がある以外、アドレスとデータ(下位8ビットのみ)バスをそのまま結んでいるだけで、ほとんどがピン配列の変換パーツで占められている。

セガ・マークIIIの周辺機器である3Dグラスや、海外マスターシステム用の光線銃はメガアダプタでも使用する事が出来る。

コントローラはメガドライブ付属のものが使用でき、方向ボタンとBボタン・Cボタンのみ使用する。ただし、『ボンバーレイド』や『エイリアンシンドローム』など、別売のマスターシステム用パッド(製品番号#3020)でないと動かないソフトが数本程度存在する。

SG-1000用のカートリッジやマイカード、及びSG-1000の画面モードを使用する『F-16 ファイティングファルコン』は使用出来ない。また、セガ・マークIII用トラックボールコントローラー『セガ スポーツパッド』には非対応のため、専用ソフトである『スポーツパッドサッカー』と『グレートアイスホッケー』の2本も使えない。

セガ・マークIIIとマスターシステムFM音源はメガドライブ本体のFM音源部とは仕様が異なるため、メガアダプタ使用時の対応サウンドは全てPSG音源のみである。

カートリッジスロット周辺の形状が異なるため、メガドライブ(初代機)以外の互換機に直接接続する事は出来ない。なお、メーカー保証外であるものの、コンバータの後ろの突起部分を切断したり、外装を取り払って基板を剥き出しにしたり、など、物理的に接続が可能な状態に出来さえすれば、メガドライブ2でも使用可能になる。また、スペーサーを用いた使用法が存在する[1]

海外版[編集]

北米メガドライブのGENESIS用メガアダプタは、POWER BASE CONVERTERという名称である。メガCD一体型コンパクトタイプのマルチメガでも使用する事が出来る。ただし、GENESIS3には対応していない[2]

マスターシステムが任天堂ファミリーコンピュータとほぼ互角のシェア争いを展開したヨーロッパでは、欧州版メガドライブが発売されてからもマスターシステムの市場が健在で、ユーザーからの要望も高かった。そのため、初代メガドライブ用のほかに、欧州版メガドライブ2への接続にも対応した両機種対応型の『POWER BASE CONVERTER II』が販売された。初代機より遥かにコンパクトになった代わりに、マイカードソフトが使用出来なくなった。

現状[編集]

2016年現在、中古価格は高騰している[3]

なお、サイバーガジェットより発売されているレトロフリーク用ギアコンバーターにより、メガアダプタを購入せずとも、同等の機能をメガドライブに持たせることが容易になった[4]。同社の公式アカウントでも、メガアダプタがメガドライブ2に物理的に接続できない問題を解決できる旨を述べている[5]。逆に、初代メガドライブでギアコンバーターを使用する際はカートリッジのロック部品が引っかかるため、正常に動作しない[4]。改善にはメガドライブ本体の改造が必要になる[6]

また、現在は非純正の互換品も販売されている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ メガアダプタ 中古 メガドライブハード駿河屋
  4. ^ a b レトロフリーク用ギアコンバーター|サイバーガジェット
  5. ^ サイバーガジェット公式アカウント、2016年5月25日の発言2016年10月7日閲覧。
  6. ^ メガドライブの環境設定 - 4.海外用ソフトについて
  7. ^ DC-セガ系ハード関連商品一覧

外部リンク[編集]