ゲームギアミクロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲームギアミクロ
Sega-Game-Gear-WB.png
本機外観の原典であるゲーム機・ゲームギア
メーカー セガ
種別 復刻系携帯型ゲーム機
発売日 日本の旗 2020年10月6日
CPU Allwinner F1C200S
対応メディア プリインストール
テンプレートを表示

ゲームギアミクロは、セガから2020年10月6日に発売された携帯型ゲーム機[1]

また、本項では同年12月24日に発売の『アレスタコレクション』限定版に同梱される別注版「ゲームギアミクロ ホワイト」についても記載する。

概要[編集]

1990年代前期から中期にかけてセガ(当時:セガ・エンタープライゼス)が発売し展開していた携帯型ゲーム機・ゲームギア(以下、一部で「GG」「オリジナル」と略記する場合あり)の復刻版。

2020年6月3日、セガ社が創立60周年を迎えた日にセガのトップである里見治紀と、60周年アンバサダーキャラクター「せが四郎」(演・藤岡真威人)の記念対談記事にて電撃的に第一報が成された[2]。ゲームギアを、現代のアーキテクチャで制作した「復刻系ゲーム機」となる。

もともとはセガ60周年事業の一環として、セガグループの1社であるセガトイズが、セガ営業部の物販チームをとおして出してきたアイデアだった。折しもゲームギア発売30周年が間近に迫っていた時期でもあったため、ゲームギア復刻の機運がチーム内で盛り上がり、世に出せるように画策した。

このような経緯から、セガが前年の2019年9月19日にリリースした同系統の復刻系ゲーム機・メガドライブ ミニが最終的に40タイトル以上のゲームを収録して全世界ほぼ同時発売する大規模なプロジェクトとなったのに対して、今回は比較的小規模のプロダクトとなっており[3]、海外版のリリースもセガが販売する通常版としては予定されていない。

チームの近くには、メガドライブミニのキーパーソンであるセガ社員・奥成洋輔のデスクがあり、チームからの相談に乗っているうちに、奥成はなし崩し的にGGミクロ開発にも参加することとなった。奥成は2020年4月1日をもって物販チームに異動、現在は正式なGGミクロの担当となっている。なお、奥成と共にメガドライブミニの企画に携わったセガのジャパン事業部副事業部長・宮崎浩幸がそうなるように仕向けた「仕掛け人」だった模様である。

YouTubeなどで公開されているプロモーション動画では、オリジナルのCMに起用されていた高橋由美子がナレーションを担当した。

発売開始時点では、Amazon.co.jp・セガストア・Rakuten Booksでの限定販売となっている。

ハードウェア[編集]

※ 下記出典はセガ「ゲームギアミクロ」商品情報ページおよび右記リンク先より[3]

ハード関係[編集]

外観はオリジナルのGGをベースとし、スケールを約40%弱に縮尺したサイズとなっている。オリジナルが両手で掴んでホールドすることが前提の大きさだったのに対し、「ミクロ」の名のとおり、指先で摘まめるほどに軽く小さい。左側のジョイコントローラーと右側のボタン二つは忠実に縮小するとゲーム操作に支障を来たしてしまうので、縮尺よりも大きくなっている。また、ボディカラーもオリジナルの基本色だったブラックを筆頭に、オリジナルのバリエーションカラーだったイエロー・ブルー・レッドが用意されている。なお、各色ごとに異なる4つのゲームソフトがプリインストールされている。

液晶ディスプレイは時代の進歩に合わせ、オリジナルよりもコントラストが効いた見易い映像を出力出来る。ただし、ボディサイズの関係で、オリジナルの3.2インチに対し、1.15インチに縮小されている。ゲームラインナップにはRPGのようにプレイヤーがゲーム内の文章を読み込んだり、「なぞぷよ」のように小さいキャラクターを凝視したりする必要のあるものも多い。当時のユーザーは壮年以上になっている人も多いためファーストインプレッションでは「老眼なので(自分と同じ世代にはプレイが厳しいのでは無いか)」という趣旨の評も見られた[3]。これについてセガ側は「開発元で40代と50代の方々に遊べるかどうかモニターしてもらい大丈夫だった」と回答している。

このように、ユーザビリティよりはコンパクト性を優先している傾向が見られる。これはミクロの内部的テーマである“ギミック”感を重視している“遊べるマスコット”を重視した結果による。商品情報ページでも両手のひらに4色4台のミクロを持っているイメージ写真が掲載されており、「所有する事」自体の楽しさを強調している。

音声はステレオに対応している。ヘッドホン端子を使えばステレオで音が聞ける。本体のスピーカーはオリジナル同様モノラル出力である。

電力源はオリジナル同様にアルカリ乾電池が基本で、オリジナルは単三6本だったのに対し単四2本で済むようになり、大幅な低電力化を実現している。バッテリーによる最大駆動時間は調整中とのことで、「オリジナルの3時間はクリアしたい」との意向を示している。外部からの電力供給も可能で、スマートフォンの充電などに使われる5V/1.0A/5W以上の出力ができるACアダプタから、マイクロUSB端子に接続する。アダプタおよびケーブルは別売り。

その他の付属品は取扱説明書、保証書など。各ゲームタイトルの説明書は添付しておらず、本体で電子説明書として閲覧する機能もない。公式サイトにて、各タイトルの発売当時の説明書が、GGミクロ発売日以降商品情報ページにて、PDFファイル形式で公開されている。

ソフト関係[編集]

4色のカラーバリエーションごとに、各色でラインナップの異なる4タイトルを収録プリインストールする。現時点では全色の合計で16タイトル。ゲームソフトの選定はセガの奥成が概ね決定し[3]、全てセガが何らかの形で関わるソフトとなっている。

※「レッド」に収録されている『女神転生外伝ラストバイブル』シリーズの2作品は当時も発売元はセガであり、当時は独立した企業だった版元のアトラスも、現在はセガグループに属している。
『ぷよぷよ』シリーズと、後述する別注版に収録されている『アレスタ』シリーズは元々「コンパイル」が開発(一部タイトルは自ら発売)していたタイトルだったが、同社はすでに消滅しており、『ぷよぷよ』はセガが、『アレスタ』シリーズは本機の移植を担当するエムツーが版権を保有している。

各ゲームはプレイ途中のセーブ(ステートセーブ)することが可能で、最大4スロットを全タイトルで共有する。ゲームをセレクトする際のメニュー画面で流れるBGMは、エムツー所属のChibi-Techによる新規書き下ろし楽曲が使われている。

他メーカーの復刻系ゲーム機同様、オリジナルのロムカセットをスロットに装着して遊ぶことは出来ない。また、公開された仕様ではソフトのダウンロードは出来ない。完全に1人用に特化しているため、一部のソフトのオリジナル版では可能だったマルチプレイは不可。

仕様[編集]

収録タイトル[編集]

発表時点で(概ね)全タイトルが公開された。下記表は基本的に公式商品情報ページに掲載された順。表中の「ボディカラー」横には、どのような意図で収録作品が選ばれたのかを簡単に記載(出典 → [1]

タイトル オリジナル版 ゲームジャンル CEROレイティング 備考
日本における
リリース日
発売企業 開発企業
ボディカラー「ブラック」
セガを代表する「おなじみの」王道タイトルを中心として収録。
ソニック・ザ・ヘッジホッグ 1991年12月28日 セガ エインシャント アクションゲーム CEROA(全年齢対象)
ぷよぷよ通 1994年12月16日 コンパイル アクションパズルゲーム マルチ対戦プレイ不可
アウトラン 1991年8月9日 セガ ドライブゲーム 2人対戦プレイ不可
ロイアルストーン
~開かれし時の扉~
1995年2月24日 シミュレーションRPG
ボディカラー「ブルー」
クールな「セガファン」へ向けたタイトルを中心として収録。
ソニック&テイルス 1993年11月19日 セガ アクションゲーム CEROA(全年齢対象)
ガンスターヒーローズ 1995年3月24日 エムツー
(GG版)
オリジナルのMD版は
トレジャーが開発。
シルヴァンテイル 1995年1月27日 ネクステック アクションRPG
ばくばくアニマル 世界飼育係選手権 1996年1月26日 セガ アクションパズル 2人対戦プレイ不可
ボディカラー「イエロー」
「光り輝く」色から連想し、『シャイニング・フォース』外伝3作を中心として収録。
シャイニング・フォース外伝
~遠征・邪神の国へ~
1992年12月25日 セガ クライマックス
ソニック
シミュレーションRPG CEROA(全年齢対象)
シャイニング・フォース外伝II
~邪神の覚醒~
1993年6月25日
シャイニング・フォース外伝
ファイナルコンフリクト
1995年6月30日
なぞぷよ アルルのルー 1994年7月29日 パズルゲーム 大元はコンパイルが開発。
ボディカラー「レッド」
女神転生外伝 ラストバイブルシリーズ』2作品およびセガ2作品を収録。
女神転生外伝 ラストバイブル 1994年4月22日 セガ シムス
(GG版)
RPG CEROB(12才以上対象) ゲームボーイ版はアクセス発売
MIT・アトラス開発
女神転生外伝 ラストバイブルスペシャル 1995年3月24日 3Dダンジョン探索RPG 事実上のGGオリジナル作品。
The GG忍 1991年4月26日 アクションゲーム
コラムス 1990年10月6日 アクションパズル GGローンチタイトル作品
2人対戦プレイ不可

別注版「ゲームギアミクロ ホワイト」について[編集]

※ この節の出典 → [4][5]

ゲームギアミクロ収録タイトルを移植するエムツー社は「M2 SHot Triggers」とブランドを付け、PS4Nintendo Switchにレトロゲームを移植し自社みずから発売している。このシリーズの1作として、シューティングゲーム『アレスタ』シリーズのうち、GGから2作、マークIIIから1作、海外版マスターシステムから1作、完全新作1作の計5作品を収録した『アレスタコレクション』の発売を2020年12月24日にしている。この限定版に、エムツーがセガの協力のもと、独自にオーダーして製造されたゲームギアミクロを同梱する事となった。

ボディカラーは、オリジナルで一時期、キャリングケースとのセットで限定発売された「パールホワイト」に近い「ホワイト」となる。この限定版には後述する「ビックウィンドーミクロ」のホワイトカラー版も付属する。ゲーム選択メニューのデザインやサウンドはセガ発売版とは異なる。

タイトル オリジナル版 ゲームジャンル 備考
日本におけるリリース日 発売企業 開発企業
ボディカラー「ホワイト」
「アレスタ」シリーズ5作品を収録。
アレスタ 1988年2月29日 セガ コンパイル シューティングゲーム オリジナルはセガ・マークIII用ソフト。
今回はGGミクロに移植した「特別版」
GGアレスタ 1991年12月29日 コンパイル
GGアレスタII 1993年10月1日 セガ コンパイル
POWER STRIKE II 1993年 オリジナルは海外でのみSEGA MASTER SYSTEM用ソフトとして発売。
今回はGGミクロに移植した「特別版」
GGアレスタ3 2020年12月24日 エムツー アレスタコレクションのために完全新作としてGG規格で制作

周辺機器[編集]

ゲームギアミクロ4色(4台)をセット予約すると、先着で数量限定のオプショングッズ「ビッグウィンドーミクロ」が同梱される。これはゲームギアの周辺機器として発売されていた画面拡大レンズ「ビッグウィンドー」を、GGミクロ用にダウンサイジングして造ったもの。

特典[編集]

セガストア限定 ゲームギアミクロ 4色セット DXパック スモークコレクターズエディション
セガストア予約販売特典。
4色のGGミクロを収納して飾るための額縁と、モックアップモデルでゲームはプレイ出来ないが見た目はGGミクロそのものとなっている「スモーク(半透明ブラック)」が付属した特装版。
ゲームギアミクロ ピンズ&コレクションボックス
Rakuten Books予約特典。
GGミクロに収録されている全16作品のパッケージをピンズ化し、ゲームギアの原典パッケージボックスを復刻した収納ケースが付属した特装版。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]