アウトラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウトラン
OUT RUN
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード
開発元 セガ・AM2研
発売元 セガ
デザイナー 鈴木裕
プログラマー 中裕司
音楽 川口博史
シリーズ アウトランシリーズ
人数 1人
メディア 業務用基板(1.97メガバイト
稼働時期
  • INT 1986年9月20日 (1986-09-20)
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI3
デバイス ステアリング
シフトレバー
アクセルペダル
ブレーキペダル
筐体 可動筐体
(デラックス版、スタンダード版)
非可動筐体
(コクピット型、アップライト型)
CPU MC68000 (@ 12.5 MHz) ×2
サウンド Z80 (@ 4 MHz)
YM2151 (@ 4 MHz)
Sega PCM (@ 15.625 kHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
320×224ピクセル
59.64Hz
パレット12288色
売上本数 33ポイント
(1987年度大型筐体ゲームベストインカム第1位)[1]
テンプレートを表示
アウトランデラックス筐体

アウトラン』 (OUT RUN) は、1986年に発売されたセガ(後のセガ・インタラクティブ)のアーケードレースゲーム

概要[編集]

セガが1986年当時に注力していた「体感ゲーム」の、『ハングオン』『スペースハリアー』『エンデューロレーサー』に続く第4弾として発表された[2]。一連の体感ゲームシリーズの中でも『アフターバーナー』と並ぶ代表作である。真っ赤なボディに大きな画面とスピーカーを備え付けた可動筐体は多くの人の関心を集めた。美しい音楽と次々に変化する色彩豊かなステージや、当時の名車を髣髴とさせる姿で描かれた登場する車が大きな魅力のひとつである。自車はフェラーリ・テスタロッサをモチーフにしており、ゲーム上の最高速も当時のテスタロッサが公式発表していた293km/hであった。なお、コース上に登場する一般車両はフェラーリ・365GTS/4デイトナフェラーリ・288GTOフォルクスワーゲン・ビートルシボレー・コルベットなどに似たものが見られる。

全部で4種類の筐体がある。可動筐体にはデラックス版とスタンダード版の2種類があり、ハンドル操作に合わせて筐体が左右に可動し、クラッシュやコースアウトの際にはガタガタ細かく揺れた。非可動タイプにはBOX型のコクピット版と、小型で立ってプレイするアップライト版があった。アップライト版は輸出用であるため、シフトノブが右に付いている。これは日本国内ではあまり見かけられなかった[2]

ソフト面では新・旧2種類のバージョンが存在し、それぞれステージ構成が異なる。日本国内では、出荷時期の違いによって両方のバージョンが流通した。海外では新バージョンのみのため、旧バージョンは国内版、新バージョンは海外版とも呼ばれる。

開発[編集]

鈴木裕石井洋児らは開発に先立ち、ヨーロッパで約2週間のロケハンを行なった。

ドイツフランクフルトを出発し、ロマンティック街道を通り、アルプス山脈を越え、イタリアローマに到着するまでの行程をBMWで走行し、ルーフに取り付けたカメラで撮影した。

この際、ドイツの高速道路アウトバーンで190キロ以上のスピードを出したが、メルセデス・ベンツにあっさり追い抜かれたという。

ゲーム内容[編集]

ヨーロッパ各所を舞台にフェラーリ・テスタロッサを模したオープンカーを運転し、制限時間内に次のチェックポイントに到着する。全部で5ステージ。1 - 4ステージの後半には分かれ道が現れ、どちらかを選択するかによって、16通りのルートが選べる。

(以下国内版のもの)

COCONUTS BEACH - - VINE YARD
- WILDERNESS -
- DESERT - - DEATH VALLEY
- WHEAT FIELD - - OLD CAPITAL -
- ALPS - - STONE HILL
- CLOUDY MOUNTAIN - - BIG GATE -
- WALLS - - DUAL WAY
- SEASIDE TOWN -
- LAKE SIDE

操作方法[編集]

  • ハンドル(左右の反力はスプリングによる。コースアウト時には振動する。)
  • アクセル(アナログ制御)
  • ブレーキ(アナログ制御)
  • シフトレバー(Lo/Hiの2速式。オートマ無し)

ハイスコアに関するエピソード[編集]

このゲームにはハイスコア集計に影響を与えた裏技として「ギアガチャ」が存在する。これを利用して、通常ではあり得ない大胆なショートカットを行う走法が発見されると、それまでの全国集計ハイスコアランキングが一変した。そしてこの技が雑誌ゲーメストマイコンBASICマガジンなどで紹介され、波打ち際や、コーナーイン側の障害物の更にイン側を最高速で走る衝撃的な画面写真と共に、全国のゲーマーの間に広まって行った[2]。 さらに、スタート直後とクラッシュからの再発進時に車両の回転数を合わせて発進と同時にアクセルを踏み込み、前述のギアガチャと絶妙なタイミングで組み合わせると最高速が294km/h(実際には推定300km/hを超えていると思われる)になるという裏技も発見され、これを行う事によってゴール時に残るタイムがそれまでのものと比べ物にならないほどとなり、比例してゴール時のタイムボーナスが加算された為にハイスコアがさらに塗り替えられた。この裏技は前述の「ギアガチャ」のようにグラベルに乗る手前と乗った後で行うだけでなく、ターマック上でもギアガチャを継続的に行う事で「294km/h」が維持できるという裏技であり、成功にはかなりシビアなタイミングが必要であったが裏技に成功したプレイヤーは事故を起こすかゴールするまでの間を常に「ギアガチャ」を行った。 これらの裏技は「ギアガチャ」という特徴的な名前とその桁外れな効果によって広く知られたが、一方では手順を正しく理解しないまま挑戦しようとするプレイヤーが続出した。さらに、技のやり方を分かっていてもタイミングを合わせるのがそれなりに難しいことも相まって、闇雲にガチャガチャと何度も激しくギア操作してプレイする光景が各所で見られた。このことが原因でシフトレバーを破損する筐体も多く、やむを得ず「ギアガチャ」を禁止する店舗も見られた。また、ゲームに熱中しすぎて「ギアガチャ」を行う際にシフトレバーで指を挟むなどして怪我する人も多かった。

変わった遊び方など[編集]

チキンレース
よく目立つ看板建物めがけて飛び込んで、ギリギリで停車させることを競う。場合によってはスピンさせて停車させることを条件とすることもあった。接触すれば失格。
ゼロクリア
各コースのゴールラインは明示されていない。これを活かし、残り時間が0になる直前にゴールラインを踏むようにする。踏めなければ失格。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 アウトラン
  • 日本 1987年6月30日 (1987-06-30)
  • アメリカ合衆国 1987年10月
  • ヨーロッパ 1987年10月
セガ・マークIII セガ(後のセガゲームス セガ (後のセガゲームス) 2メガビットロムカセット
  • 日本 G-1326
  • アメリカ合衆国 7003
  • ヨーロッパ MK-7003-50
-
2 OUT RUN
  • アメリカ合衆国 1987年12月 (1987-12)
  • ヨーロッパ 1987年12月
Amiga
Atari ST
Amstrad CPC
ZX Spectrum
Probe Software Mindscape フロッピーディスク
カセットテープ
- -
日本国内未発売
3 OUT RUN
  • アメリカ合衆国 1987年12月 (1987-12)
  • ヨーロッパ 1987年12月
コモドール64 Amazing Products Mindscape フロッピーディスク
カセットテープ
- -
日本国内未発売
4 アウトラン
  • 日本 1988年10月21日 (1988-10-21)
MSX セガ(後のセガゲームス) ポニーキャニオン ロムカセット R68Y5814 -
5 OUT RUN
  • アメリカ合衆国 1989年 (1989)
PC/AT互換機 Unlimited Software Mindscape フロッピーディスク - -
日本国内未発売
6 アウトラン
  • 日本 1990年12月21日 (1990-12-21)
PCエンジン 電波新聞社 NECアベニュー 4メガビットHuCARD[3] NAPH-1016 -
7 アウトラン
  • 日本 1991年8月9日 (1991-08-09)
  • アメリカ合衆国 1991年
  • ヨーロッパ 1991年10月
メガドライブ シムス セガ(後のセガゲームス) 8メガビットロムカセット[4]
  • 日本 G-4052
  • アメリカ合衆国 1125
  • ヨーロッパ 1125-50
-
8 アウトラン
  • 日本 1991年8月9日 (1991-08-09)
  • ヨーロッパ 1991年11月
ゲームギア セガ(後のセガゲームス) セガ(後のセガゲームス) 1メガビットロムカセット[5]
  • 日本 G-3213
  • ヨーロッパ 2310
-
対戦ケーブル対応
『名作コレクション』として1993年7月23日再発売
9 SEGA AGES
アウトラン

  • 日本 1996年9月20日 (1996-09-20)
セガサターン ゲームのるつぼ セガ(後のセガゲームス) CD-ROM GS-9110 -
10 セガアーカイブス フロム USA Vol.1
  • 日本 2000年6月23日 (2000-06-23)
Windows 95/98 セガ(後のセガゲームス) セガ(後のセガゲームス) CD-ROM HCJ-0191 -
メガドライブ版の移植
11 シェンムーII
  • 日本 2001年9月6日 (2001-09-06)
  • ヨーロッパ 2001年11月23日
ドリームキャスト SEGA-AM2 セガ(後のセガゲームス) GD-ROM
  • 日本 HDR-0179
  • ヨーロッパ MK-51184-50
-
ミニゲームとして収録
12 シェンムーII
  • アメリカ合衆国 2002年10月28日 (2002-10-28)
  • ヨーロッパ 2003年3月21日
Xbox SEGA-AM2 セガ(後のセガゲームス) GD-ROM
  • アメリカ合衆国 Z10-00001
  • ヨーロッパ Z10-00009
-
日本国内未発売、ミニゲームとして収録
13 アウトラン
  • 日本 2003年2月25日 (2003-02-25)
EZアプリ ソニックチーム セガ(後のセガゲームス) ダウンロード - -
14 SEGA ARCADE GALLERY
  • 日本 2004年8月18日 (2004-08-18)
ゲームボーイアドバンス ビッツラボラトリー THQ ロムカセット - -
日本国内未発売
15 セガエイジス2500シリーズVol.13
アウトラン

  • 日本 2004年5月27日 (2004-05-27)
PlayStation 2 セガ(後のセガゲームス) スリーディー・エイジス CD-ROM SLPM 62675 -
アレンジ移植
16 アウトラン2
  • 日本 2005年1月27日
  • アメリカ合衆国 2004年10月25日
  • ヨーロッパ 2004年10月1日 (2004-10-01)
Xbox SEGA-AM2
Sumo Digital
セガ(後のセガゲームス) DVD-ROM
  • 日本 V3N-00002
  • アメリカ合衆国 ABG-00001
-
隠しゲームとして収録
17 アウトラン
セガエイジス
  • 日本 2007年11月14日 (2007-11-14)
iアプリ
EZweb
Yahoo!ケータイ
セガ(後のセガゲームス) セガ(後のセガゲームス) ダウンロード - -
アーケード版の移植
18 3D アウトラン
  • 日本 2014年4月23日 (2014-04-23)
  • アメリカ合衆国 2015年3月12日
  • ヨーロッパ 2015年3月12日
ニンテンドー3DS M2 セガ(後のセガゲームス) ダウンロード - -
アーケード版の移植
  • 家庭用ゲーム機
    • セガ・マークIII/マスターシステム
      全体的にキャラクターが小さく、ラスタ処理により道を表示している仕様上、ステージ分岐時は左右の道が1ラインごとに交互に描画される。
      FMサウンドユニット発売前に出たソフトであり、パッケージなどに表記はないものの、非公式に対応している。
    • PCエンジン
      NECアベニューからHuCARDで発売された。ルートが海外バージョンの仕様となっており、移植は電波新聞社FM-7への移植ソフトを多く手がけた、紅林俊彦の手による[6]
      ゲーム画面上にタイトルが表示されないほか、コースレコードやスコアなどが画面外上部の黒枠内に表示されている。
      また、ハードウェアの制約により、ラスタ処理によってコースを描画していることから、ステージ分岐時は1ラインごとに交互に描画されているため道が点滅して見えたり、背景や道路脇の看板・花畑・草原といったオブジェクトの種類が減少しスプライトで補えない分は省略され、分岐後にステージ合流する演出が削除されていたり車が吹っ飛んだ際にドライバーと助手席の女性が消えてしまう、チェックポイント時のボイスがカットされているなどアーケード版と異なる部分がある。
    • メガドライブ
      移植はシムスが担当している。ゲーム中のメインBGMに1曲新曲「STEP ON BEAT」が追加されており、本作以外では使用されていない。
      ハードウェアとしてBGが2プレーンあることで、スプライトを併用し海や合流地点などが再現されている。
      ハードウェアの制約により、全体的な色数の減少やオブジェクトの省略、車のエンジン音がカットされている他、ステージ分岐時に画面が暗転したりチェックポイント時にBGMが途切れたりするなど、アーケード版と異なる点がある。
    • セガサターン
      移植はゲームのるつぼが担当している。オプションで国内バージョン・海外バージョンを選択できる他、アーケード版以上の低難易度「エキストライージー」やオートマチック変速機能の設定が可能。
      隠しモードとして60fps(オリジナルのアーケード版は30fps)で描画する「スムースモード」及び、グリップ力の大幅向上機能が用意されており、オリジナルを超えた完成度として話題に。
      またサウンド面でも、オリジナルに加えてゲーム中の3曲とネームエントリーの「LAST WAVE」の計4曲を、作曲者であるHiro自らがアレンジしたものをCD-DA形式にて収録している。なお、スペースハリアーと同様に、初期ロットには白いセガサターン本体では正常に動作しないバグがある。
      自車等のグラフィックの差し替えは無し。2014年現在、最もアーケード版に近い移植作品となっている。
    • ドリームキャスト
      シェンムーII」のミニゲーム及び書籍「鈴木裕ゲームワークスVOL.1」に収録。
      自車がテスタロッサではない赤い車に差し替えられており、一般車両のフォルクスワーゲン・タイプ1とポルシェ・911のグラフィックも変更されている。
      BGMはドリームキャストの内部音源で演奏されている為、アーケード版とは音色が大きく異なっている。
    • PlayStation 2セガエイジス2500シリーズVol.13)
      スプライトを駆使した疑似3Dではなく3Dポリゴンでのリメイク。自車がテスタロッサではない赤い車になっている。
    • Xbox
      アウトラン2に隠しゲームとして収録。ミッションモードをすべてクリアするかプレイ時間が50時間以上になるとプレイ可能になる。
      フェラーリのライセンスを取得している為、自車はテスタロッサとなっているが、一部一般車両のグラフィックがドリームキャスト版と同じグラフィックに変更されている。
  • 携帯型ゲーム機
    • ゲームギア
      上記のセガ・マークIII/マスターシステム版とは異なり、グラフィックやBGMはゲームギア用に作られており、ミッションもオートマとマニュアルの2種類が選べる。1人プレイモードの他にCPUとの対戦モードや対戦ケーブルと2台のゲームギアを使用する、二人対戦プレイモードが可能。
    • ゲームボーイアドバンス(日本未発売。セガ アーケード ギャラリーに収録)
    • ニンテンドー3DS
      セガが2012年から展開している「セガ3D復刻プロジェクト」第2期第3弾として、3D立体視に対応、『3D アウトラン』のタイトルでダウンロード専売ソフトとしてリリース(後述する『アウトラン3-D』とは異なる)。Xbox版以来、9年ぶりの移植となった。
      過去の「3D復刻プロジェクト」で実装されているオプション機能は概ね搭載。代表的なものは下記参照。
      アーケード筐体をプレイした気分を味わえる様に、操作に合わせて映像がローテートする「ムービング筐体モード」(筐体フレームは実際の筐体から3タイプを用意している)、実際の筐体からの動作音を再現する環境音設定。
      自車がテスタロッサではない赤い車に差し替えられ、一部一般車両のグラフィックがドリームキャスト版と同じグラフィックに変更されている。
      3DS版独自に実装された新機能は以下のとおり。
      自車のチューニング要素を追加。
      3DS版オリジナルのBGM「Cruising Line」・「Camino a mi Amor」 を2曲追加。(作曲は移植を担当した有限会社エムツー所属のコンポーザーによるもの)
      一定の条件を満たすとアーケード版と同じ30fpsで描画するスペシャルモードが解放される。(ちなみに本作のノーマルモードの描写は基本的に60fpsで構成されている)。アーケード版と同じタイムカウントに関するバグも再現される[7]
      2014年12月18日発売された『セガ3D復刻アーカイブス』にも収録。
  • ホビーパソコン
    • MSX1
    • Commodore 64
    • ZX Spectrum
    • Amstrad CPC
    • Amiga
    • Atari ST
      上記すべてイギリスのU.S. Gold社からの発売。なぜかすべての移植でBGMの「MAGICAL SOUND SHOWER」のイントロ部分のテンポが悪く、ある程度のfps数を稼ぐため各キャラクターの単色化及び、ドット数ないし色数低減化を受けてリリースされている。
    • MSX2(発売元:ポニーキャニオン
      音源はPSGのみに対応。
    • Windows 95/98(セガアーカイブス フロム USA VOL.1に収録。内容はGENESIS(北米版メガドライブ)と同等。)

音楽[編集]

原典であるアーケードゲーム版BGMゲームミュージック) は「MAGICAL SOUND SHOWER」、「SPLASH WAVE」、「PASSING BREEZE」の3曲。レース開始前にカーラジオを模した表示画面で選択する。

※後年の移植時に追加されたオリジナルBGMについては、#移植の節の各機種解説を参照。

これらBGMの楽譜はマイコンBASICマガジンに掲載された他、アルファレコードGMOレーベルから発売されたサントラLP「セガ・ゲームミュージック VOL.1」などに付属していた。また、セガサウンド部門関係者を中心に結成されたゲームミュージックバンド「S.S.T.BAND」によるアレンジ曲のCDも、後にGMO関係者がポニーキャニオンから立ち上げたサイトロンレーベルより多数リリースされている。

なお、「PASSING BREEZE」のタイトルは最初は「PASSING WIND」で、これは「おなら」を意味する言葉と後でわかり変更を余儀なくされたというエピソードが存在する。さらに、本来「PASSING BREEZE」と「SPLASH WAVE」はタイトルが逆で、製品化段階の手違いで今の形に入れ替わった。

なお、同社の「初音ミク -Project DIVA- Arcade」で、曲者Pが歌詞をつけた「MAGICAL SOUND SHOWER」がプレイできる[8]

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Computer and Video Games 9/10点 (SMS)[9]
24/40点 (C64)[10]
8/40点 (CPC)[10]
7/10点 (ST)[11]
70% (PCE)[12]
Dragon 星5つのうち4.5つ (SMS)[13]
ファミ通 26/40点 (PCE)[14]
30/40点 (MD)[15]
(シルバー殿堂)
Sinclair User 81% (ZX)[16]
Your Sinclair 8/10点 (ZX)[17]
ACE 852点 (SMS)[18]
610点 (C64)[19]
873点 (ST)[20]
822点 (Amiga)[19]
Australian Commodore and Amiga Review 95% (C64)[21] 
Commodore User 9/10点 (AC)[22]
67% (C64)[23]
Crash 72% (ZX)[24]
Génération 4 82% (SMS)[25]
78% (ST)[25]
79% (Amiga)[25]
Joypad 90% (MD)[26]
Joystick 90% (MD)[27]
79% (GG)[28]
MegaTech 58% (MD)[29]
Sega-16 9/10点 (MD)[30]
Svenska Hemdatornytt 85% (MD)[31]
The Games Machine 72% (SMS)[32]
67% (C64)[32]
61% (ZX)[32]
79% (ST)[33]
75% (Amiga)[34]
The Video Game Critic A (SMS)[35]
A (MD)[36]
Tilt 17/20点 (SMS)[37]
月刊PCエンジン 77/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン 28/40点 (PCE)
PC Engine FAN 20.96/30点 (PCE)[3]
メガドライブFAN 21.42/30点 (MD)[4]
メガドライブ大全 肯定的 (MD)[38]
受賞
媒体 受賞
第1回ゲーメスト大賞 大賞4位 (AC)[1]
ベストエンディング賞5位 (AC)[1]
ベストグラフィック賞5位 (AC)[1]
プレイヤー人気1位 (AC)[1]
ゲーメスト ザ・ベストゲーム 第11位 (AC)[39]
Golden Joystick Award (1987) Game of the Year[40]
Golden Joystick Award (1987) Arcade Game of the Year[40]
Next Generation[41]
Retro Gamer[42]
Stuff[43]
Time[44]
G4[45]
KLOV[46]
NowGamer[47]
Yahoo![48]
1001 Video Games You Must Play Before You Die[49]
Best Games of All Time
IGN[50] 4th Most Influential Racing
Game Ever
アーケード版

月刊誌『ゲーメスト』(新声社)誌上で行われていた「第1回ゲーメスト大賞」において総合4位を獲得、その他にベストエンディング賞で5位、ベストグラフィック賞で5位、プレイヤー人気で1位、大型筐体ゲームベストインカムで1位を獲得した[1]

1991年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメスト読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』では11位を獲得、同誌では「当時のプレイヤーをうならせたのは、やはりリアルなグラフィックから伝わってくるスピード感と爽快感だろう」、「グラフィックの美しさ、コースを選べるといったゲーム性の高さ、操作性の良さなどが加わって、マニアから一般客まで非常に広い層に受け入れられる大ロングヒットとなった」と評している[39]

PCエンジン版

ゲーム誌「ファミコン通信」のクロスレビューでは7・6・8・5の合計26点(満40点)[14]、「月刊PCエンジン」では85・70・70・80・80の平均77点(満100点)、「マル勝PCエンジン」では7・7・7・7の合計28点、「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.96点(満30点)となっている[3]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で265位(485本中、1993年時点)となっている[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.85 3.46 3.28 3.56 3.65 3.16 20.96
メガドライブ版
  • ゲーム誌「ファミコン通信」のクロスレビューでは、合計30点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得している[15]
  • ゲーム誌「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.42点(満30点)となっている[4]
項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.66 3.35 3.59 3.69 3.74 3.39 21.42
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「本家の『アウトラン』から5年経ったくらいでは、数十万円の業務用ハードにメガドラが追いつけるはずもなく、正面きってタイマン張るのは酷である」、「質の落ちはあれど、名所を削ることなく再現。エンジン音はなくなったし、完全移植とはいかなかった。しかし、原作の高みに這ってでも近付こうとする、スタッフの心意気は確かに受け取れた」と評している[38]

続編[編集]

続編に『ターボアウトラン』(1989年)、最大8人で競走できる『アウトランナーズ』(1992年)が登場した。『ターボアウトラン』は、フェラーリ F40に自車が変更になり、シフトレバーに付いているターボスイッチ(旧アウトラン筐体からのコンバージョンの場合はスタートボタン)を押すと、一定時間急加速できるようになったのが特徴。他にもライバル車の存在や、中間地点でのパーツ交換によるパワーアップ(ハイグリップタイヤ、ハイパワーエンジン、スペシャルターボを選択可)などの新要素がある。しかし、旧アウトランの特徴のルート分岐はなくなった。

『アウトランナーズ』はこのシリーズで初めて対人対戦と、性能の違う複数の車から自車の選択が可能になった。ルート分岐も復活した。

2003年、17年という非常に長い時を経て、正統続編として『アウトラン2』が発表された。フェラーリから正式にライセンスを取得して、実に8台もの歴代の名車を堂々と実名で使用している。 コースの両脇にはフェラーリF1のスポンサーでもあるAMDオリンパスボーダフォンブリヂストンの看板が多数現れる。

関連作品[編集]

アウトラン3D、バトルアウトラン共に一部BGMがアレンジナイズ収録されている。
  • OutRun 2019・アウトラン2SP以外のコンシューマーオリジナル作品は(単品パッケージ商品としては)国内未発売。
    • アウトラン3D 1988年(海外SEGA MASTER SYSTEM用として発売。国内用マスターシステムのFM音源にも対応。アナグリフ式の3Dゴーグルをつけてプレイすると立体映像に見える。隠しコマンドで3D効果を切って3Dゴーグルなしで縮退プレイできる)
      なお日本版の発売も予定されていたが度重なる発売延期の後、発売中止。お蔵入りになってから数十年後の2014年12月18日、ニンテンドー3DSダウンロード専売ソフト『セガ3D復刻アーカイブス』(『3D アウトラン』を含めた「セガ 3D復刻プロジェクト」6ソフトを収録したオムニバスソフト)ボーナストラックの1つとして、このソフトが移植収録。晴れて国内で正式発売された。(もう一つは『スペースハリアー3D』)
    • バトルアウトラン 1989年(海外SEGA MASTER SYSTEM用。FM音源に対応し、内容的にタイトーチェイスHQベースにパワーアップ要素をプラスしたもの。)
    • アウトランヨーロッパ 1991年(海外SEGA MASTER SYSTEM用。アウトランシリーズの欧州ハードへの移植を担当していたU.S. Goldが欧州市場向けに発売した独自作品。バイク、ジェットスキー、モーターボートで移動。物語が進んだ段階で車に乗り換えられる。)
    • OutRun 2019 1993年(メガドライブ用)
    • OutRun 2006 Coast 2 Coast 2006年(海外Xbox、PS2、PSP、WinPC用)※WinPC、Xbox、PSP版は日本版の本体でもプレイ可能。
    • アウトラン2SP2007年(PS2) ※内容はOutRun 2006 Coast 2 Coastとほぼ同じ。
    • アウトランオンラインアーケード2009年(PSN/XBLA) ※内容はアウトラン2SPとほぼ同じ。オンライン6人同時プレイ可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「ゲーメスト大賞11年史」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 24-25頁、 ISBN 9784881994290
  2. ^ a b c 月刊アルカディア』2002年5月号の「オールドゲームミュージアム」より
  3. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 98頁。
  4. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 98頁。
  5. ^ 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 105頁。
  6. ^ 取扱説明書スタッフ欄参考
  7. ^ 描画60フレーム化、新要素の追加、そして新しくなった自車のデザインの秘密とは? 「3D アウトラン」インタビュー Part1 - GAME Watch
  8. ^ 初音ミク -Project DIVA-マスターブック p.151
  9. ^ “Reviews: Out run”. Computer and Video Games (72): 98–9. (October 1987). http://www.smspower.org/Reviews/OutRun-SMS-CVG-72 2012年2月9日閲覧。. 
  10. ^ a b “Out Run”. Computer and Video Games (76): 25. (February 1988). http://amr.abime.net/amr_search.php?iss_id=1625&tab=reviews&sort=rev_name_short&order=ASC 2012年2月6日閲覧。. 
  11. ^ “OutRun”. Computer and Video Games (80): 30–1. (June 1988). http://www.worldofspectrum.org/showmag.cgi?mag=C+VG/Issue080/Pages/CVG08000030.jpg 2012年2月6日閲覧。. 
  12. ^ “Bytesize: PC Engine”. Computer and Video Games (112): 77. (March 1991). http://amr.abime.net/review_27449 2012年2月6日閲覧。. 
  13. ^ Lesser, Hartley; Lesser, Patricia; Lesser, Kirk (September 1988). “The Role of Computers”. Dragon (137): 88–93. 
  14. ^ a b アウトラン [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年6月13日閲覧。
  15. ^ a b アウトラン [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年6月13日閲覧。
  16. ^ “OutRun”. Sinclair User (105): 60–1. (November 1990). http://www.worldofspectrum.org/showmag.cgi?mag=SinclairUser/Issue105/Pages/SinclairUser10500060.jpg 2012年2月6日閲覧。. 
  17. ^ OutRun”. Ysrnry.co.uk. 2015年12月24日閲覧。
  18. ^ “Out Run”. ACE (2): 58–9. (November 1987). ftp://ftp.worldofspectrum.org/pub/sinclair/magazines/ACE/Issue02/Pages/ 2012年2月6日閲覧。. 
  19. ^ a b “Out Run”. ACE (17): 68. (February 1989). http://amr.abime.net/review_11181 2012年2月6日閲覧。. 
  20. ^ “Out Run”. ACE (10): 64. (July 1988). http://amr.abime.net/review_42397 2012年2月6日閲覧。. 
  21. ^ “Out Run”. Australian Commodore and Amiga Review 5 (2): 25–6. (February 1988). http://amr.abime.net/review_15135 2012年2月6日閲覧。. 
  22. ^ Commodore User Magazine Issue 42”. Archive.org. 2015年12月24日閲覧。
  23. ^ Out Run review from Commodore User (Dec 1988) - Amiga Magazine Rack”. Amr.abime.net. 2015年12月24日閲覧。
  24. ^ “Out Run”. Crash (49): 22–23. (February 1988). ftp://ftp.worldofspectrum.org/pub/sinclair/magazines/Crash/Issue49/Pages/ 2012年2月5日閲覧。. 
  25. ^ a b c Robert Franchi; Michael Sportouch (January–February 1988). “Out Run”. Génération 4 (2): 43. http://amr.abime.net/review_45076 2012年2月6日閲覧。. 
  26. ^ Joypad, issue 1, pp. 40-41
  27. ^ Joystick, issue 20, p. 166
  28. ^ Joystick, issue 20, p. 134
  29. ^ MegaTech rating, EMAP, issue 6, page 77, June 1992
  30. ^ Horowitz, Ken (2004年7月20日). “OutRun”. Sega-16. 2012年2月6日閲覧。
  31. ^ “Out Run”. Svenska Hemdatornytt 1991 (10): 33 & 72. (December 1991). http://amr.abime.net/review_51000 2012年2月6日閲覧。. 
  32. ^ a b c “Testabuster: Out Run”. The Games Machine (3): 60–1. (February 1988). ftp://ftp.worldofspectrum.org/pub/sinclair/magazines/TheGamesMachine/Issue03/Pages/ 2012年2月5日閲覧。. 
  33. ^ “Out Run”. The Games Machine (7): 66. (June 1988). http://amr.abime.net/review_22764 2012年2月6日閲覧。. 
  34. ^ “Out Run”. The Games Machine (14): 40. (January 1989). http://amr.abime.net/review_31969 2012年2月6日閲覧。. 
  35. ^ OutRun 3D”. The Video Game Critic (2011年10月26日). 2012年2月6日閲覧。
  36. ^ OutRun”. The Video Game Critic (2008年6月5日). 2012年2月6日閲覧。
  37. ^ “Out Run”. Tilt (49): 98. (December 1987). http://www.abandonware-magazines.org/affiche_mag.php?mag=28&num=354&album=oui 2012年2月6日閲覧。. 
  38. ^ a b 「Chapter 03 1990年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、88頁。ISBN 9784872338805
  39. ^ a b 「最も愛されたゲームたち!! 読者が選んだベスト30」、『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社1991年7月1日、 22 - 23頁、 ISBN 雑誌03660-7
  40. ^ a b http://www.worldofspectrum.org/showmag.cgi?mag=C+VG/Issue079/Pages/CVG07900039.jpg
  41. ^ Top 100 Games of All Time, Next Generation, 1996
  42. ^ Retro Gamer, issue 1, p. 30, January 2004
  43. ^ “100 Greatest Games”, Stuff: 116–126, (October 2008) 
  44. ^ All-TIME 100 Video Games, Time, 2012
  45. ^ G4TV’s Top 100 Games, G4, 2012
  46. ^ Our List of the Top 100 Coin-Operated Videogames, Killer List of Videogames
  47. ^ 100 Greatest Retro Games, NowGamer, Imagine Publishing, 2010: part 1, part 2, part 3, part 4
  48. ^ The 100 greatest computer games of all time, Yahoo!, 2006
  49. ^ Mott, Tony (2013). 1001 Video Games You Must Play Before You Die. New York, New York: Universe Publishing. p. 121. ISBN 978-0-7893-2090-2. 
  50. ^ The Top 10 Most Influential Racing Games Ever - IGN - Page 2”. IGN (2015年4月3日). 2015年12月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]