エイリアンシンドローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイリアンシンドローム
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
セガ・マークIII[MKIII]
ファミコン[FC]
ゲームギア[GG]
X68000[X68K]
PlayStation 2[PS2]
ニンテンドー3DS[3DS]
開発元 セガ
発売元 [AC][MKIII]:セガ
[FC]:サンソフト
[GG]:シムス
[X68K]:電波新聞社
[PS2]:3Dエイジス
[3DS]セガゲームス
人数 1~2人協力プレイ
発売日 [AC]:1987年
[MKIII]:1987年10月18日
[FC]:1988年12月2日
[GG]:1992年3月19日
[X68K]:1992年3月25日
[PS2]:2004年7月29日
[3DS]:2016年12月22日
テンプレートを表示

エイリアンシンドローム」(ALIEN SYNDROME)はセガ(後のセガ・インタラクティブ)が発売した1987年のアーケードゲーム

ゲーム概要[編集]

8方向レバー、1ボタン(ショット)で1Pはリッキー、2Pはマリーを操作する。ステージ(宇宙船)に仕掛けられた時限爆弾(制限時間150秒)が爆発する前に、捕らわれた仲間16名を救出して脱出しなければならない。各ステージの仲間を全員助けるとボス戦へ続く出口が開き、そこに待ち受けるボスを倒せばクリアとなる(最終ステージはボス戦のみ)。全7ステージでループ。

アイテム[編集]

格納庫に接触するとアイテムが出現する。

  • FB…連射可能な火の玉。
  • L…敵を貫通できるレーザー。
  • F…近距離用火炎放射。
  • B…一定距離を飛び、着地時に爆発する。
  • S…取得すると初期状態のノーマルショットに戻る。
  • O…プレイヤーキャラクターの背後に向けて弾を撃つ小さなロボットが出現。(2体まで装着可能)
  •  ?…ボーナス得点。

隠しフィーチャー[編集]

  • タイムが0と同時にボスを倒すと6万点ボーナススコア加算。
  • 下5桁が0の時に格納庫を開けるとエクステンド(隠し1up)する。
  • 10万点ジャスト時に「?」を取ってもエクステンド。ボーナススコア100点も加算。

その他[編集]

  • 各移植版(後述)の2人同時プレイほか原典との細かい差異について
    • マークIII版は不可。(交代制で1Pがリッキー、2Pがマリーとなる)また武器はFBとレーザーとショットのみとなる。その他、各ステージとも仲間(捕虜)が余計に居ることがある(すべて緑服)。敵キャラもアーケード版とは異なるものが多い。
    • ファミリーコンピューター版では2P同時プレイ可能。
    • 3DS版は本体を2つ、ソフトを2つ使って互いを無線リンクさせる形(ローカルプレイ)で2P同時プレイが可能。
  • アーケード版の海外輸出用(以下「海外版」)では、ゲームシステムが微妙に異なる。
    • 出口を開くために救出する仲間の人数が10名に。
    • 時限爆弾爆発までの残り時間(1ステージあたりの制限時間)が短くなっている。
    • 1面と2面のボスが入れ替えられている。
    • ネームエントリーの際にBGMアリ。
    • 3面ボスステージに隠しキャラがいる。
    • 10万点ジャスト時にエクステンドGETの際、ボーナススコアに100点加算されない(連続1up可能)。

移植作品[編集]

特記がないものはセガ(後のセガゲームス)から発売。

1987年10月18日発売。

1988年12月2日にサンソフトより発売。

1992年3月19日にシムスより発売。

1992年3月25日に電波新聞社より発売。

2004年7月29日セガエイジス2500シリーズVol.14に3Dエイジスより発売。

セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGEに収録 2016年12月22日発売予定。映像を裸眼立体視化した(3DS本体のスイッチで任意にOFF可)ほか、海外版でプレイ可能・プレイ中いつでもセーブ・セーブポイントからの再開が可能・ワイド画面化・難易度調整などの豊富なオプションを実装している。

外部リンク[編集]