セガ・システム16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

システム16SYSTEM16)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が1985年に発売したアーケードゲーム基板

概要[編集]

本基板は、システム16Aと後発のシステム16Bの2種類が存在し、CPUは両方とも68000Z80のデュアル構成で、音源チップはヤマハYM2151が使用されている。配線はJAMMA規格ではなくセガ配列。ソフトウェアの交換は、16AはICソケット上のROMの差し替えで行い、16BはROMボードで交換する仕様となっており、16BのROMボードは1メガビットタイプと512キロビットタイプがある。16Aは、ICソケットが接触不良を起こしやすい不具合があり、発売後1年ほどでシステム16Bに代替わりするなど短命に終わった。

16Bはボード全体が16Aよりも1回り小型化され、メインCPUもセガ特有のセキュリティ機能を搭載した電池内蔵のいわゆる「羊羹CPU」になっている。この為、メーカーサポートが終了している現在では(セガ・ロジスティクスサービスによる修理も終了)電池切れで起動不能になっている基板も多い。また、ゴールドキャパシタというコンデンサによる設定のバックアップ機能、スプライトの拡大縮小機能、音源にADPCM(μPD7759 )1chが付与されている。

さらに後述するファンタジーゾーンII・リメイク版向けにカスタマイズされたバージョンも存在する。これらのバージョンにロムキットの互換性はない。

仕様・主要諸元[編集]

  • メインCPU: モトローラ 68000 @ 10 MHz
  • メモリ: 16kB+2kB(16A)
  • サウンドCPU: ザイログ Z80 @ 4 MHz (16Bは5 MHz)
  • 音源チップ: ヤマハ YM2151 @ 4 MHz、NEC μPD7751 ADPCM デコーダ(16Bのみ)
  • 解像度: 320 x 224
  • 発色数: 2048/32768色
  • スプライト: 画面内に最大128個。拡大縮小機能(16Bのみ)
  • スクロール画面: 2面
  • ウィンドウ画面: 2面
  • 適用コネクタ:セガオリジナル(56ピン、JAMMAではないため注意が必要)

ファンタジーゾーンII・リメイク向け特別版[編集]

有限会社エムツー堀井直樹ディレクターがプログラマへ、本基板の仕様で『ファンタジーゾーンII』をリメイクする話を持ちかけたところ「現在のプログラムスタイルではワークメモリが足りない」と否定されたため、ワークメモリを256kB+8kBへ大幅に増強した専用のSYSTEM16を、リメイクのためにわざわざ作成した。これを堀井は、正式な基板コードではないが「SYSTEM16C」と名づけている。

主なタイトル[編集]

初期のタイトルは16A用のみでのリリースで、システム16B用のロムキットは存在しない。16Bの登場後の中期~後期タイトルは一部を除いて基本的には16B用のみのリリースとなり、16A用のロムキットは存在しない。ただ、テトリスのように発売当初は16Bのみでのリリースだったものが、後に社会現象クラスの大ヒットとなった為に、セガの16Bの在庫だけでは需要がまかなえなくなったという事情で、急遽中古の在庫で抱えていた16Aでもリリースしたという例外もあった。[1]

(◎)は、ロムキットがシステム16A用のみのタイトル
(★)は、ロムキットがシステム16A用とシステム16B用でそれぞれ存在するタイトル

脚注[編集]

  1. ^ テトリスはこれ以外にもシステムEや、タイトーのOEMでももリリースされていた