パワードリフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パワードリフト
POWER DRIFT
ジャンル レースゲーム
対応機種 アーケード
開発元 SEGA-AM2
発売元 セガ
デザイナー 鈴木裕
音楽 川口博史
人数 1人
メディア 業務用基板(6.81メガバイト
稼働時期
  • 日本 1988年8月5日 (1988-08-05)
デバイス ステアリング
シフトレバー
アクセルペダル
ブレーキペダル
筐体 コックピット型専用筐体
システム基板 Y-BOARD
CPU MC68000 (@ 12.5 Mhz) ×3
サウンド Z80 (@ 4 Mhz)
YM2151 (@ 4 Mhz)
Sega (@ 4 Mhz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
320×224ピクセル
60.00Hz
パレット24,576色
売上本数 1632ポイント
(1989年度ベストインカム第4位)[1]
テンプレートを表示

パワードリフト』 (POWER DRIFT) は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が1988年に発売したレースゲーム鈴木裕が開発した。

ゲーム内容[編集]

まず、コースをA、B、C、D、Eの5種類の中から、ドライバーを12人の中から選択する。プレイヤ側はドライバーによる性能の差はない。選択するとレース開始。コースを4周し、3位以内にゴールできれば次のステージに進める。全5ステージ。すべてのステージで1位を獲得するとエキストラステージに進む。A,C,Eコースでは、自車がアフターバーナーの自機に変形し、B,Dコースでは、自車がハングオンの自機に変形する。3位以内にゴールできなければゲームオーバー

BGM[編集]

  • (オープニング) Poker Face
  • (Aコース) Side Street
  • (Bコース) Like The Wind
  • (Cコース) Silent Language
  • (Dコース) Adjustment Mind
  • (Eコース) Artistic Traps
  • (エンディング) Diversity

その他[編集]

  • レース中にスタートボタンを押すと、車の正面側から見た画面になる。デモ中でも可能。
  • クリア時にクラッシュすると、エンディングやネーム入れの画面が乱れたり回転したりする。
  • ドライバーセレクトで右端から左端に表示が移る瞬間にスタートさせると、ドライバーのいない車が登場。レース毎にドライバーがランダムに変わる。

通信対戦バージョン[編集]

スタンダードバージョンの筐体を接続して複数のプレイヤーで対戦できるバージョンが存在した。通常版よりかなり遅れてのリリースだったためか、市場に出回った数はあまり多くなかったようである。

  • 通常版との差異
    • コースではなくドライバーとミッション(オートマチック、マニュアル)を選択するようになった。
    • 最初に走るコースは練習ステージとなり、最下位でもゲームが続行される。
    • 次のコースがステージ1扱いとなり、規定順位が加わる。規定順位はステージ1は6位、その次が5位、と順に厳しくなっていく。
    • 1レース中、規定順位に関係なく、6台の車がチェッカーを受けるとレースはそこで終了となる。
    • 規定順位でゴールできなかったか、ステージ5をクリアするとゲーム終了。
    • コースは予め決まっている5つのコースを順番に回っていく。よってステージ5は練習ステージで走行したコースとなる。

尚、多くのレースゲームで採用されている通信対戦のシステムのように、他のプレイヤーと同時にスタートするだけでなく、乱入対戦のようなシステムもある。ただし、空いている席にコインを投入しても、すぐに参戦できるというものではなく、今行われているレースの次のレースに参加することになる。また、規定順位については先に参戦していたプレイヤーのものと同じではなく、練習ステージからとなる。よって、他のプレイヤーとは異なる規定順位やステージ数となることもあった。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 POWER DRIFT
  • ヨーロッパ 1989年 (1989)
Amiga
Amstrad CPC
Atari ST
コモドール64
ZX Spectrum
MSX
IBM PC DOS
Software Studios アクティビジョン カセットテープ
フロッピーディスク
- -
2 パワードリフト
  • 日本 1990年4月13日 (1990-04-13)
PCエンジン コピアシステム アスミック 4メガビットロムカセット[2] AS02002 -
3 SEGA AGES パワードリフト
  • 日本 1998年2月26日 (1998-02-26)
セガサターン ファント セガ CD-ROM GS-9181 -
アーケード版の移植
4 鈴木裕ゲームワークス Vol.1
  • 日本 2001年12月1日 (2001-12-01)
ドリームキャスト ゴッチテクノロジー セガ GD-ROM - -
アーケード版の移植
5 セガ3D復刻アーカイブス2
  • 日本 2015年12月23日 (2015-12-23)
ニンテンドー3DS M2 セガゲームス ニンテンドー3DS専用カード
ダウンロード
-
アーケード版の移植
PCエンジン版
1990年4月13日 アスミックより発売。本作が家庭用では初移植となるが、アーケード版はスプライトの怪物と言われたY BOARD基板を使用している為に、PCエンジンのハードの性能ではかなり厳しい移植であった。しかしながら、BGの描き換えで画面を描画することにより上手く対応しており、隠し要素のエクストラステージもちゃんと収録していた。
セガサターン版
セガエイジスシリーズで1998年2月26日発売。[3] 2D描画に強いハードのセガサターンへの移植ということで完全移植が期待されたが、グラフィックの完成度は高かったものの、アーケード版60フレーム描画に対して30フレーム描画と半減になっていた。また、音源の違いによりアーケードのサウンドと異なる。
ドリームキャスト版
2001年12月1日発売の鈴木裕ゲームワークス Vol.1 (ISBN 4-7572-0889-8) 付属のゲームディスクに収録。ドリームキャストのハードパワーを活かし、本作でようやく家庭用の移植版では完全移植に近い完成度を実現した。
ニンテンドー3DS
2015年12月23日発売の『セガ3D復刻アーカイブス2』に新規移植作品として収録。
セガ3D復刻プロジェクトシリーズ』の大型筐体モノの移植ではおなじみとなっているアーケード筐体をプレイした気分を味わえる様にするために、操作に合わせて3DSの上画面の映像がローテートする「ムービング筐体モード」、実際の筐体からの動作音を再現する環境音設定を収録。また難易度やキーコンフィングなどの各種設定変更が可能となっている[4]
サウンドはストリームでは無く内蔵音源に搭載されてる。[5]
対戦用の「ツイン筐体バージョン」を取り入れる予定を立てたが、スピードとコースの問題により断念された[6]
メガドライブ版
電波新聞社よりメガドライブのメガCDでの発売が予定されていたが、1988年の移植発表から5年の時を経て、紆余曲折の末に発売中止となった。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 24/40点 (PCE)[7]
月刊PCエンジン 74/100点 (PCE)
PC Engine FAN 20.37/30点 (PCE)[2]
(総合313位)
受賞
媒体 受賞
第3回ゲーメスト大賞 プレイヤー人気 6位 (AC)[1]
年間ヒットゲーム 3位 (AC)[1]
アーケード版
  • ゲーム誌「ゲーメスト」(新声社)誌上で行われていた「第3回ゲーメスト大賞」(1989年)においてプレイヤー人気で6位、年間ヒットゲームで3位を獲得した[1]
  • 1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメスト読者の人気投票によるゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、「このゲームでは、なんと乗っている部分が振り子のように左右に振れて左へ右へと曲がっている感を生み出すものであった」、「5つあるコースから選び、その中で5つのステージを1つずつクリアしていく。5×5でなんと25ステージも存在する」、「スコアラーが熱くなる要素があった反面、『アウトラン』ほど爽快感が味わえないのでやや一般ウケが悪かった」と紹介されている[8]
PCエンジン版

ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[7]、「月刊PCエンジン」では70・65・80・80・75の平均74点、「PC Engine FAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.37点(満30点)となっている[2]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で313位(485本中、1993年時点)となっている[2]。その他、1998年に刊行されたゲーム誌「超絶 大技林 '98年春版」(徳間書店)では「スピード感はあるものの、ゲーム自体は大味な感じ。移植度はいいとはいえない」と紹介されている[9]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.64 3.29 3.25 3.61 3.21 3.38 20.37

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「ゲーメスト大賞11年史」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 20 - 21頁、 ISBN 9784881994290
  2. ^ a b c d 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 110頁。
  3. ^ SEGA AGES/パワードリフト”. セガ. 2015年9月26日閲覧。
  4. ^ 『セガ3D復刻アーカイブス2』新規収録タイトル『パワードリフト』の詳細情報が公開、ダイナミックに揺れるゆりかご型の大型筐体の動きも再現”. ファミ通.com. 2015年11月8日閲覧。
  5. ^ 「セガ 3D復刻アーカイブス2」インタビュー Part2 「3D ギャラクシーフォースII」では未到達のサウンドエミュレーション再生を実現!! GAME Watch (2015年12月23日) 2016年2月28日閲覧
  6. ^ 「セガ 3D復刻アーカイブス2」インタビュー Part2 鈴木裕氏の2D最高峰タイトルを細かく再構成することで移植 GAME Watch (2015年12月23日) 2016年2月28日閲覧
  7. ^ a b パワードリフト[PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年5月23日閲覧。
  8. ^ 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 123頁、 ISBN 9784881994290
  9. ^ 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 633頁、 ISBN 雑誌26556-4/15