バーチャファイター2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バーチャファイター2
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
セガサターン[SS]
Microsoft Windows[Win]
PlayStation 2[PS2]
プレイステーション3[PS3]
Xbox 360[360]
開発元 セガ・AM2研(後のセガ・インタラクティブ第二研究開発本部)
発売元 [AC]:セガ(後のセガ・インタラクティブ
[SS][Win][PS2][PS3][360]:セガ(後のセガゲームス
シリーズ バーチャファイターシリーズ
人数 1人~2人(対戦)
メディア [SS]:CD-ROM
発売日 [AC]:1994年11月
[SS]:1995年12月1日
[Win]:1997年9月5日
[PS2]:2004年10月14日
[PS3][360]:2012年11月28日
システム基板 [AC]:MODEL2
売上本数 130万本[1]
テンプレートを表示

バーチャファイター2』(Virtua Fighter 2)は、セガ・AM2研(後のセガ・インタラクティブ第二研究開発本部)が開発し、セガ(後のセガ・インタラクティブ)から発売された3D対戦型格闘ゲーム1994年、当時の最新3DCGアーケード基板である「MODEL2」を使用しリリースされた。バーチャファイターシリーズの第2作である。

関連作である『バーチャファイターキッズ』についても後述する

概要[編集]

日本におけるオリジナルプラットフォ-ム(原典)であるアーケード版についての発売日は下記の通り。

  • アーケード版:1994年11月稼働開始[2]
  • アーケード版バーチャファイター2.1:1995年7月[2]基板上の交換用EPROM8個がセガから店舗に無料配布されたが、品薄や店舗側の交換技術の問題で一斉に稼働開始できなかった[要出典]

セガの3DCGアーケード基板「MODEL2」で製作された第2弾タイトルとしてリリースされる。基板の制約上、前作と同様フラットシェーディングであったが、モノクロ16階調のテクスチャーマッピングを盛り込み、表現力が一気に向上した。パイやラウなどの服に刺繍などは、ポリゴンを重ね合わせることによってできた努力の賜物である。描画速度に関しても、フレームレートが前作の秒間30フレームから57.5フレーム(アーケード版の正確な数値、セガサターン版は60フレーム)[3]に増加。より曲線的・生物的な動きが可能となった。

ゲームシステムに大きな変化は無いが、既存のキャラクターにも新たな技が多数追加され、特にアキラの崩撃雲身双虎掌(通称アキラ・スペシャル)はその高い威力と派手な動き、コマンド入力の難しさが話題となった[要出典]。稼動開始からしばらくしてゲームバランスに一部問題があることが発覚したため、それを修正したバージョンアップ版『バーチャファイター2.1』をリリース。その優れたゲームバランスにより稼動開始から2 - 3年経過しても新たな戦術が生み出されるなど、アーケードの格闘ゲームとしては寿命が際立って長かった[要出典]。対戦格闘ゲームとしては『ストリートファイターII』シリーズに並び立つ3D対戦格闘ゲームの代表作に位置付けられるようになり、前作とは異なる様々なメディアミックスによりブームを作り出した[4]

その後、本作を含めたバーチャファイターシリーズが、コンピュータソフトウェアとして歴史的な足跡を残したとアメリカのスミソニアン協会から評価され、1998年4月6日「1998 コンピュータワールド・スミソニアン・アウォード」を受賞。ワシントンD.C.にあるスミソニアン総合博物館の国立アメリカ歴史博物館に各種資料が保管されている。

国内外のドラマなどに小道具として使用されることがあり、The X-Files52話(3rd SEASONの3話)でも事件の手がかりとして使われた。

家庭用ゲーム機への移植事例は、「#移植版」ほかを参照。

ゲームシステム[編集]

レバーと3個のボタンを使用するゲームシステムは、前作をほぼそのまま踏襲している。

登場キャラクター[編集]

使用可能キャラクターは前作の8人に、蟷螂拳使いのリオン・ラファール酔拳使いの舜帝が新たに追加され、合計10人になった。

ストーリー[編集]

「世界格闘トーナメント」。それは、世界中から集まったあらゆる格闘家が己の肉体だけで死闘を繰り広げ、世界一の格闘王を決める、究極の武闘大会であった。第1回の優勝者は、伝説の虎燕拳を使うラウ・チェンであった。その風格さえ漂う拳の前に、八極拳の使い手である結城晶は自分自身の未熟さを知る。そして大会終了後、修行の旅に再び出ることになる。1年後、修行を続ける晶の元に1通の手紙が届く。それは第2回世界格闘トーナメントの招待状であった。招待状の中には参加者リストが同封されており、前回優勝者ラウの名前と彼の知らぬ新たな挑戦者の名前があった。そして何かしら感じる、邪悪な雰囲気を感じつつも彼の格闘家としての血が、トーナメントへの参加を決意させた。新しい挑戦者、謎の組織。様々な思惑をまといつつここに、「第2回世界格闘トーナメント」が開催される。

移植版[編集]

日本で正式にリリースされた各機種版のリリース日は下記の通り。

※ この他、セガゲームス社時代のゲームソフト『龍が如く5 夢、叶えし者』で「ゲーム内ゲーム」としてプレイすることが可能。

特筆するべき移植の事例

これより先は原典のグラフィックを3D映像のまま出来るだけ忠実に移植した、一般的な意味での「移植版」について詳述する。2Dグラフィック化したSEGA GENESIS / MEGA DRIVE(海外版メガドライブ)版については#ジェネシス版の節を参照。キャラクターをディフォルメ化した版については、#バーチャファイターキッズを参照。

セガサターン版(SS版)
当時(テレビゲームに使われていたレベル)の先端3DCG技術が用いられたアーケード版をセガサターンへ完全移植する事は難しいとの意見が大半を占めていた。実際SS版ではグラフィックの質感や細かい部分(大河ステージでハシゴに乗って戦うキャラたちがくぐる上空の巨大な橋が割愛されている、など)は省略されているが、根本的なプレイフィーリングについては概ね移植された(アーケード版をやりこんでいたプレイヤーでないと気付かないレベル)[要出典]
SS版は前作同様にセガサターンの普及に大いに貢献し、日本ではセガサターン初の総出荷本数100万枚突破タイトルとなった(セガ社の家庭用ゲーム機ソフトとしても、初めてのミリオンタイトルとなった)。なお、全世界累計出荷本数は180万本と言われている(2003年時点)[2]
いわゆるオンライン対戦が実装されたバージョンが1990年代から数次にわたり発売されている。しかし『2』時代の家庭用オンラインはネット(ナローバンドの時代である)回線速度の不足や、機器の描画性能など技術的な制約・課題も多く、プレイヤーにアーケードに近い操作感覚を与えることは難しかったため、普及するには至らなかった。バーチャファイターシリーズの家庭版で本格的なネット対戦が普通にプレイ出来るようになったのは、ゲーム機のスペック向上に加え、ブロードバンド回線の普及も進み、これらの問題が実用レベルで改善された2009年にリリースされたXbox 360版『バーチャファイター5 ライブアリーナ(Live Arena)』からとなる。
PlayStation 3(単体発売版)、Xbox 360版
両機種ともに、ネットを用いたダウンロード専売ソフトとしてリリース。
グラフィックなどの基本的な要素については、この世代機で概ね原典と遜色のないレベルの移植が成された。
オンライン対戦要素については、先述した『5(Live Arena)』のノウハウがフィードバックされた。これにより発売20年を経てはじめてアーケードに近い感覚のネット対戦が実現された。愛好者のネット対戦数もそれなりに多く、ネット掲示板で情報を交換し、ユーザーレベルでのイベントが企画されたりした。

ジェネシス版[編集]

バーチャファイター2
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 メガドライブ/ジェネシス[MD]
Wii バーチャルコンソール[VC]
Microsoft WindowsSteam
開発元

セガ・AM2研(後のセガ・インタラクティブ第二研究開発本部)

サクセス
発売元 セガ(後のセガゲームス
シリーズ バーチャファイターシリーズ
人数 1人~2人(対戦)
発売日 [MD]:日本未発売
[VC]:2007年3月20日
[Steam]:2010年10月27日
テンプレートを表示
先述した通り、SSの前世代機であるジェネシスが大きなシェアを占めていた頃、1996年ユーロ圏1997年3月4日アメリカを中心とした北米圏で、『バーチャファイター2』のタイトルを冠したGENESIS/MEGA DRIVE版がリリースされている。しかしハードスペック的に原典そのまま移植というわけにはいかず、オリジナルや上記の移植版とは大きく異なる内容の対戦格闘ゲームとしてアレンジされている[5]
前作『1』はジェネシスのアップグレードブースター・スーパー32Xを使った移植版がリリースされているが、この頃にはスーパー32Xが商業的に完全失敗し対応ソフトをリリースする事は難しかったため、ジェネシス単体用となっている。
最大の変更点として、グラフィック全般が2Dドットピクセルで描画されている。このため、原典のプレイフィーリングとは異なる(Wii版バーチャルコンソールの情報ページでは「操作感覚はできる限り忠実に再現しています」としている)。
登場キャラクターもリオンと舜帝が登場しない。
2019年9月19日には、セガゲームスが世界同時発売する復刻系ゲーム機・メガドライブ ミニにプリインストールされる42作品の一つとして、北米・欧州版のみに収録される。
日本のメガドライブでは未発売だったが、2007年3月20日からWiiバーチャルコンソール(VC)用ソフトとして、2010年10月27日にはMicrosoft Windows対応のゲームプラットフォーム・Steam用ソフトとして、それぞれ配信。いずれも英語版[5](なおWii版のVCは2019年1月31日をもってVC自体がサービスを終了している)。


バーチャファイターキッズ[編集]

バーチャファイターキッズ
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケードゲーム[AC]
セガサターン[SS]
開発元 セガ・AM2研
(後のセガ・インタラクティブ第二研究開発本部)
発売元 [AC]:セガ(後のセガ・インタラクティブ
[SS]:セガ(後のセガゲームス
シリーズ バーチャファイターシリーズ
人数 1人~2人(対戦)
メディア [SS]:CD-ROM
発売日 [AC]:1996年4月
[SS]:1996年7月26日
システム基板 [AC]:ST-V
テンプレートを表示

1996年4月には、シリーズの市場拡大を目指し、子供向けにキャラクターをデフォルメした『バーチャファイターキッズ』(Virtua Fighter Kids)が「ST-V」にてリリースされた。3か月後の7月26日にはセガサターン版もリリースされた。

セガサターン版『バーチャファイター2』をベースとしているが、キャラクターのモデリングが二頭身で手足の短いデフォルメされた体型に変更されており、日本版ではゲーム中の名前表記もカタカナになっている。加えてゲームスピードが少し上昇しており、『VF2』とはゲーム性がかなり異なる。また子供や格闘ゲーム未経験者でも楽しめるように、適当にガチャガチャ操作するだけで様々な技が繰り広げられるようになっている。

本作ではタイアップ広告を取り入れ[2]大塚ベバレジの清涼飲料がゲーム内広告として登場している。舜帝がゲーム中に飲む酒が「ジャワティーストレート」に変更されており、ジャッキーも同商品を飲む勝利ポーズが追加されている。また、ファンシーなデザインのオリジナルステージが追加されており、その床自体が巨大な「エネルゲン」の商品ロゴになっている。

セガサターン版の独自の要素として「コンボつく〜る」がある。これは、複雑なレバー・ボタン操作をあらかじめプログラムしてボタンに割り当てることで、誰でも簡単にコンボ(連続技)を出すことができる物である。

また、『ジャワティー オリジナル バーチャファイターキッズ』としてジャワティーの景品による非売品の体験版もリリースされ、こちらはステージ3までプレー可能で「コンボつく〜る」は選べない。

後に『ファイターズメガミックス』にて、本作をベースにした「キッズアキラ」と「キッズサラ」が参戦している。

  • バーチャファイターキッズのテロップ
    • 「SET ◯」→「○本目」
    • 「READY」→「よ~い」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GEIMIN.NET/国内歴代ミリオン出荷タイトル一覧、GEIMIN.NET、2013年2月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e VIRTUA FIGHTER 10th ANNIVERSARY 〜Memory of Decade〜 P46 - 47 「VIRTUA FIGHTER CHRONICLE」
  3. ^ SEGA AGES 2500 VF2メイキングマニアックス
  4. ^ VIRTUA FIGHTER 10th ANNIVERSARY 〜Memory of Decade〜 P14 - 23 「VIRTUA FIGHTER2」(2003年、エンターブレイン ISBN 4-7577-1660-5 )
  5. ^ a b 株式会社QBQ編 『懐かしのメガドライブ 蘇れメガドライバー !!』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118704 p120

外部リンク[編集]