MODEL1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MODEL1(モデルワン)は1992年にセガ(後のセガ・インタラクティブ)によって開発されたアーケードゲーム基板である。セガが発売したポリゴンによる3D描画機能を搭載した基板としては最初期の製品である。

概要[編集]

セガと米国ゼネラル・エレクトリック・エアロスペース社(後のマーティン・マリエッタ)との共同で開発された。

MODEL1上で動作するゲームとして最初にリリースされたのはバーチャレーシングであった。バーチャレーシングはもともとMODEL1のスペック確認用として製作されたもので、本来であれば商用リリースの予定はなかったが、意外なほどに出来がよかったためにブラッシュアップを施されて発売された。

また、バーチャレーシングに搭載された初期型のMODEL1基板はその後のものとバージョンが異なっており、互換性はない。しかし、バーチャレーシングは専用の筐体で提供されたために、不都合はほとんど生じなかった。

MODEL1のメインCPUはNEC製のV60、描画プロセッサは富士通製のMB86233。サウンド機能は別基板となっており、4ch出力が可能なサウンドボードを使用(初期のMODEL2基板においても使用)また後期のスターウォーズではWAVE音源再生可能なボードを使用している。描画能力は18万ポリゴン/秒。フラットシェーディングやアルファブレンディングが可能であったものの、ポリゴンにテクスチャーを貼ることが出来ないなど、表現力は限定的なものだった。

当時の基板としては非常に高価なシステムであったこともあり、MODEL1で開発されたゲームは6本にすぎない。本格的な3Dへの移行は翌年に発表されたMODEL2によって行われた。

主なスペック[編集]

CPU
V60(32bit) @ 16MHz
数値演算プロセッサ
DSP(32bit) @ 40MHz
3Dマトリックス・軸回転・浮動小数点演算機能搭載
RAM
1MB(ROM:47MB)
解像度
496(H) x 384(V) 水平周波数24kHz
3Dグラフィックエンジン
最大540,000ベクトル/秒
最大180,000ポリゴン/秒
フラットシェーディング・鏡面・拡散反射モード内蔵
ポリゴン面 120Mピクセル/秒,1600万色・発色可能
発色数
65,536色 1,024カラーパレット(16,777,216色中)
スクロール:32,768色,128カラーパレット(2面)
ウインドウ:32,768色,128カラーパレット(2面)、水平方向ラインスクロール可能
その他
通信機能拡張、MIDIによるサウンド通信
サウンド部
FM音源 YM3438
PCM音源 サンプリング周波数44.643kHz、同時発音28音18ビット2ch出力
アクティブ・サーボ・スピーカーシステム(AST)搭載
MIDIによるメインボードとの通信

MODEL1基板で開発されたゲーム[編集]

タイトルの後の*は、スーパー32Xに移植されたもの。

  1. ^ 32X版は発売中止
  2. ^ 32X版は「スターウォーズ・アーケード」

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • マイコンBASICマガジン (号数不明) Video Game P.244「セガからシステム基板が2種類登場 MODEL1(仮),システムマルチ32」