ナローバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ナローバンド(Narrow band)とは狭帯域通信の事である。

電話におけるナローバンド[編集]

電話におけるナローバンドは、0.3~3.1または3.4kHzの音響信号を伝送できるものである。

無線電信におけるナローバンド[編集]

無線電信におけるナローバンドとワイドバンドとの線引きは、相対的な比較や時代によって変遷してきた。

有線データ通信におけるナローバンド[編集]

有線データ通信におけるナローバンドは、ブロードバンドより通信速度の遅いものをさす。米国連邦通信委員会(FCC)は下り25Mbps/上り3Mbps未満が、日本の総務省は公衆交換電話網ISDN・一般専用線が、該当する。

ADSL 1.5Mbps・ISDN 一次群速度インターフェース(PRI:Primary Rate Interface)1.544Mbps(T1)及び2.048Mbps(E1)・基本速度インタフェース(BRI: Basic Rate Interface)128kbpsなどが代表例である。

特徴[編集]

周波数帯域が広いものや、通信速度の速いものと比較して次の特徴がある。

  • ナローバンドだけなら国内のほぼ全域(=ほぼ全ての市・町・村)に提供されている。
  • 同じ伝送路多重化できる回線数が多い。
  • 有線通信の場合、放射雑音が少なく、外部からのノイズにも強い。
  • 同じ伝送距離を確保するためのエネルギーが少ない。
  • 低位規格の伝送路の使用が可能である。
  • 回路規模を小さくすることが可能である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]