100メガビット・イーサネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP / ECN

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN, FDDI)

カテゴリ

100メガビット・イーサネット(ファストイーサネットまたはファーストイーサネット、Fast Ethernet)は、100Mbpsの転送速度のイーサネットツイストペアケーブルを使用する場合、セグメント長は100m、光ケーブルを使用する場合セグメント長は412mで、リピータ・ハブ段数は2段までとなっている。主に100BASE-TXが使用されている。

習慣的に、100BASEは「ひゃくベース」と発声する。

種別[編集]

100BASE-T2[編集]

100BASE-T2(ひゃくベースティーツー)は伝送路としてカテゴリ3のUTPケーブル内の2対4線を使用する。IEEE 802.3yとして標準化。

変調方式として5PAMを使用する。

シンボル 信号レベル
000 0
001 +1
010 -1
011 -2
100 (ESC) +2

100BASE-T4[編集]

100BASE-T4(ひゃくベースティーフォー)は伝送路としてカテゴリ3のUTPケーブル内の4対8線を使用する。IEEE 802.3uとして標準化。

100BASE-TX[編集]

100BASE-TX(ひゃくベースティーエックス)は伝送路としてカテゴリ5以上のUTPケーブル内の2対4線を使用する。IEEE 802.3uとして標準化。現在、最も普及。

なお、T2/T4/TXの総称として100BASE-Tと言う事がある。

100BASE-FX[編集]

100BASE-FX(ひゃくベースエフエックス)は光ケーブルを伝送路として上り、下りの2本使用する。波長として1300nmを使うものと850nmを使うものがある。IEEE 802.3uとして標準化。

100BASE-VG[編集]

100BASE-VG(ひゃくベースブイジー)はCSMA/CD方式のイーサネットを100Mbps化したものではなくトークンリングを100Mbps化したものであるため、技術的には他のイーサネットとは全く異なっている。従来のトークンリングとの最大の相違点は、イーサネットで言う所のHUBに相当する装置内でリングが形成されており、装置から端末までは1本のUTPケーブルを接続すれば良く、どこか1か所が切れればネットワークが分断されると言うトークンリングの弱点を克服している。また、トークンリング特有のネットワークのスループットの高さと言う特徴を引き継いでいるが、従来の10BASE-Tからの製品ラインを持つメーカーが、新旧混在環境でも動作する100BASE-TXのスイッチング・ハブを安価に生産・供給したため、VGは価格的にも導入の手間でも不利となって市場には受け入れられなかった。

100BASE-VG AnyLAN[編集]

100BASE-VG AnyLAN(ひゃくベースブイジーエニイラン)は、前述の100BASE-VGカードと10BASE-Tが同じアダプタに統合されたもの。VG用と 10BASE-T用の口をそれぞれ持つのが特徴。100BASE-TX同様アダプタのみ安価に提供し、10BASE-Tのネットワークとして運用し、時が来れば線を繋ぎ変えて100BASE-VGで運用すると言う戦略であったが、前述の通り狙い通りには行かなかった。