WiGig

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WiGig (Wireless Gigabit) は、60GHz帯の無線通信規格であり、2009年12月に最初の正式仕様が決まった、業界団体が主導する短距離高速デジタル無線伝送用の世界的な規格である。

比較的利用の少ないミリ波に属する60GHzの電波帯を使用することで、7-9GHzもの広い帯域を使い、最大では7Gビット/秒の高速デジタル無線伝送を行うものとされる。

従来の無線通信方式に比べて通信可能な距離は10mほどと短いが、HDTV動画の実時間での非圧縮伝送が可能な大容量・高速通信が特長である。直進性が強い為に遮蔽物を越えられないが、複数のアンテナによる指向性制御を取り入れることで送受信特性を向上させる [出典 1]

規格概要[編集]

version 1.0[編集]

2009年12月10日にWireless Gigabit AllianceはWiGig version 1.0の正式規格の仕様が確定したと発表した。

以下にその特徴を示す。

  • 最大データ伝送速度:7Gビット/秒
  • 802.11のMACレイヤーに補足と拡張を行い、IEEE 802.11後方互換性を持つ
  • 物理レイヤーはWiGig機器間での低電力と高速の両方を可能にし、ギガビットの速度を保証する
  • プロトコル・アダプテーション・レイヤーがPC周辺機器用とHDTV用、モニターとプロジェクター用の、データバスを含む個別のシステム・インターフェースに対してサポートするため、開発が行われている。
  • ビームフォーミングをサポートすることで10mほどの距離での確実な通信を可能にする
  • WiGig機器のために先進のセキュリティと電力制御を幅広く採用する[出典 2]

WiGig策定団体[編集]

2009年5月7日に"Wireless Gigabit Alliance"の結成が発表され、米インテル、米マイクロソフトLG電子NECノキアサムスン電子パナソニックデルブロードコムアセロス・コミュニケーションズなどが参加を表明している[出典 3]。 その後、大手ではNVIDIAAMDが加わっている[出典 1]

競合規格[編集]

WirelessHD[編集]

2009年12月に最初の規格verion 1.0が確定したWiGigに対して、2008年1月にVersion 1.0の規格を発表した、同じミリ波帯を使用する無線通信規格であるWirelessHDがある。

WirelessHDは、米SiBEAM社が中心となって「無線版HDMI」ともいえる家庭用AV機器といったデジタル家電製品での高速無線通信の世界的な標準規格を目指しており、WiGigが「次世代無線LAN」として、パソコンと周辺機器類や携帯機器での利用を想定しているのとは少し方向性が異なるが、デジタルTVなどの用途では両者は競合すると見られている。WirelessHDは最大データ伝送速度を4Gビット/秒としているのに対して、WiGigは7Gビット/秒としている[出典 1]

類似規格[編集]

TGad[編集]

IEEE 802.11委員会内で「次世代無線LAN」として規格化作業中の"TGad"が同じミリ波無線としてWiGigに似ている。TGadの作業部会を推進しているのもWiGigを推進している米Intel社であるため、競合というよりは両規格は融合していくものと見られている[1][出典 1]

注記[編集]

  1. ^ 米Intel社は元々はミリ波による高速無線技術には懐疑的であった。60GHzもの高い周波数で動作する通信回路は民生用として安価に提供することが不可能だと考えていたが、今では競合することになったWirelessHD陣営の旗手、米SiBEAM社がCMOS回路で実現・発売したため、それまでの態度を変えてWiGigを立ち上げ主導している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 蓮田宏樹著、『ミリ波通信にIntel社が殴り込み 最大で7Gビット/秒の「WiGig」が正式策定』、日経エレクトロニクス2010年1月25日号
  2. ^ [1] WiGig version 1.0 Specification Highlights
  3. ^ Industry Leaders Form Wireless Gigabit Alliance to Promote 60 GHz Wireless Technology(2009年5月7日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]