Li-Fi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Li-Fi(ライファイ)は一種の無線通信技術のことである。ハラルド・ハース英語版が最初に提案した。

技術の詳細[編集]

この光無線通信技術は、発光ダイオード(LED)からの光を媒体として使用して、Wi-Fiと同様にネットワーク化されたモバイル高速通信を実現している[1]。Li-Fi市場は2013年から2018年にかけて82%の年平均成長率を持ち、2018年には年間60億ドル以上の価値があると予測されている[2]

可視光通信(VLC)はLEDへの電流を人間の目では速すぎてわからないほどの速さでオン/オフすることで動作する[3]。Li-Fiはデータを送信するためにオンにしなければならないが、データを運ぶのに十分な光を放出しながら人間の視界下まで薄くすることができる[4]。光波は、Wi-Fiと比較して安全だが、壁などを貫通できない[5][6]。 Li-Fiが信号を送信するためには障害物がなくても問題ない。壁から反射された光は70Mbit/秒まで到達する[7][8]

Li-Fiは、電波障害を引き起こすことなく、旅客機の機内、病院および原子力発電所などの電子機器の使用に注意が必要な場所で使用可能であるという利点を有する[5][6][9]。Wi-FiおよびLi-Fiの両方を介してデータを送信する電磁スペクトルではLi-Fiは、可視光を使用してデータを送受信する。米国連邦通信委員会(FCC)は、Wi-Fiの潜在的なスペクトルの容量について警告しているが、Li-Fiは容量に制限がほとんどない[10]。可視光スペクトルは高周波スペクトルの10,000倍である[11]ブロードバンド英語版は2013年に一般的な速さである224ギガビット/秒よりもはるかに高速であると発表した[12][13]。Li-FiはWi-Fiよりも10倍安くなると予想されている[4]。 欠点は短距離までしか届かないこと、信頼性が低いこと、設置コストが高いことである[2][3]

PureLiFi は2014年にバルセロナで行われたモバイルワールドコングレスで初めてのLi-Fiシステムである「Li-1st」を初めてデモンストレーションした[14]

Bg-Fiはモバイルデバイス向けのアプリケーションと、 マイクロコントローラー、カラーセンサー、組み込みソフトウェアなどを備えたIoTデバイスなどで構成されるLi-Fiシステムである。モバイルデバイスディスプレイからの光は、デジタル情報の中への光として変換するコンシューマ製品のカラーセンサーと通信する。発光ダイオードはコンシューマ製品とモバイルデバイスとの通信を可能にする[15]

歴史[編集]

2011年にハラルド・ハーズが「あらゆる光からの無線データ」という考えを紹介したTED・グローバル・トークにて『Li-Fi』という専門用語を作った[16]。彼はエディンバラ大学のモバイルコミュニケーションズの会長であり、『pureLiFi』の共同設立者でもあった[17]

可視光通信 (VLC)の歴史は1880年代まで遡り、情報を伝送する電磁波スペクトルの可視光部分の使用を含む。エディンバラのデジタルコミュニケーション研究所のD-Lightプロジェクトは、2010年1月から2012年1月まで資金提供を受けていた[18]。ハーズはこの技術を2011年のTEDで推進し、市場に参入するための企業を設立した[19]。PureLiFi(旧・pureVLC)は、既存のLEDライトシステムを統合したLi-Fi製品を販売するために作られたOEMの企業である[20][21]。Oledcommは、サクレー大学英語版のスーツ・トップス教授によって設立されたフランスの企業である。

2011年10月に、企業や業界の団体は高速光通信システムの推進と、電磁波スペクトルのまったく異なる点を利用して無線主体の無線スペクトルの限界容量を克服するために、Li-Fiコンソーシアム英語版を結成した[22]

多くの企業がIEEE 802.15.7r1標準化委員会で定義されているLi-Fiの専門用語ではない単方向VLC製品を提供している[23]

VLC技術は2012年にLi-Fiを使用して示された[24]2013年8月までに、単色LED以上である1.6Gbit/秒以上のデータレートで実証した[25]。2013年9月に、視線条件を必要としないLi-Fi(一般的にはVLCシステム)のプレリリースを発表した[26]。同年10月に中国の企業がLi-Fiの開発キットを開発していたことが報告された[27]

2014年4月に、ロシアのStins Coman社が『BeamCaster』と呼ばれる無線ローカルネットワークの開発を発表した。『BeamCaster』の現在のデータ転送速度は1.25GB/秒であるが、将来的に5GB/秒まで速度を上げることが予想される。2014年にはメキシコの企業であるSisoftによってLEDランプによって放射される光スペクトルによって10GB/秒の速度でデータを転送するという新記録を確立した[28]

最近のLi-Fiシステム用集積CMOS光受信器は、低感度のアバランシェフォトダイオード(APDs)によって実現されている[29]2015年7月に、IEEEはエネルギー使用効率を高め、受信機をより過敏にするためにシングルフォトンアバランシェダイオード英語版としてAPDをガイガー=ミュラー計数管で運用した[30]。 また、この操作は、レシーバが遠距離からの弱い信号でも検出できるようにする量子限界英語版の感度として実行が可能である[29]

基本[編集]

Wi-Fiと同様に、Li-FiもIEEE 802.11規格を使用した無線であるが、帯域幅がとても多い可視光通信を使用する。

VLCの一部分は、IEEE 802によって確立された通信プロトコルに従って作られている。しかし、光通信技術の分野での直交周波数分割多重方式(O-OFDM)の導入などの最新の技術開発では、IEEE 802.15規格で考慮されていないデーターレート、マルチアクセス、エネルギー効率の点で最適化されているため、IEEE 802.15は古くなっている[31]。このO-ODFMの導入は光無線通信の標準化への新たな前進が必要であることを意味する。

にも関わらず、IEEE 802.15.7規格は物理層(PHY)と媒体アクセス制御層(MAC)を規定している。この規格はオーディオ、ビデオ、マルチメディアサービスを転送するために十分なデータレートの提供が可能である。これは光伝送の移動性や、インフラストラクチャ内に存在する人口照射処理との互換性、照射処理による影響も考慮している。媒体アクセス制御層はTCP/IPプロトコルのように他の層との接続の使用を許可している[要出典]

この規格では、異なるこれら3つのPHYで定義している。

  • PHY 1:屋外使用向けに設立され、11.67Kbit/秒から267.6Kbit/秒まで動作する。
  • PHY 2:データレートが1.25Mbit/秒から96Mbit/秒まで到達することを可能にする。
  • PHY 3:カラーシフトシーイング(CSK)と呼ばれる特殊な変調方式を使用し、多くのソースに使用されている。PHY 3は12Mbit/秒から96Mbit/秒まで提供が可能である[32]

PHY 1とPHY 2で認識される変調形式はオンオフ変調(OOK)パルス位置変調(VPPM)である。マンチェスタ符号はOOKシンボル「01」とロジック0、OOKシンボル「10」とロジック1、DCコンポーネントと全てで表し、転送されたデータの内部時間も含めたPHY 1層とPHY 2層のために使用される。DCコンポーネントは拡張されたロジックが0の場合、通信切断を回避する[要出典]

最初のVLCスマートフォン初期型は2014年1月7日から1月10日までラスベガスで開かれたコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで初めて発表された。このスマートフォンは光波を使用可能なエネルギーに変換する技術であるSunPartnerの「Wysips CONNECT」を使用し、バッテリーを使用せず信号を受信して解読することが可能である[33][34]。透明な薄いクリスタルガラスを時計やスマートフォンなどの小さな画面に追加すると、太陽光で動かすことが可能になる。 スマートフォンは、晴天の日に15%のバッテリ寿命を得ることができる。 この技術を使用する最初のスマートフォンは2015年に発表された。この画面では、スマートフォンカメラと同様にVLC信号も受信できる[35]。 スマートフォン1台あたりの画面のコストは2〜3ドルで、ほとんどの新技術よりも安い[36]

照明会社のフィリップスは店舗での買い物客向けのVLCシステムを開発した。スマートフォンにアプリケーションをダウンロードする必要があるが、スマートフォン店舗内のLEDで動作する。LEDは店内のどこにいるか特定ができ、客が今いる通路と何を探しているのかに準拠してクーポンなどを与えることができる[37]

家庭と建設自動化[編集]

将来の家庭や建設自動化は、安全で高速なLi-Fi技術に大きく依存すると考えられている。光線が壁を貫通しないので、ハッキングされ遠隔操作をされる心配がないからである。

アプリケーション[編集]

安全面[編集]

Wi-Fiで使用されている無線周波数の波とは対照的に、光線は壁やドアを貫通できない。これにより、より安全になり、ネットワークに接続できるアカウントをより簡単に制御できる[38]。窓などの透明の材料が覆っている限り、Li-Fiチャンネルへの接続は室内の機器に限られる[39]

水中でのアプリケーション[編集]

ほとんどのROV(遠隔操作型無人探査機)はコマンドを送信するためにケーブルを使用するが、ケーブルの長さによってROVが検出できる範囲が制限される。しかし、光波なら水を貫通できるので、Li-Fiは信号を受信して返信するために車両に実装できる[40]

理論上、Li-Fiを水中で使用することは可能だが、その有用性は光が水を突き通る距離によって制限される。多くのj光は200mより深いところまでは突き通らない。1,000mを越えると、光は突き通らない[41]

病院内[編集]

多くの治療法は現在複数の個人が関わっており、Li-Fiシステムは患者の情報に関する通話を伝達するためのよりよいシステムとなっている[42]。高速化のほかに、光波は医療機器や人体にほとんど影響を与えない[43]

車両内[編集]

車両は前方や後方のライトを介して通信して、交通安全を高められる。また、街灯や信号機も現在の道路状況に関する情報を提供することが可能になる[44]

商用化[編集]

世界中にこの技術を開発している多くの会社がある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジョシュア・シャーマン. “How LED Light Bulbs could replace Wi-Fi”. Digital Trends. 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ a b Global Visible Light Communication (VLC)/Li-Fi Technology Market worth $6,138.02 Million by 2018”. MarketsandMarkets. 2015年11月29日閲覧。
  3. ^ a b ジャック・コッツェー. “LiFi beats Wi-Fi with 1Gb wireless speeds over pulsing LEDs”. Gearburn. 2015年11月29日閲覧。
  4. ^ a b ジェイミー・コンドリフ. “Will Li-Fi be the new Wi-Fi?”. ニュー・サイエンティスト. 2017年10月9日閲覧。
  5. ^ a b Li-Fi – Internet at the Speed of Light”. the-gadgeteer.com. 2017年10月9日閲覧。
  6. ^ a b Visible-light communication: Tripping the light fantastic: A fast and cheap optical version of Wi-Fi is coming”. エコノミスト. 2013年10月22日閲覧。
  7. ^ The internet on beams of LED light”. The Science Show. 2017年10月9日閲覧。
  8. ^ PureLiFi aims at combating cyber crime”. Ads Advance. 2017年10月9日閲覧。
  9. ^ Li-Fi: A green avatar of Wi-Fi”. Livemint. 2016年2月24日閲覧。
  10. ^ The Future's Bright - The Future's Li-Fi”. The Caledonian Mercury. 2015年11月29日閲覧。
  11. ^ ハラルド・ハーズ (2013-04-19). “High-speed wireless networking using visible light”. SPIE Newsroom. doi:10.1117/2.1201304.004773. 
  12. ^ 'LiFi is high speed bi-directional networked and mobile communication of data using light. LiFi comprises of multiple light bulbs that form a wireless network, offering a substantially similar user experience to Wi-Fi except using the light spectrum.Li-fi' via LED light bulb data speed breakthrough”. BBC News. 2015年11月29日閲覧。
  13. ^ ジェームズ・ビンセント. “Li-Fi revolution: internet connections using light bulbs are 250 times”. The Independent. 2015年11月29日閲覧。
  14. ^ pureLiFi to demonstrate first ever Li-Fi system at Mobile World Congress”. Virtual-Strategy Magazine. 2015年11月29日閲覧。
  15. ^ ポール・ディーツ、ダレン・リー、ウィリアム・イエラツニス. Very Low-Cost Sensing and Communication Using Bidirectional LEDs. http://www.merl.com/publications/docs/TR2003-35.pdf. 
  16. ^ https://www.ted.com/talks/harald_haas_wireless_data_from_every_light_bulb?language=en
  17. ^ https://www.crunchbase.com/organization/purelifi#/entity
  18. ^ ポビー・ゴードン. “About Visible Light Communications”. pureVLC. 2013年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月22日閲覧。
  19. ^ Wireless data from every light bulb”. TED. スコットランドエディンバラ: ハラルド・ハーズ (2011-o7). 2017年10月11日閲覧。
  20. ^ pureLiFi Ltd”. pureLiFi. 2013年12月22日閲覧。
  21. ^ pureVLC Ltd”. Enterprise showcase. University of Edinburgh. 2013年10月22日閲覧。
  22. ^ ポビー・ゴードン (2011年10月19日). “Li-Fi Consortium is Launched”. D-Light Project. 2013年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月22日閲覧。
  23. ^ https://mentor.ieee.org/802.15/dcn/15/15-15-0107-01-007a-lifi-definition.pptx
  24. ^ マイケル・ワッツ (2012年1月31日). “Meet Li-Fi, the LED-based alternative to household Wi-Fi”. WIRED. https://www.wired.co.uk/magazine/archive/2012/02/features/the-lightbulb-moment 
  25. ^ pureVLC (2012年8月6日). “pureVLC Demonstrates Li-Fi Streaming along with Research Supporting World's Fastest Li-Fi Speeds up to 6 Gbit/s”. Business Wire (エディンバラ). http://www.businesswire.com/news/home/20130806006140/en/pureVLC-Demonstrates-Li-Fi-Streaming-Research-Supporting-World%E2%80%99s 2013年10月22日閲覧。 
  26. ^ pureVLC (2013年9月10日). “pureVLC Demonstrates Li-Fi Using Reflected Light”. pureLi-Fi. http://purelifi.com/purevlc-demonstrates-li-fi-using-reflected-light/ 2016年6月17日閲覧。 
  27. ^ トムソン・イアン (2013年10月18日). “Forget Wi-Fi, boffins get 150Mbps Li-Fi connection from lightbulbs: Many (Chinese) hands make light work”. The Register. https://www.theregister.co.uk/2013/10/18/forget_wifi_chinese_boffins_get_150mbps_lifi_connection_from_a_lightbulb 2013年10月22日閲覧。 
  28. ^ ベガ・アンナ (2014年7月14日). “Li-fi record data transmission of 10GBps set using LED lights”. Engineering and Technology Magazine. 2015年11月29日閲覧。
  29. ^ a b “Highly Sensitive Photon Counting Receivers for Li-Fi Systems - Lifi Research and Development Centre” (en-US). Lifi Research and Development Centre. (2015年7月3日). http://www.lifi-centre.com/highly-sensitive-photon-counting-receivers-for-li-fi-systems/ 2016年11月17日閲覧。 
  30. ^ D・チトニス、S・コリンズ (2014-05-01). “A SPAD-Based Photon Detecting System for Optical Communications”. Journal of Lightwave Technology 32 (10): 2028–2034. doi:10.1109/JLT.2014.2316972. ISSN 0733-8724. http://ieeexplore.ieee.org/stamp/stamp.jsp?arnumber=6786995. 
  31. ^ ツォネフ・D、シナノビック・S、ハラルド・ハーズ (2013-08-15). Complete Modeling of Nonlinear Distortion in OFDM-Based Optical Wireless Communication. 31. pp. 3064–3076. doi:10.1109/JLT.2013.2278675. 
  32. ^ An IEEE Standard for Visible Light Communications visiblelightcomm.com、2011年4月付け。超高速のインターネット技術である。
  33. ^ ヨハン・ブルトン (2013年12月20日). “Li-Fi Smartphone to be Presented at CES 2014”. Digital Versus. 2014年1月16日閲覧。
  34. ^ ジェイミー・リッグ (2014年1月11日). “Smartphone concept incorporates LiFi sensor for receiving light-based data”. Engadget. 2014年1月16日閲覧。
  35. ^ An Internet of Light: Going Online with LEDs and the First Li-Fi Smartphone, Motherboard Beta, ブリアン・マーシェント
  36. ^ Van Camp, Jeffrey (2014年1月19日). “Wysips Solar Charging Screen Could Eliminate Chargers and Wi-Fi”. Digital Trends. 2015年11月29日閲覧。
  37. ^ マーティン・ラモニカ (2014年2月18日). “Philips Creates Shopping Assistant with LEDs and Smart Phone”. IEEE Spectrum. 2017年10月15日閲覧。
  38. ^ “Li-Fi: Lighting the Future of Wireless Networks”. https://www.sitepoint.com/li-fi-lighting-the-future-of-wireless-networks/ 2017年4月17日閲覧。 
  39. ^ “Applications of Li-Fi - Lifi Research and Development Centre” (英語). Lifi Research and Development Centre. http://www.lifi-centre.com/about-li-fi/applications/ 2016年11月15日閲覧。 
  40. ^ “Li – Fi Technology, Implementations and Applications”. International Research Journal of Engineering and Technology (IRJET). https://www.irjet.net/archives/V3/i4/IRJET-V3I4274.pdf. 
  41. ^ http://oceanservice.noaa.gov/facts/light_travel.html
  42. ^ “Data Services of Li- Fi in Hospital Management- Communication in Hospitals”. International Journal of Science and Research (IJSR). http://www.ijsr.net/archive/v3i8/MDIwMTU1MjA%3D.pdf. 
  43. ^ “Get ready for Li-Fi: Ultrafast new technology shown off at tech show”. Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3460711/Forget-Wi-Fi-ready-Li-Fi-Ultrafast-new-technology-100-times-faster-current-systems-using-LIGHTS.html 2016年11月15日閲覧。 
  44. ^ “Applications of Li-Fi - pureLiFi™” (英語版). pureLiFi™. http://purelifi.com/what_is_li-fi/applications-of-li-fi/ 2016年11月15日閲覧。 
  45. ^ Mobile World Congress 2017: PureLiFi Debuts New Li-Fi Luminaire and Shares Progress on Commercial Pilots”. IEEE Spectrum. 2017年10月15日閲覧。
  46. ^ du's joint venture with Zero.1 to bring LiFi to the UAE comes to life”. Telecom Review. 2016年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]