iBurst

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

iBurst(アイバースト)は、無線通信技術の規格の一つ。"i-BURST"と表記されることもある。 ハンドオーバーの良さや周波数利用効率の高さ、IPベースネットワークとの高い親和性や通信品質、そして低コストを売りにしている。 京セラとArrayCommの共同開発である。

規格詳細[編集]

アップリンクとダウンリンクを非対称に3スロットに分割(TDMA/TDD)
5MHzの場合、8波に分割した上で使用(FDMA)
同一周波数に3チャネルを多重化(SDMA)
  • 伝送速度:下り最大1061kbps 上り最大346kbps
  • 1基地局あたりのトータルスループット:24Mbps(周波数帯域が5MHzの場合)
  • ハンドオーバー:時速100km可

標準規格・技術勧告[編集]

  • ANSI HC-SDMA 〔ATIS-0700004.2005〕(2005年9月14日承認)
  • ITU-R M.1801 〔RecDoc 8/167(Rev.1 Annex.4 III〕(2007年3月28日承認)
  • IEEE 802.20 625k-MC Mode (2008年6月12日承認)(iBurstがベース)

商用サービス運用中の国・地域[編集]

(2008年6月時点)

商用サービス計画中の国・地域[編集]

(2008年6月時点)

外部リンク[編集]