Lightning (インターフェイス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Lightningコネクタ
Lightning connector.svg
Lightningケーブルの上からの様子。8ピンコネクタが示されている。
種別 データおよび電源コネクタ
開発者 Apple
生産期間 2012-現在
前モデル 30ピンDockコネクタ
ピン数 8
Pin out
Receptacle View
ピン1 GND ground
ピン2 L0p lane 0 positive
ピン3 L0n lane 0 negative
ピン4 ID0 identification/control 0
ピン5 PWR power(充電器あるいはバッテリー)
ピン6 L1n lane 1 negative
ピン7 L1p lane 1 positive
ピン8 ID1 identification/control 1
Two differential pair lanes (L0p/n and L1p/n) may swap in IC of device connector (lanes don't swap if accessory identification chip connect to ID0 pin)

Lightning(ライトニング)は、Appleが開発した独自コンピュータバスおよび電源コネクタを使用したデータ伝送技術である。USB Type-Cとほぼ同等の機能を持つ。iPhoneiPadiPod touchのようなAppleの携帯機器端末とホストコンピュータや外部モニタ、カメラ、USBバッテリー充電器、イヤホン、その他の周辺機器を接続するために使用される。30ピンでなく8ピンを用いているため、Lightningは30ピンDockコネクタよりもかなり小型であり、どちらの向きでも差すことができる。しかし、アダプタを使わない限り、以前のコネクタのために設計されたケーブルや周辺機器とは互換性がない。

歴史[編集]

Lightningコネクタは、2012年9月12日30ピンDockコネクタの後継規格として発表された[1]。互換性のある最初の機器はiPhone 5iPod touch (第5世代)iPod nano(第7世代)であった[2]iPad (第4世代)iPad mini (第1世代)が2012年10月にLightning機器として加わった[3][4]。以降はAppleの主要なiOSデバイスに搭載されていたが、2018年に発表されたiPad Pro 11インチ及び12.9インチモデル(第3世代)USB Type-Cが採用されたのを始めとして、Lightning非搭載の製品も発表されており[注釈 1]、iPhone付属のケーブルで充電できず、またiPad用の充電器でAndroid端末が充電できるなどApple製品でケーブルが統一されておらず一貫性がないことが問題となってきている。

2012年11月25日、Appleはハーレーダビッドソンから、ヨーロッパにおける「Lightning」の商標を取得した[5]

2015年9月9日、AppleはiPad Pro(第1世代)Apple Pencil(第1世代)を発表した。Apple Pencil(第1世代)は充電及びiPadとのペアリングにLighitningコネクタを採用している。

2015年10月13日、AppleはMagic Mouse 2Magic Keyboard英語版Magic Trackpad 2を発売した。これらの製品は充電及びMacとのペアリングにLightningコネクタを採用している。

2021年9月、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、スマートフォンをはじめとする電子機器類の充電方法をUSB-Cに義務付ける法案を提出し[6]、事実上のLightningの排除となった[7]。なお、2022年6月7日に同法案を2024年秋までに施行すると発表した[8][9]。なお、Appleは「1種類のコネクタのみを義務付ける厳格な規制はイノベーションを抑制し、欧州や世界中の消費者に害を及ぼすことを懸念している」と反発の意を表明している[9]

技術[編集]

Apple Lightning-USBケーブル (MD818)

Lightningは、デジタル信号を伝送する8ピンコネクタである。無方向性であり、上下どちらの向きでも機器に挿入することができる。AppleはLightningコネクタを30ピン、USB、HDMI、VGA、SDメモリーカードといった、その他のインターフェイスに使うことができるようにする様々なアダプタを提供している。Lightning-30ピンアダプタは、30ピンが利用できるシグナルの一部(USBデータ、USB充電、アナログオーディオ出力)しかサポートしていない。また、公式のLightningコネクタはMFi認証の必要としているため、サードパーティー製造業者による互換アクセサリーの製造を困難にしている[10]

USB 3.0以降で策定されているSuperSpeed(高速データ通信)に対応している[11][12]

搭載端末[編集]

iOS/iPadOSデバイス[編集]

デジタルオーディオプレイヤー[編集]

iOS/iPadOS/Macアクセサリ[編集]

この他、LightningからMicroUSB、SDカードHDMI等の他規格に変換するアダプタがAppleから販売されているほか、サードパーティーからAppleのMfi認証[注釈 3]を取得した充電ケーブルやUSBメモリ、イヤホンなどのアクセサリが多数販売されている。

MicroUSBとの比較[編集]

Appleは、公にはMicroUSBについて論じてはいないが、業界観測筋はLightningが、LightningケーブルのApple MFiチップのライセンス料や、どちらの向きでも機器に挿入できるユーザの利便性[14][15]、機器を充電できるだけでなく、機器からアクセサリーに電力を供給できるといった、いくつかの利点のために使われたと考えている。別売りのUSB On-The-Goを使用によりUSB機器でも同じことができる。

2013年12月、USB 3.0プロモーターグループは、新たなUSB Type-C規格を告知した[16][17]。USB Type-Cの重要な特徴は、Lightningの多くの特性(電力容量、可逆性、どちら向きでも差せる)と似ている[18]

問題点[編集]

  • AppleやAppleが承認した業者だけが正規のケーブルを製造でき、Appleのデバイスは正規のケーブルだけしか受け付けないようになっているため、Appleが利益を独占するおそれがある。
  • Android端末や他の携帯機器、MacBookなどとケーブルの流用がきかないため、それらの機器とiPhoneなどを同時に使用するユーザにとっては扱うケーブルの種類や手間が増えて不便である。
  • 純正のLightningケーブルは断線しやすく、USBケーブルなどと比べて価格がやや高めなため、ユーザーの金銭的負担が大きい。
  • ケーブルの端子がむき出しになっているため、汚れなどに弱い。また、その構造上から埃が蓄積しやすい。

注釈[編集]

  1. ^ LightningではなくUSB Type-Cを採用した端末としては、他にiPad Air (第4世代)iPad mini (第6世代)、Magsafe充電器がある(2021年9月現在)
  2. ^ iPad Proは2018年に発売された11インチモデルが第3世代ではなくiPad Pro 11-inch (1st generation)とされているためこのような記述になっている。
  3. ^ Appleの実施しているMFi Programによる認証[13]。Mfi認証を取得していないアクセサリはOSのアップデートで使用不能になる可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ Pollicino, Joe (2012年9月12日). “Apple's September 12th event roundup: iPhone 5, new iPods, iOS 6, Lightning and everything else”. Engadget. 2012年10月5日閲覧。
  2. ^ Dillet, Romain (2012年9月12日). “The iPhone 5 Comes With The New "Lightning" Connector”. TechCrunch. 2012年9月27日閲覧。
  3. ^ Schultz, Marianne (2012年10月23日). “Apple Announces Fourth-Generation iPad with Lightning Connector, New A6X Chip”. MacRumors. 2012年12月2日閲覧。
  4. ^ iPad mini Technical Specifications”. Apple (2012年12月2日). 2012年10月23日閲覧。
  5. ^ Goldman, David (2012年11月26日). “Apple bought Lightning trademark from Harley-Davidson”. CNNMoney.com. http://money.cnn.com/2012/11/26/technology/mobile/apple-lightning-harley-davidson 2012年11月29日閲覧。 
  6. ^ Lightning狙い撃ちな「USB Type-C法案」 EUとAppleそれぞれの思惑”. ITmedia (2021年10月25日). 2022年6月8日閲覧。
  7. ^ 欧州委員会がスマホ充電端子を「USB Type-C」に統一へ――アップルはLightningを辞めるのか。それともMagsafeにシフト?”. ITmedia (2021年10月1日). 2022年6月8日閲覧。
  8. ^ No Lightning port for iPhone: EU agrees on standardized USB-C charging by 2024” (英語). NextPit (2022年6月7日). 2022年6月8日閲覧。
  9. ^ a b 欧州、スマホなどが対象の“USB Type-C統一法”を2024年秋施行へ”. ITmedia (2022年6月8日). 2022年6月8日閲覧。
  10. ^ Foresman, Chris (2012年10月3日). “Apple revising MFi program to limit third-party Lightning accessories”. Ars Technica. http://arstechnica.com/apple/2012/10/apple-revising-mfi-program-to-limit-third-party-lightning-accessories 2012年10月3日閲覧。 
  11. ^ Lightning - SDカードカメラリーダー” (日本語). Apple(日本). 2021年10月10日閲覧。 “データ転送は、12.9インチiPad Pro(第1世代と第2世代)と10.5インチiPad Proでは最大でUSB 3.0の速度に対応”
  12. ^ Lightning to USB 3 Camera Adapter” (日本語). Apple(日本). 2021年10月10日閲覧。 “12.9インチiPad Pro(第1世代と第2世代)と10.5インチiPad ProはUSB 3、9.7インチiPad ProはUSB 2の速度でデータを転送します。”
  13. ^ Create Innovative Accessories”. Apple. 2022年6月8日閲覧。
  14. ^ Hardware comparison: Lightning connector vs MicroUSB connector”. pocketables.com (2012年12月20日). 2013年10月18日閲覧。
  15. ^ Engineer explains why Apple went with Lightning instead of Micro USB”. idownloadblog.com (2012年9月14日). 2013年10月18日閲覧。
  16. ^ New USB Type-C connector is smaller, reversible, supports USB 3.1”. arstechnica.com (2013年12月4日). 2013年12月31日閲覧。
  17. ^ With new USB connector, no more wrong-way-up cables”. cnet.com (2013年12月4日). 2013年12月31日閲覧。
  18. ^ Next Generation USB Connection Definition Underway”. usb.org (2013年12月3日). 2013年12月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]