Lightning (インターフェイス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lightningコネクタ
Lightning connector.svg
Lightningケーブルの上からの様子。8ピンコネクタが示されている。
種別 データおよび電源コネクタ
開発者 Apple Inc.
生産期間 2012-現在
前モデル 30ピンDockコネクタ
ピン数 8
Pin out
Receptacle View
ピン1 GND ground
ピン2 L0p lane 0 positive
ピン3 L0n lane 0 negative
ピン4 ID0 identification/control 0
ピン5 PWR power(充電器あるいはバッテリー)
ピン6 L1n lane 1 negative
ピン7 L1p lane 1 positive
ピン8 ID1 identification/control 1
Two differential pair lanes (L0p/n and L1p/n) may swap in IC of device connector (lanes don't swap if accessory identification chip connect to ID0 pin)

Lightningライトニング)は、アップル社製の独自コンピュータバスおよび電源コネクタである。iPhoneiPadiPodのようなアップルの携帯機器とホストコンピュータや外部モニタ、カメラ、USBバッテリー充電器、その他の周辺機器を接続するために使われる。30ピンでなく8ピンを用いているため、Lightningは30ピンDockコネクタよりもかなり小型であり、どちらの向きでも差すことができる。しかしながら、アダプタを使わないかぎり、以前のコネクタのために設計されたケーブルや周辺機器とは互換性がない。2012年に導入され、2014年11月現在はiPhone 5以降、iPod touch(第5世代)、iPad(第4世代)、iPad miniiPod nano(第7世代)で使われている。

歴史[編集]

Lightningコネクタは2012年9月12日に、30ピンDockコネクタの後継規格として発表された[1]。互換性のある最初の機器はiPhone 5、iPod touch(第5世代)、iPod nano(第7世代)であった[2]iPad(第4世代)、iPad mini(第1世代)が2012年10月にLightning機器として加わった[3][4]。2013年9月20日、アップルはiPhone 5cおよびiPhone 5sをリリースした。2013年10月22日、アップルはiPad mini RetinaディスプレイモデルおよびiPad Airをリリースした。2014年9月19日、アップルはiPhone 6iPhone 6 Plusをリリースした。2014年10月24日、アップルはiPad Air 2iPad mini 3をリリースした。

2012年11月25日、アップルはハーレーダビッドソンから欧州における「Lightning」の商標を取得した[5]

技術[編集]

Lightningはデジタルシグナルを伝送する8ピンコネクタである。無方向性であり、上下どちらの向きでも機器に挿入することができる。アップルはLightningコネクタを30ピン、USB、HDMI、VGA、SDカードといったその他のインターフェイスに使うことができるようにする様々なアダプタを提供している。Lightning-30ピンアダプタは、30ピンが利用できるシグナルの一部(USBデータ、USB充電、アナログオーディオ出力)しかサポートしていない。公式Lightningコネクタは認証チップを含んでおり、サードパーティー製造業者がアップルによる承認なしに互換アクセサリーを製造することを難しくしている[6]

Apple Lightning-USBケーブル (MD818)

MicroUSBとの比較[編集]

アップルは公にはmicro-USBについて論じてはいないが、業界観測筋はLightningが、LightningケーブルのApple MFiチップのライセンス料やどちらの向きでも機器に挿入できるユーザの利便性[7][8]、機器を充電できるだけでなく機器からアクセサリーに電力を供給できるといったいくつかの利点のために使われたと考えている。別売りのUSB On-The-Goを使うことでUSB機器でも同じことができる。

2013年12月、USB 3.0プロモーターグループは、新たなUSB Type-C規格を告知した[9][10]。USB Type-Cの重要な特徴はLightningの多くの特性(電力容量、可逆性)と似ている[11]

脚注[編集]

  1. ^ Pollicino, Joe (2012年9月12日). “Apple's September 12th event roundup: iPhone 5, new iPods, iOS 6, Lightning and everything else”. Engadget. 2012年10月5日閲覧。
  2. ^ Dillet, Romain (2012年9月12日). “The iPhone 5 Comes With The New "Lightning" Connector”. TechCrunch. 2012年9月27日閲覧。
  3. ^ Schultz, Marianne (2012年10月23日). “Apple Announces Fourth-Generation iPad with Lightning Connector, New A6X Chip”. MacRumors. 2012年12月2日閲覧。
  4. ^ iPad mini Technical Specifications”. Apple Inc. (2012年12月2日). 2012年10月23日閲覧。
  5. ^ Goldman, David (2012年11月26日). “Apple bought Lightning trademark from Harley-Davidson”. CNNMoney.com. http://money.cnn.com/2012/11/26/technology/mobile/apple-lightning-harley-davidson 2012年11月29日閲覧。 
  6. ^ Foresman, Chris (2012年10月3日). “Apple revising MFi program to limit third-party Lightning accessories”. Ars Technica. http://arstechnica.com/apple/2012/10/apple-revising-mfi-program-to-limit-third-party-lightning-accessories 2012年10月3日閲覧。 
  7. ^ Hardware comparison: Lightning connector vs MicroUSB connector”. pocketables.com (2012年12月20日). 2013年10月18日閲覧。
  8. ^ Engineer explains why Apple went with Lightning instead of Micro USB”. idownloadblog.com (2012年9月14日). 2013年10月18日閲覧。
  9. ^ New USB Type-C connector is smaller, reversible, supports USB 3.1”. arstechnica.com (2013年12月4日). 2013年12月31日閲覧。
  10. ^ With new USB connector, no more wrong-way-up cables”. cnet.com (2013年12月4日). 2013年12月31日閲覧。
  11. ^ Next Generation USB Connection Definition Underway”. usb.org (2013年12月3日). 2013年12月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]