Macintosh Quadra 700

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Macintosh Quadra 700
Macintosh Quadra 700.jpg
製造元 Apple
種別 デスクトップ
発売日 1991年10月
標準価格 6000US$
販売終了日 1994年9月
OS System 7.0.1-System 7.1.2、System 7.5-Mac OS 8.1、Mac OS 9.1(PowerPCへのアップグレードが必要)
CPU モトローラ MC68040 @ 25 MHz
メモリ 4 MB, 20 MBまで増設可能 (80 ns 30-pin SIMM)

Macintosh Quadra 700Appleによってデザイン、製造され、1991年10月から1994年9月まで販売されていたパーソナルコンピュータである。

位置付け[編集]

Macintosh IIciの後継機種としてリリースされた。ただしその後もIIciは並行して販売されている。Macintoshシリーズとして同時に発表された上位機種と共に初めてCPUにMC68040を採用されたことで、Quadraの名称が新たに付与された。

ハードウェア[編集]

筐体[編集]

IIciをベースに縦置を前提としたデザインへとマイナーチェンジが行われた。とはいえ背面ポートレイアウトも変更されているため、IIcxおよびIIci向けにAppleが提供した有償アップグレードサービスでは、ロジックボードのみならず筐体も蓋以外は交換となった。1992年、iFデザイン賞受賞[1]

CPU[編集]

Motorola MC68040を25MHzで駆動する。それまでのMacintoshで採用されていたMC68030/MC68881などと異なり、FPUもCPUに内蔵されている。一部でCPUキャッシュによる非互換が発生するので、オフにするコントロールパネル「キャッシュスイッチ」が付属した[2]

RAM[編集]

IIci同様30-pin SIMMスロットを採用するが、4スロットへと半減された。オンボードの4MBと合わせて20MBがAppleの公式な最大搭載可能サイズであるが、実際は16MBモジュールを4枚用いた68MBでの動作が確認されている[3]

ビデオ[編集]

IIciのようにロジックボードにビデオ回路が組み込まれ、解像度1152x870までサポートしていた。ロジックボード上の6個のSIMMスロットに2MBまでVRAMを増設すれば、832x624の画面解像度では24-bit(1600万)色表示できた。

その他[編集]

Power Macintosh Upgrade Card
Power Macintosh Upgrade Card

ソフトウェア[編集]

初めてSystem 7をプリインストールとした。日本でも1991年に発売開始されたが、日本語OS開発が間に合わずに英語のSystem 7.0.1のまま出荷され(ユーザによりGomTalk[5]SysMode日本語で、無理やり漢字Talk 6.0.7を上書きインストールしての日本語化が行われる)、後日1992年に漢字Talk 7.1がユーザに発送された。

脚注[編集]

  1. ^ Apple Macintosh Quadra 700 / Personal computer
  2. ^ ASCII.jpデジタル用語辞典. “キャッシュスイッチとは” (日本語). コトバンク. 2022年1月28日閲覧。
  3. ^ [1]
  4. ^ ASCII.jpデジタル用語辞典. “AAUIとは” (日本語). コトバンク. 2022年1月28日閲覧。
  5. ^ System 7で幕をあけた激動の1990年代(後編)” (日本語). ITmedia PC USER. 2022年1月28日閲覧。