iPad Air 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アップル > iPad > iPad Air 2
iPad Air 2
Apple iPad Air 2 Logo.svg
IPad Air 2.png
製造元 アップル
種別 タブレット型メディアプレーヤー/コンピュータ
世代 2nd
OS iOS 8.1(初期搭載)
電源 3.75V,27.3Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー
最長10時間のバッテリー駆動
CPU Apple A8X system-on-a-chip 3コア 1.5GHz 64ビットアーキテクチャ
メモリ 2GB (LPDDR3)
ストレージ フラッシュメモリ
16, 64, & 128 GB
ディスプレイ

9.7インチ (250 mm) 4:3 アスペクト比

画面解像度: QXGA (2048x1536 px) (264 ppi), 4:3 アスペクト比, LEDバックライト IPS LCD display
入力機器 マルチタッチタッチスクリーンディスプレイ, ヘッドセットコントロール, 環境光センサー, 3軸加速度計, デジタルコンパス[1]
デジタルカメラ

バックカメラ:HDビデオ撮影(1080p、最大30fps、オーディオ入り、120fpsスローモーション撮影対応)静止画(5倍デジタルズーム、画素数は800万画素、バーストモード対応)

フロントカメラ:HDビデオ撮影(720p、最大30fps、オーディオ入り)静止画(120万画素)
外部接続 Wi-Fi (802.11a/b/g/n/acMIMO対応),
Bluetooth 4.0+HS,
USB 2.0/lightningコネクタ
Wi-Fi + Cellular モデルは以下も含む:
UMTS (W-CDMA)/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA
(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
CDMA EV-DO Rev. A/Rev. B(800, 1900 MHz)
LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 38, 39, 40, 41)
※データのみ[1]
オンラインサービス iTunes Store, App Store, iCloud, iBookstore, Safari, Game Center, Photo Booth
サイズ 240mm (h)
169.5mm (w)
6.1mm (d)
重量 Wi-Fiモデル: 437g
Wi-Fi + Cellularモデル: 444g
前世代ハード iPad Air (第1世代)
関連商品 iPod touch, iPhone, iPad mini
ウェブサイト www.apple.com/jp/ipad

iPad Air 2(アイパッドエアツー)は、アップルが開発、販売しているタブレット型コンピュータで、iPad Airシリーズとしては第2世代にあたる機種。

概要[編集]

2014年10月16日(米国時間)にiPad Airの第2世代として発表された[2]

前年発表のiPad Airからさらに薄く軽くしたのが特徴で、フルラミネーションディスプレイを採用したことで厚さが6.1mmと1.4mm薄く、重量もWi-Fiモデルで437gと32g軽量化された。この薄くなったことに伴い、従来まで搭載されていた本体横の消音/回転ロックスイッチが省略されている。またディスプレイには反射防止コーティングも施されている。スマートフォンでは一般的であるが、タブレットでは今まであまり採用されていなかったダイレクトボンディングの採用により、特に明るい環境での鮮やかさが改善している。カラーバリエーションにはスペースグレイとシルバーのほか、ゴールドが追加された。

CPUはiPhone 6/iPhone 6 Plusに搭載されているApple A8の強化版、Apple A8Xを搭載、初めて3コア動作になったほか、メモリも2GBと従来機より多くなっている。モーションコプロセッサーのM8も搭載し、センサーとして気圧計と指紋認証システムのTouch IDも搭載している。ストレージ容量はiPad Airと異なり32GBモデルが省略されている。

カメラ機能が強化され、外側のiSightカメラは800万画素センサーを搭載、バーストモード(連写)や120fpsのスローモーションビデオ撮影に対応した。内側のFaceTimeカメラもF値が2.2の明るいレンズを搭載している。

Wi-Fiは802.11acに対応し、MIMO(HT80)と合わせて最大866Mbpsの高速通信が可能となる。LTEはiPhone 6/6 Plus同様に150Mbpsの高速通信が可能になったほか、TD-LTE(Bands 38〜41)を含む広範囲な周波数帯をサポートし、日本ではBand 41を使用するWiMAX2+AXGPにも対応、さらにキャリアアグリゲーションにも対応する。また、アメリカとイギリスでは1枚のSIMカードで複数の通信会社を選ぶことができる「Apple SIM」と合わせる形で提供され、短期契約や海外渡航時に画面上で自由に通信会社(発売時点ではアメリカのAT&Tモビリティ、スプリントT-モバイルとイギリスのEEの4社)を選ぶことが可能となった。

2016年3月21日(現地時間)、スペシャルイベントで9.7インチ版iPad Proが発表され、128GBモデルの販売を終了し、16GB・64GBモデルが1万円弱値下げされた。

2016年9月7日(現地時間)、スペシャルイベント終了後、16GB・64GBモデルの販売を終了し、32GBモデルを新たに設定した。また、128GBモデルが再設定された。

2017年3月21日(現地時間)、9.7インチのiPad (第5世代)が発表されたのに伴い、iPad Air 2は販売終了となった。

iPadモデルの変遷

iPad Pro iPad mini 4 iPad mini 3 iPad mini (第2世代) iPad mini (第1世代) iPad Air 2 iPad Air (第1世代) iPad (第4世代) iPad (第3世代) iPad 2 iPad (第1世代)


出典[編集]

外部リンク[編集]