Macintosh SE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Macintosh SE
Macintosh SE b.jpg
別名 Macintosh SE FDHD
Macintosh SE SuperDrive
発売日 1987年3月2日(30年前) (1987-03-02
標準価格

US$2900 (2機のFDD内蔵モデル)

US$3900 (20 MBハードディスク内蔵モデル)
販売終了日 1990年10月15日 (1990-10-15)
OS 漢字talk 2.0-7.5.5
CPU Motorola 68000 @ 7.8 MHz
メモリ RAM (150 ns 30-pin SIMM)
前世代ハード Macintosh 512Ke
Macintosh Plus
次世代ハード Macintosh SE/30
Macintosh Classic
Macintosh Portable

Macintosh SEは、Appleによって1987年3月から1990年10月まで製造されたパーソナルコンピュータである[1][2] 。このコンピュータはMacintosh Plusデザインから大幅な改善を行い、Macintosh IIと同時に発表された。 オリジナルのMacintoshコンピュータに似るが、色やスタイリングに多少の違いがある。

特徴[編集]

前身であるMacintosh Plusと比較して、SEの注目すべき新機能は以下の通り:

  • ハードディスク(最初は20MBまたは40MB)または2機目のフロッピードライブ用の内蔵ドライブベイを備えた最初のコンパクトMacintosh。
  • 拡張スロットを搭載した最初のコンパクトMacintosh(SEは「システム拡張」の略)
  • Apple IIGSで導入されたキーボードおよびマウスインターフェイス用のApple Desktop Bus(ADB)を使用。
  • データスループットの向上によるSCSIサポートの向上。
  • 冷却ファンを追加したことにより信頼性が向上し、寿命が延びた。

SEは、1機または2機のフロッピードライブ、またはフロッピードライブとハードドライブのいずれかに対応するように設計されている。 市販後のブラケットは、SEが2つのフロッピードライブとハードドライブを収容できるように設計されているが、Appleがサポートする構成ではない。さらに、外部のフロッピーディスクドライブを接続することもできる。そのため、SEは、Macintosh PortableとMacintosh IIと同じく3台のフロッピードライブをサポートできる。増加したRAM容量とオプションの内蔵ハードドライブは、サードパティ製品の市場を縮小させた。Appleが1989年1月にMacintosh SE/30を発表した後、SEのアップグレード向けにロジックボード(ケースフロントと内部シャーシを含む)を販売した。

シングルフロッピーモデルでは、2番目のフロッピードライブに当たる場所にドライブアクセスランプが付いている。

さらに、SEには、プロセッサーダイレクトスロットがあり、アクセラレータなどの拡張カードを取り付けることができる。SEは、MicroMacアクセラレータを使用して、50 MHzおよび5 MB以上にアップグレードすることがでる。 過去には、Sonnet Allegroのような他のアクセラレータも利用可能であった。カードを取り付けるには、ケースを開け、内部CRTからの高電圧にさらされる為、Appleは認定されたディーラーだけがカードをインストールするよう勧めた。 このケースはトルクスネジで密閉されていた。

イースターエッグとして隠されたROMにある開発チームの写真

Macintosh SEのROMサイズは、最初のMacintoshの64KBから256KBに増加された為、開発チームはROMに隠されたEaster Eggを含めることができた。 [3][4]

SEとMacintosh IIは、Apple I以来のキーボードが付属しないApple製コンピュータだった。 代わりに新しい選択肢として、ADBのApple KeyboardやApple Extended Keyboardが販売された。

Appleはプロモーションショットや従業員向けのプロトタイプとして透明ケースを持つ10台のMacintosh SEを制作した。 非常に稀なものであり、コレクター間で高価に取引されている。 [5]

Macintosh SE FDHD[編集]

当初、SEは片面倍密度(SSDD)(400KB)と両面倍密度(DSDD)(800KB)のフロッピーディスクしか使用できなかった。 1989年8月、アップル社は、1.4MBの高密度(HD)フロッピーディスクを処理できるフロッピーディスクドライブであるSuperDriveを搭載したMacintosh SE FDHDを発表しました。[6] 元々FDHD(フロッピーディスク高密度)モデルとして販売されていたが、後にいくつかのMacintosh SE FDHDにMacintosh SE Superdriveというラベルが付けられ、新しいドライブに関するアップルのマーケティング変更に対応した。それ以来、HDフロッピーはMacintoshとPCの両方のコンピュータで事実上の標準となった。アップグレードキットが、新しいROMチップと新しいディスクコントローラチップを含むオリジナルのMacintosh SE用に販売され、オリジナルを置き換えた。

Macintosh SE FDHDは1990年10月に販売終了とされ、Macintosh Classicが後継種となった。

Macintosh SE内部
1988年Macintosh SEのロジックボード

仕様[編集]

  • プロセッサー:モトローラ68000,8 MHz
  • システムバス速度:8 MHz
  • ROMサイズ:256 kB
  • データパス:16ビットレベル1
  • RAMのタイプ:150 ns30-pin SIMM
  • VRAMタイプ:内蔵
  • 標準RAM:1 MB
  • 最大RAM:4 MB
  • RAMスロット数:4(ペア)
  • 標準ハードドライブ:20 MB
  • Intです。 ハードドライブタイプ:SCSI
  • 標準ディスク:3.5インチ 、800 kB, 800 kB x2(自動)
  • Exp. スロット数:SE PDS
  • 電池タイプ:3.6 Vリチウム
  • ディスプレイ:512x342ドット 9インチ (23 cm) 2ビット白黒
  • ビデオメモリ:512x384x1
  • 対応OS:3.3–7.5.1は、7.5.3–7.5.5
  • 重量:7.7 kg

エミュレータ[編集]

  • ミニvMac SE&SE FDHD

コンパクトマッキントッシュの変遷

参考文献[編集]

  1. ^ Joel West (1987年3月2日). “Macintosh II and Macintosh SE announced”. comp.sys.mac. (ウェブリンク). 2014年1月26日閲覧。 
  2. ^ Archived - Macintosh SE: Technical Specifications”. Apple Knowledge Base (2012年4月19日). 2014年1月26日閲覧。
  3. ^ Macintosh Plus Easter Egg - Image of Designers in ROM” (1999年9月12日). 2014年1月26日閲覧。
  4. ^ Trammell Hudson (2012年8月21日). “Ghosts in the ROM”. NYC Resistor. 2014年1月26日閲覧。
  5. ^ Transparent Macintosh SE”. Low End Mac. 2007年2月8日閲覧。
  6. ^ Archived - Macintosh SE FDHD: Technical Specifications”. Apple Knowledge Base (2012年4月19日). 2014年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]