Macintosh IIci

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Macintosh IIci

Macintosh IIciは1989年、Macintosh IIcxの発売の半年後、MC68030/25MHzを搭載し、Apple社から発売された。筐体デザインは、Macintosh IIcxを継承(当時Apple社内のデザイナーであったGavin Ivesterらによるもの[1][2]。)

Macintosh IIciは初の32ビットクリーンROMを搭載し、System 7(漢字Talk 7.1)以降を利用する場合に、8MBを超えるRAMを扱える[3]。また、IIcxと違い、ロジックボード上に内蔵ビデオ回路(対応解像度640x480, 256色表示、もしくは640x870, 16階調グレースケール Macintosh Portrait Display対応)を搭載している為、拡張スロットを消費せずにモニタを繋ぐことが可能。同様の筐体を持つ、後継機種のQuadra 700の発売後も1993年まで引き続き販売されたが、Quadra 700へのアップグレードサービスも提供されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]