Macintosh Quadra 840AV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Macintosh Quadra 840AV
Macintosh Quadra 840AV.jpg
別名 "Quadra 1000", "Cyclone"
開発元 Apple
姉妹機種 Macintosh Quadra
発売日 1993年7月29日 (29年前) (1993-07-29)
標準価格 US$3,500(2020年時点の$6,100と同等)
販売終了日 1994年7月18日 (1994-7-18)
OS 漢字Talk 7.1 - Mac OS 8.1
PowerPCアップグレード後 Mac OS 9.1
CPU Motorola 68040 @ 40 MHz
メモリ 8MB, 最大128MB (60 ns 72-pin SIMM)
サイズ Height: 14インチ (36 cm)
Width: 7.7インチ (20 cm)
Depth: 15.75インチ (40.0 cm)
重量 25.3ポンド (11.5 kg)
前世代ハード Macintosh Quadra 800
次世代ハード Power Macintosh 7100/66AV
Power Macintosh 8100/80AV
関連商品 Macintosh Centris 660AV

Macintosh Quadra 840AVは、Appleによって設計、製造され、1993年7月から1994年7月まで販売されていたパーソナルコンピュータである。

ハードウェア[編集]

16インチMacintoshカラーディスプレイ(M1298)、 AppleDesignパワードスピーカー(M6082)、 Apple拡張キーボードII (M3501)、およびApple Desktop Bus Mouse II (M2706)を搭載したMacintosh Quadra 840AV
Macintosh Quadra 840AVのロジックボード

CPU[編集]

モトローラ製MC68040を採用し、40MHzで駆動したことでMacintoshとしては最速の処理能力を達成した。この機種より後のハイエンドMacintoshはすべてPowerPCベースであるため、840AVは最速のQuadraであると同時に最速の68k Macintoshでもある。

AV入出力[編集]

Macintoshとしては初めて、下位機種であるCentris/Quadra 660AVとともに、48kHzの16ビットステレオオーディオの再生・録音機能、S-Videoとコンポジットビデオの入出力機能を搭載した。ビデオの再生能力を高めるために、標準のグラフィックス用とビデオ専用の2つのフレームバッファを使用している。これにより、入力されたライブ映像をMacintoshのユーザーインターフェースの中でスケーラブルな "ウィンドウ "として表示することができる。また、Macintoshは音声認識(PlainTalk)をサポートした最初のパーソナルコンピュータでもある。

DSP[編集]

AT&T製3210 Digital Signal Processorを採用し、66.7MHzで駆動している[1]。主にオーディオ/ビデオ処理の高速化を目的としたものであり、Apple GeoPort Telecom Adapter Kitでは、モデム、ファックス、テレフォニーなど、DSPを使った通信機能が多数実現した。しかしプログラミングが複雑なため、他にこれを利用しているMac用ソフトは数少ない。

筐体[編集]

先行するMacintosh Quadra 800と同様の外観である。ハウジング、シャーシ、電源装置、および内部ストレージアセンブリは同じだが、フロントパネルとリアパネルが変更され、電源ボタンが後ろに移動している[2]

拡張性[編集]

Quadra800に存在したプロセッサダイレクトスロットと2つ目のADBポートがないが、DAVスロット(NuBusスロットAに沿ったもの)と新しいGeoPortが搭載されている。メモリは4、8、16、32MBの72ピン60ns SIMMを最大128MBまで装着できる。

評価[編集]

ナショナルポストのジョナサン・シェブロー氏は1993年8月7日、Quadra 840AVとCentris 660AVは新しいSGI Indyに次いで興味深いマルチメディアコンピュータだと述べ、Appleはデスクトップマルチメディアという一大産業の誕生の最前線に立つことになった[3]

バイト誌のベン・トンプソン氏は1993年9月に、Appleとシリコングラフィックスは、オーディオとビデオの入力をその2つのMacintoshとIndyのデスクトップPCのデフォルト機能として設定した先駆者であり、「ビジネスマンのコミュニケーション方法を変えることができる」と述べた。新しいAV Macは、ゆっくりと、しかし安定した段階的なテクノロジーの更新というAppleのトレンドを打ち破る、驚くべき飛躍的な機能を備えていると語った。彼は840AVを総合的に最も速いMacintoshとしてテストし、その理由をSCSI、シリアル、イーサネット、サウンド用の専用DMAチャンネルなど、AVシリーズの「根本的に」新しいハードウェア機能にあるとしているが、SCSI DMAの性能は、System 7のレガシーアーキテクチャでは、PinkCoplandのようにマイクロカーネルベースでOSを完全に書き換えない限り、完全に失われると指摘している。また、テレコミュニケーション、Print-to-FAX、音声認識、ビデオキャプチャーなどの豊富なAV機能を試してみたが、驚くほど互換性に問題がなく、生産性が向上したことを評価している。

脚注[編集]

  1. ^ Macintosh Quadra 840AV: Technical Specifications”. support.apple.com. 2021年3月28日閲覧。
  2. ^ Apple Service Source - Macintosh Quadra 840AV”. Apple. 2021年4月6日閲覧。
  3. ^ Chevreau, Jonathan (1993年8月7日). “The multimedia frontier”. National Post (Toronto). https://www.newspapers.com/image/512821840/ 2021年3月5日閲覧。 

外部リンク[編集]