LaserWriter

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Apple LaserWriter(初号機)
LaserWriter 12/640 PS

LaserWriter(レーザーライター)はAppleが1985年から1997年まで販売していたレーザープリンターシリーズの総称、または、1985年に発売し、1988年に販売終了したPostScript変換機能付きのLaserWriter初号機[1]のことである。

1998年、スティーブ・ジョブズのApple復帰後の不採算事業の整理に伴い、Appleはディスプレイを除き、プリンターを含むMac向け周辺機器事業のほとんどから一旦は撤退した[2]

概要[編集]

  • Apple純正周辺機器として、ほとんどのLaserWriterプリンターがMac OSに標準でドライバが添付されていた。
  • オフィス向けはPostScriptに対応したプリンタが主流。
  • 一部のプリンタはWindowsでも動作する。
  • 一部のプリンタは他社製の部品も使用可能。

主な機種[編集]

Personal LaserWriter LS

個人向けモノクロレーザープリンタ[編集]

  • Personal LaserWriter LS
  • Personal LaserWriter SC
  • Personal LaserWriter NTシリーズ
  • Personal LaserWriter 300シリーズ

オフィス向けモノクロレーザープリンタ[編集]

LaserWriter Select 310
  • LaserWriter
  • LaserWriter Plus
  • LaserWriter II NTX-J
  • LaserWriter Selectシリーズ
  • LaserWriter 4/600 PS
  • LaserWriter 12/640 PS
  • LaserWriter 16/600 PS
  • LaserWriter Proシリーズ
  • LaserWriter 8500

オフィス向けカラーレーザープリンタ[編集]

  • Apple Color LaserWriter 12/600 PS(レーザエンジン:Canon LBP-ZX)[5]
  • Apple Color LaserWriter 12/660 PS(レーザエンジン:Canon LBP-ZX)

関連情報[編集]

  • ImageWriter - Apple純正のドットインパクトプリンタ
  • Color StyleWriter - Apple純正のインクジェットプリンタ
  • Symbol - 多くのOSに標準搭載となっているが、もともとはAppleが1985年に本機に搭載したフォントである

脚注[編集]

  1. ^ LaserWriter: Technical Specifications [1]
  2. ^ ジョブズがアップルに復帰したとき、真っ先に切り捨てたもの 変革には傷を負う覚悟が必要” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2020年4月7日). 2022年2月14日閲覧。
  3. ^ MACWORLD Expo/San Francisco 会場レポート 2日目”. pc.watch.impress.co.jp. 2022年2月14日閲覧。
  4. ^ Technical Note TN1112: Introducing the LaserWriter Driver Version 8.5.1”. developer.apple.com. 2022年2月14日閲覧。
  5. ^ Apple LaserWriter 16/600 PS-J - 技術仕様