Symbol

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Symbol
様式 Symbol
制作年月日 1985年

Symbol(シンボル)は PostScript標準フォントの一つであり、ギリシャ文字数学記号を集めたパイフォントである。現在ではPostScriptにとどまらず、パソコンの OS としてシェアの大きいMicrosoft WindowsMac OSmacOSに標準搭載されていることから、デファクトスタンダードとして文字集合に準じて扱われることも多い。

概要[編集]

元は PostScript Level 1(1984年)の四つの標準フォント(Core Font Set)の一つとしてCourierHelveticaTimesと並んで規定され、AppleのPostScriptプリンタ LaserWriter(1985年)で初めて実装された。

マイクロソフトMicrosoft Windows 3.xでシステムフォントとして搭載した[1]

Unicode策定時、ギリシャ文字と数学記号を表現する方法としてすでに Symbol がデファクトスタンダードになっていたことから、Unicode は Symbol に含まれる文字のうち 0x60 以外のすべての文字を取り込んだ。

一覧[編集]

1(16進)の位
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
10(16進)の位 0 未使用
1
2 SP ! # % & ( ) * + , - . /
3 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = > ?
4 Α Β Χ Δ Ε Φ Γ Η Ι ϑ Κ Λ Μ Ν Ο
5 Π Θ Ρ Σ Τ Υ ς Ω Ξ Ψ Ζ [ ] _
6 ◌̅ α β χ δ ε φ γ η ι ϕ κ λ μ ν ο
7 π θ ρ σ τ υ ϖ ω ξ ψ ζ { | } ~  
8 未使用
9
A ϒ ʹ ƒ
B ° ± ʺ × · ÷
C
D ® © ¬
E ® ©
F    
  • 60(16進)は、根号の上で伸ばす線の文字(「」で、123の上につける線)である。Unicodeの定義ではU+F8E5の外字に設定されている。合成対象はこの後ろに続く文字である。「 60(16進) 31(16進) 60(16進) 32(16進) 60(16進) 33(16進)」とすることで「」になる。
    • UnicodeにもU+0305に合成用オーバーラインはあるが、合成対象はオーバーラインの直前の文字[2]
  • 文字としては同じだが書体だけが異なるものがある。D2(16進)D3(16進)D4(16進) はセリフフォントである。E2(16進)E3(16進)E4(16進)はサンセリフフォントである。この3文字はUnicodeでは区別されない。
  • Appleの製品では、F0(16進) はアップルのロゴマークとして定義されている。

出典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Microsoftのシンボルフォントの1.00バージョン
  2. ^ フォントによって実装が異なる。「メイリオ」などSymbol同様に合成対象が後ろ側の文字になっているものがある。