私用面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

私用面(しようめん)は、追加面の一つで、

をいう。

概要[編集]

Unicodeでは、当事者間の私的な合意によって文字(外字)を定義できる私用領域: Private Use Area, PUA)が用意されている。規格としては、この範囲にいかなる文字も規定していない。私用領域の内容を定義するものとしてはISOユニコードコンソーシアム以外の個人組織およびソフトウェアベンダが想定されている。私用領域に定義された文字を「私用文字」という。私用領域としては、基本多言語面のU+E000 ~ U+F8FF (57344–63743) と第15面及び第16面(U+F0000 ~ U+10FFFF)が用意されている。このうち、私用領域だけに使われる面(すなわち、第15面及び第16面)を私用面という。

ISO/IEC 10646では、2002年の改訂までこの他に第0群第224~255面(E00000 ~ FFFFFF)と第96~127群(60000000 ~ 7FFFFFFF)が私用領域とされており、これらに含まれる面も私用面であった。

符号化[編集]

私用面は、2バイト固定長方式のUCS-2では使用することが出来ず、UTF-8UTF-16UTF-32のいずれの符号化方式でも4バイトで符号化される。UTF-16ではサロゲートペア(代用対)を使う必要がある。

関連項目[編集]