ISO/IEC 8859-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ISO 8859-11は8ビットの文字コードで、ISO 8859標準の一部である。タイ語で使われる文字をカバーする。1999年にISO 8859標準へ追加された。タイの国家標準TIS-620 (1990年) とほとんど同じであり、ISO 8859-11は16進値 A0 にノーブレークスペースを定義しているのに対し、TIS-620は未定義のまま残しているという点のみが違う (現実には、この小さな違いは通常無視される)。

ISO-8859-11ISO 8859シリーズに基づくIANAキャラクタセットの通常のパターンに従っているが、登録されたIANAキャラクタセット名ではない。しかしながら、同等に近いTIS-620 (ノーブレークスペースが欠けている) がIANAにより登録されている。

マイクロソフトのWindowsコードページ874もタイ語版のApple Macintoshで使われるコードページもTIS-620の拡張である — しかしながら、互いに互換性はない。

ISO 8859の他の全種類と同様、下位128の符号はASCIIと等価である。追加の文字はUnicodeにも同じ順序で登録されており、A1からU+0E01へ (以下同様) シフトしているだけである。

ISO/IEC 8859-11
x0 x1 x2 x3 x4 x5 x6 x7 x8 x9 xA xB xC xD xE xF
0x 未使用
1x
2x SP ! " # $ % & ' ( ) * + , - . /
3x 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = > ?
4x @ A B C D E F G H I J K L M N O
5x P Q R S T U V W X Y Z [ \ ] ^ _
6x ` a b c d e f g h i j k l m n o
7x p q r s t u v w x y z { | } ~  
8x 未使用
9x
Ax NBSP
Bx
Cx
Dx  ั  ิ  ี  ึ  ื  ุ  ู  ฺ         ฿
Ex  ็  ่  ้  ๊  ๋  ์  ํ  ๎
Fx        
すべての文字を見るには文字サイズをおよそ200%に設定する必要がある。

上記の表では、20は通常のSPACE文字で、A0はNO-BREAK SPACEである。

  • 符号値 00-1F, 7F, 80-9F, DB-DE および FC-FF には、ISO/IEC 8859-11では文字が割り当てられていない
  • 符号値 D1, D4-DA, E7-EE は結合文字 (en) である。

外部リンク[編集]