B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Bb Bb
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Bは、ラテン文字アルファベット)の2番目の文字。ギリシャ文字Β(ベータ)に由来する。小文字は bキリル文字БВと同系である[1]

字形[編集]

大きく分けて2つの字形が使われる。

  1. 縦線の右に半円を縦に2つ続けた形で、大文字に使われる。
  2. 縦線の下部に右に円ないし半円を1つ付けた形で、小文字に使われる。

またフラクトゥールではのようである。

呼称[編集]

音価[編集]

この文字が表す音素 /b/音価は、有声両唇閉鎖音 [b] ないし、その類似の両唇音である。

  • ドイツ語では語末や無声子音の前で無声化するが、DGとは異なり、日本語風には[h](直前がa/aa/ah ([a(ː)]))・「[h](直前がo/oo/oh ([o(ː)]))および「[ɸ](直前がu/uu/uh ([u(ː)])/l/i/ii/ih/ie ([i(ː)])など)・「へ」[h](直前がe/ee/eh ([e(ː)]))の各各の頭子音で発音したり、ä/äh/ää/ö/öh/ööの直後で[h]で発音するのは大間違いで、それらをすべて半濁音化して「」・「」・「」・「」の頭子音[p]発音する (siebzehn, halb, ab, gehabt, grobなど)。
  • フランス語では語尾の b を黙字とする。
  • 英語でも語尾 mb のように b が黙字となる例がある (bombなど)。
  • スペイン語の音素 /b/ は、語頭では [b] であるが、語頭以外では弱化して有声両唇摩擦音 [β] で発音される。
  • 中国語やその方言ピンインでは無気無声両唇破裂音[p] を表す。
  • 中国南方の方言では、広東省教育部門式の広東語ローマ字のように音節頭では無気無声両唇閉鎖音の [p] を表すが、音節末では両唇内破音 [p̚] を表す例もある。
  • マレー語では音節頭では有声両唇閉鎖音[b] を表すが、音節末での実際の発音は両唇内破音 [p̚] である[2]
  • ベトナム語では入破音[ɓ] または声門閉鎖音有声両唇閉鎖音を同時に発音する [ʔb] を表す。
  • チワン語では、上記のベトナム語と同じ発音は mb と表記し、b は中国語と同じく無気無声両唇破裂音[p] を表す。
  • 日本語のローマ字表記では訓令式、ヘボン式共にバ行(ハ行濁音)の子音に用いられる。
  • 朝鮮語のローマ字表記である文化観光部2000年式では有声音、無声音に関わらず初声のに用いられる。マッキューン=ライシャワー式では有声で発音されるㅂに用いられる。

Bの意味[編集]

学術的な記号・単位[編集]

  • ホウ素(硼素)の元素記号
  • 素粒子の一つボトム(もしくはビューティー)クォークの略号、b。
  • 中間子の一つ、B中間子
  • B言語プログラミング言語の一種)
  • 任意の N > 11 に対するN進数において、十一十進数11)を一で表すために用いられる。
  • ABO式血液型の一つ。B型。
  • 数学では一般に既知の数、集合、行列等を示す、Aに次ぐ文字として用いられる。
  • b関数英語版
  • ティッツ系におけるボレル部分群
  • 大文字でボレル部分群、フラクトゥール小文字でボレル部分環
  • 大文字で有界作用素の空間
  • 大文字で(コ)バウンダリのなす部分加群
  • 圧力の単位バールを表す記号(小文字)。現在ではパスカル(記号は Pa、100 000 Pa = 1 b)が使われる。
  • コンピュータの情報処理単位バイトを差す記号。Byteの頭文字を取った記号。
  • コンピュータの情報処理単位ビットを差す記号。Bitの頭文字を取った記号。主に記録密度(bpiなど)や転送容量(bps)の単位として使われ、バイトと区別するために、小文字の b で表記されることが多い。
  • 電気工学や振動・音響工学などで使用される単位ベル。基準電力に対する比の常用対数。通常はベル (B) ではなく、その10分の1のデシベル (dB) が用いられる。
  • 光の三原色RGBのうち (Blue)。
  • トランジスタの端子の一つ。ベース (Base)。
  • 洋楽で用いられる音名の一つ(英米式、独式)。英米式のBは、イタリア式では「si」、日本式では「」に相当し、また独式のBは、イタリア式の「si bemolle」、日本式の「変ロ」、中国式の「降B」に相当する(ドイツ語で日本の「ロ」に当たる文字はH)。尚、音楽の「シャープ」、「フラット」、「ナチュラル」の変化記号はこの文字に由来する。DTMでは、フォントの関係から、♭記号を小文字のbで代用することがある(その場合、音名のB(シ)は必ず大文字で表記される)。→ロ (音名)変ロ
  • Bモード超音波検査における、検査方法方法の一つ。
  • 電磁気学の分野では磁束密度を表す。
  • ケッペンの気候区分乾燥帯亜熱帯)を表すB

その他の記号[編集]

番組・作品名[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
B U+0042 1-3-34 B
B
b U+0062 1-3-66 b
b
半角
U+FF22 1-3-34 B
B
U+FF42 1-3-66 b
b
全角
U+24B7 Ⓑ
Ⓑ
U+24D1 1-12-34 ⓑ
ⓑ
丸囲み
🄑 U+1F111 🄑
🄑
U+249D ⒝
⒝
括弧付き
U+1D2E ᴮ
ᴮ
U+1D47 ᵇ
ᵇ
上付き文字
𝐁 U+1D401 𝐁
𝐁
𝐛 U+1D41B 𝐛
𝐛
太字
𝐵 U+1D435 𝐵
𝐵
𝑏 U+1D44F 𝑏
𝑏
イタリック体
𝑩 U+1D469 𝑩
𝑩
𝒃 U+1D483 𝒃
𝒃
イタリック体太字
U+212C ℬ
ℬ
𝒷 U+1D4B7 𝒷
𝒷
筆記体
𝓑 U+1D4D1 𝓑
𝓑
𝓫 U+1D4EB 𝓫
𝓫
筆記体太字
𝔅 U+1D505 𝔅
𝔅
𝔟 U+1D51F 𝔟
𝔟
フラクトゥール
𝔹 U+1D539 𝔹
𝔹
𝕓 U+1D553 𝕓
𝕓
黒板太字
𝕭 U+1D56D 𝕭
𝕭
𝖇 U+1D587 𝖇
𝖇
フラクトゥール太字
𝖡 U+1D5A1 𝖡
𝖡
𝖻 U+1D5BB 𝖻
𝖻
サンセリフ
𝗕 U+1D5D5 𝗕
𝗕
𝗯 U+1D5EF 𝗯
𝗯
サンセリフ太字
𝘉 U+1D609 𝘉
𝘉
𝘣 U+1D623 𝘣
𝘣
サンセリフイタリック
𝘽 U+1D63D 𝘽
𝘽
𝙗 U+1D657 𝙗
𝙗
サンセリフイタリック太字
𝙱 U+1D671 𝙱
𝙱
𝚋 U+1D68B 𝚋
𝚋
等幅フォント
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ʙ U+0299 ʙ
ʙ
LATIN LETTER SMALL CAPITAL B
🄱 U+1F131 🄱
🄱
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER B
🅑 U+1F151 🅑
🅑
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER B
🅱 U+1F171 🅱
🅱
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER B

他の表現法[編集]

フォネティックコード モールス符号
Bravo -・・・
ICS Bravo.svg Semaphore Bravo.svg ⠃
信号旗 手旗信号 点字

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キリル文字で大文字が同じ形なのはВであるが、この字の発音は[v]であり、ラテン文字のBに相当する発音[b]のキリル文字はБである。
  2. ^ 小野沢純、『基礎マレーシア語』、p xv、1996年、大学書林、ISBN 4-475-01051-9

関連項目[編集]