二等車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二等車(にとうしゃ)(英語名:Second Class Car)とは、鉄道事業者が自社の保有する旅客用車両等級を分ける際に使用している区分の一つ。

日本[編集]

日本の旅客列車用の車両に存在した運賃および車両区分。時期により以下の二つに分類される。主に日本国有鉄道およびその前身組織の制度について記述するが、かつては、私鉄においても設定されていた。

3等級制時代の二等車(1960年以前)[編集]

明治時代以来の3等級制下における、中間級車両。それ以前の中等車に該当。

  • 車体表記・形式記号は
  • 側面窓下に青帯の塗装とローマ数字の「II」、さらに1950年代以降は客用扉の横に「2」の標記がなされていた。
  • 特別二等車出現前の二等車の座席は、シートピッチが大きく奥行きの深い固定クロスシートないしは転換クロスシートが基本であったが、車両限界が狭かった大正時代中期までは車内のスペースを広く使えることから、ロングシートが主流であった。
  • なお1950年以降に、新造および木造車両の鋼体化改造によって、自在腰掛(リクライニングシート)を装備した車両を特別二等車(とくべつにとうしゃ、略称「特ロ」)と称し、一般形二等車(同「並」ロ)と区別した。なお、特別二等車の料金制度は1958年10月1日に廃止され、「特ロ」は二等指定席車、「並ロ」は二等自由席車となった。
  • 1960年6月1日の2等級制移行に伴う称号改正で一等車となった。更に1969年5月10日モノクラス制移行後は、グリーン車となる。

2等級制時代の二等車(1960年 - 1969年)[編集]

1960年以降の2等級制時代における下位級の車両。1960年以前の三等車。明治時代における下等車に該当。

  • 車体表記・形式記号は。旧3等級制時代にみられた側面窓下の等級をあらわす記号は廃止された。
  • 1969年のモノクラス制移行後、普通車となる。

等級制時代(1969年以前)の運賃・料金[編集]

一等車の項参照。

ヨーロッパ[編集]

ヨーロッパの鉄道では、2等級制が取られているため、下位級の車両、現在の日本における普通車に相当する。

参考文献[編集]

  • 中村光司「旧形客車の青帯車あれこれ 並ロの戦後史」
電気車研究会『鉄道ピクトリアル』2006年5月号 No.775 P.48 - P.57