U

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Uu Uu
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Uは、ラテン文字アルファベット)の 21 番目の文字。小文字は uVWYとともにギリシャ文字Υ(ウプシロン)に由来し、キリル文字Уに相当する。Υ(ウプシロン)の別形に由来するFとも同系といえる。元来のラテン語字母には存在しない文字であり、中世になって、それまで/u//w/の両方を表していたVから、/u/を表すために分離した文字である(V#歴史参照)。

字形[編集]

Vの下部を丸めた形であり、下半円の両端から上にまっすぐ直線をのばした形である。小文字や大文字の筆記体では、右の直線を下にも延ばして、ベースラインに達する。その手前で右に曲がることがある。フラクトゥール。フラクトゥールの筆記体では、小文字の下部をとがらせるため、区別のためにŭのように上に下半円を書く。

呼称[編集]

音素[編集]

この文字が表す音素は、/u/ないしその類似音である。

  • フランス語、オランダ語では唇を丸めてイと発音する音/y/円唇前舌狭母音、ドイツ語のüとほぼ同じ)。フランス語は発音する母音の前ではその半母音/ɥ/(IPA) = /H/(X-SAMPA)である。/u/を表すには、フランス語はou, オランダ語はoeと表記する。フランス語の正書法に近づけた発音表記では、IPA の [y] をあらわすことがある。そのとき、IPA の [u]/ɯ/ であらわされる。
  • フランス語・イタリア語・スペイン語では、[w]/u/の異音である。
  • 英語では大母音推移の結果、強勢(アクセント)が置かれる場合、長母音では「ユー」、短母音では鋭い「ア」(やや前進した非円唇後舌広半母音)となる。ただし後者は、読みにくさをさけるためにoと書かれるようになったものがある。唇音の直後では円唇後舌広め狭母音で読まれることが多い。また、まれに「イ」と読まれる。語末には出現しない。
  • 音声記号としては、小文字は「円唇後舌狭母音」をあらわす。

U の意味[編集]

大文字[編集]

小文字[編集]

通用[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U U+0055 1-3-53 U
U
u U+0075 1-3-85 u
u
U+FF35 1-3-53 U
U
U+FF55 1-3-85 u
u
全角
U+24CA Ⓤ
Ⓤ
U+24E4 1-12-53 ⓤ
ⓤ
丸囲み
🄤 U+1F124 🄤
🄤
U+24B0 ⒰
⒰
括弧付き

他の表現法[編集]

フォネティックコード モールス符号
Uniform ・・-
ICS Uniform.svg Semaphore Uniform.svg ⠥
信号旗 手旗信号 点字

ダイアクリティカルマーク付き文字[編集]