出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

は、ハングルを構成する母音字母のひとつ。 呼称は)。18番目の字母(母音字母としては4番目)である。始めと終わりで音色の異なる二重母音字。

音声[編集]

母音//[i]の構えから//[ʌ][ɘː])を調音したときに生じる音。単独で発音した場合、硬口蓋半母音[j]による[jʌ]または[jɘː]である。子音字母につけられる場合は、i系の上昇二重母音を表すが、朝鮮語で/i/の要素は後続母音よりも前の子音のほうに強く働き、子音を口蓋化させる役割を果たす。

沿革[編集]

訓民正音』の中声字において天を象る「」2つと人を象る「」とによって構成され、が内(左側)に置かれていることにより地から始まる陰母音の再出字(が二つの字)に分類される。

その名称は『訓蒙字会』(1527年)でヨ(、余)とされた。

造字[編集]

中性母音の字母と組み合わさって [je]が作られる( + )。

ラテン文字転写[編集]

文化観光部2000年式ではyeoマッキューン=ライシャワー式ではと表記される。

文字コード[編集]

Unicodeにおける文字コード
名称 種類 コード HTML実体参照コード 表示
HANGUL LETTER YEO 単体 U+3155 ㅕ
HANGUL JUNGSEONG YEO 中声用 U+1167 ᅧ