出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

は、ハングルを構成する子音字母のひとつ。 11番目の字母。キウ키읔)と呼称される。

音声[編集]

後舌を軟口蓋に密着させて閉鎖を作り、一旦、空気の流れを完全に塞いだ後、一気に開放することによって作り出される軟口蓋破裂音の一種を表す。朝鮮語の破裂音には帯気するかそうでないか、喉頭緊張(テンス)を伴うかそうでないかによって三系統が存在する。この字母は帯気を伴う激音を表しており、音素記号は/kʰ/などで表される。

初声では有気無声軟口蓋破裂音[kʰ]で発音される。

語末や無声子音の前の終声では、閉鎖したまま開放しない内破音[ k̚]、つまり終声の//で発音される。ただし、終声に母音が続く場合は初声化するので有気の無声軟口蓋破裂音[kʰ]となる。

音価 終声字 複合終声字
, ,
, , , , , ,    
, (),
, , , , ()  
,  
 
   

漢字音でこれが現れることは非常に少なく、教育用基礎漢字では快(쾌)のみである。また、固有語でも現れることはそれほど多くなく、この字母を含む言葉は外来語が多い。また、終声でこれが現れることも非常に少なく、부엌(台所)と녘(~の方)があるくらいである。

訓民正音[編集]

訓民正音初声体系では次清牙音に分類されており、その字形は『訓民正音解例』制字解によると筆画を加えて作った加画字とされる。と同様に、縦線が左に流れて「ヲ」のようになることがある。

訓蒙字会』(1527年)では初声独用8字に含まれており、、箕)と名付けられていた。キウという名称は1933年朝鮮語綴字法統一案で名付けられた。

ラテン文字転写[編集]

文化観光部2000年式ではkマッキューン=ライシャワー式ではk'と表記される。終声はどちらの方式でもkと表記される。

文字コード[編集]

Unicodeにおける文字コード
名称 用途 コード HTML実体参照コード 表示
HANGUL LETTER KHIEUKH 単体 U+314B ㅋ
HANGUL CHOSEONG KHIEUKH 初声用 U+110F ᄏ
HANGUL JONGSEONG KHIEUKH 終声用 U+11BF ᆿ

その他[編集]

韓国ネットコミュニティ上では、笑いを表現する際に ㅋ がよく使用されている。これは、くすくす笑う姿を意味する"킥킥"の省略体であり、日本国内における w ("warai"の略)や (笑) と同様である。