パッチム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パッチム
各種表記
ハングル 받침
漢字
発音 パッチ
2000年式
MR式
batchim
patch'im
テンプレートを表示

パッチム받침、patchim)とは、ハングルにおいて〈子音+母音+子音〉などで構成される音節(閉音節)で最後の音をあらわす子音または子音字母終声とも呼ばれる。

概要[編集]

朝鮮語では、子音は、一音節のなかで母音の前後にくることができる。二重子音を含む19の子音はすべて母音の前におくことができるが、, , をのぞく16の子音は母音の後ろにくることができる。たとえば、

  • 、kim)のm音""
  • 、pak)のk音""

などである。このように、母音の後にきて音節の最後の音を構成する子音を「パッチム」と呼ぶ。パッチムには、朝鮮語で「支えるもの」「下敷き」の意味があり、上記の例でいえば (ki) の下の位置に (m)、 (pa) の下位に (k) の音素を表記して全体として1音節をあらわす。

パッチムをとる音節は、閉音節である。閉音節には、次のような種類がある。

  • 母音+子音
    • [an](中)
  • 半母音+母音+子音
    • [waŋ](王)
  • 子音+母音+子音
    • [kil](道)
  • 子音+半母音+母音+子音
    • [kwaŋ](光沢)

パッチムには、 (k)、 (n)、 (t)、 (l)、 (m)、 (p)、 (ng) の7つの音価がある。

朝鮮語で語中・語尾の「ク」「ル」「ム」「プ」と表現される音は、後に母音を伴わないパッチムであることが多い(例: ソウ)。

発音[編集]

パッチムをとる子音は16個 () あり、二重子音11個をふくめると27個にのぼるが、発音は7通りだけである。発音欄の ̚ は、内破音を表す国際音声記号 (IPA) の補助記号である。

子音 二重子音 発音
(g/k), (k), (kk) (gs), (lg) [k̚]
(n) (nj), (nh) [n]
(d/t), (s), (ss), (j), (ch), (t), (h) [t̚]
(l) (ls), (lt), (lh), { (lb)} [ɭ]
(m) (lm) [m]
(b/p), (p) (bs), (lp), { (lb)} [p̚]
(ng) [ŋ]
二重パッチム

ㄳ、ㄵ、ㄶ、ㄺ、ㄻ、ㄼ、ㄽ、ㄾ、ㄿ、ㅀ、ㅄの11個を二重パッチムと呼ぶ。

後に母音が続く場合,パッチムは,原則としてそのまま発音される(例: "젊은"→/절믄/,"앉아"→/안자/)が,例外的にㄶ・ㅀは,ㅎが無音化される(例: "않아"→/아나/,"잃은"→/이른/)。

後に子音の続く場合及び語末の場合,南北の標準発音によれば,ㄳ、ㄵ、ㄶ、ㄽ、ㄾ、ㅀ、ㅄについては左側の子音、ㄻ、ㄿ、ㄺについては右側の子音を発音する。ㄼは南北で標準発音が異なり,南(韓国)では,左側のを発音することを原則(例: "넓다"→널따, "여덟"→/여덜/)とし、形容詞「넓다」の語幹が複合語を形成する場合や動詞「밟다」の活用形では右側のㅂを発音する(例: "넓죽하다"→넙쭈카다, "밟다"→/밥ː따/)。これに対し,北(朝鮮)では,右側のㅂを発音することを原則とし(例: "넓다"→넙따, "밟다"→/밥따/),形容詞の後にㄱが来る場合や名詞「여덟」では左側のㄹを発音する(例: "넓고"→널꼬, "여덟"→/여덜/)。

これらを整理すると次の通りとなる。

  1. 後に子音が続くとき及び語末
    1. ㄷ音 (ㄷ、ㅅ、ㅈ、ㅌ、ㅎ) がある場合は、それを発音しない。ㄳ→ㄱ,ㄵ・ㄶ→ㄴ,ㄽ・ㄾ・ㅀ→ㄹ,ㅄ→ㅂ。
    2. ㄷ音がなくㄹ音がある場合は、それを発音しない。ㄻ→ㅁ,ㄿ→ㅂ,ㄺ→ㄱ,(ㄼ→ㅂ)。
    3. ただし、ㄼはㄹと発音する語とㅂと発音する語がある。詳細は先述の通りである。
    4. また,ㄺの後にㄱ が続く場合は、ㄹをパッチムとして発音し 次のㄱが濃音化する。ㄺ+ㄱ→ㄹ+ㄲ。
  2. 後に母音が続くとき
    1. 原則として二重パッチムの左側の子音をパッチムとして発音し、右側の子音は初声化する。(例:젊은→절믄)
    2. 但し,中間に形態部の境界があるときは,語末と同様に発音されるいわゆる絶音現象が起こる。(例:넋없다[넉업따→너겁따])
  3. 前に二重パッチムが来るとき
    1. パッチム ㄶ、ㅀの後に子音が続く場合は次の子音が激音化する。(例:잃다→일타)
    2. それ以外の二重パッチムの後に子音が続く場合は次の子音が濃音化する。(例:앉다→안따, 핥다→할따)

パッチムにともなう発音の変化[編集]

有声音化[編集]

パッチム""、""、""、""および母音の直後の [ k・t・p・ch ] の音は、それぞれ有声音(濁った発音)となって [ g・d・b・dj ] の音で発音する。

用言の活用形でパッチムのㄹにㄱ、ㄷ、ㅈが後続する場合も後続音が有声音化される。

連音化(終声の初声化)[編集]

パッチムの直後に無音の子音 ""が来ると、パッチムの音が(次の音節の初声の位置)に移って連音化する。たとえば、금연(禁煙)では금 (keum) のパッチム"" (m) と연 (yeon) の"" (yeo) が合成されて [myeo] 音となり、発音が그면 (keu myeon) となる。二重パッチムの時は、右側の音(ㄺのㄱなど)がㅇに移って連音化する。ただし、ㄱ・ㄷ・ㅂ・ㅈ・ㄵ・ㄺ・ㄼの時は前述の有声音化、ㄳ・ㅄの時は後述の濃音化、ㅎ・ㄶ・ㅀの時は後述のの無音化を伴う。

その他[編集]

濃音化

子音は、前のパッチムに影響されると詰まった音(硬音)になる場合があり、これを「濃音化」と称する。濃音化されると、語中でも子音は濁らない。は、の音の直後にくると基本的に濃音化される。

  • 국밥 [kugbab → kugβab] (クッパ)

従って、二重パッチムのㄳとㅄが連音化するときは、連音化したㅅが濃音化されるため、実質的にㅆの音が次の音節の初声の位置に来ることになる。

用言の活用形でパッチムのㄴ、ㄵ、ㄺ、ㄼ、ㄾ、ㅁ、ㄻにㄱ、ㄷ、ㅈが後続する場合は後続音が濃音化される。また未来連体形のㄹにㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅅ、ㅈが後続する場合も濃音化される。

激音化

子音字母 はその前後の子音を激音に変化させて発音されることがあり、これを「激音化」と称する。音、音、音、音のパッチムの後にがつづくと、それぞれ、音、音、音、音で発音される。

  • 입학 [ibhag → ibpag] (入学)

また逆に、ㅎパッチム(二重パッチムのㄶ、ㅀのㅎを含む)の後にㄱ、ㄷ、ㅈが続いた時も、激音化してそれぞれㅋ、ㅌ、ㅊの音で発音される(実際上、ㅎパッチムの後にㅂが来ることはない)。

ㅎの弱化・無音化

子音字母 は、語頭以外での発音は微弱であり、ほとんど意識されない(ㅎの弱化)。その結果、直前のパッチムと連音化されることがある。特にㅎパッチム(ㄶ、ㅀのㅎを含む)に関しては、直後にㅇが来てもㅎが前述の連音化を起こすのではなく無音となる(ㅎの無音化)。従って二重パッチムのㄶとㅀが連音化するときは、実質的に左側の音であるㄴ、ㄹが次の音節の初声の位置に来ることになる。結局、ㅎパッチムは前述の激音化は起こしてもㅎの本来の初声の音で発音されることはなく、ㄶとㅀのㅎに関しても、発音上ㅎが本来の初声の音で発音されるというよりも前述の激音化の効果しか持たない。その激音化を表現するために便宜上ㅎをパッチムに利用しているだけと言える。

口蓋音化

パッチムが続くと、音は音に、音は音に変化する。パッチムが続いた場合は、前述の激音化もあるので音に変化する。

舌側音化

パッチムおよびその直後につづく子音がのとき、あるいはのとき、いずれも音で発音される。

鼻音化
  • 音、音、音、音、音のパッチムに子音がつづくと、(n)の音で発音される。このとき、音、音、音のパッチムは、それぞれ、と変化する(音と音は変化しない)。
ㄴ添加

パッチムの後にがくるとき、(n)音が添加され、のように発音されることがある。詳細はリエゾン#朝鮮語を参照。

パッチムと助詞[編集]

朝鮮語は、言語形態論上の分類では膠着語に属しており、日本語の「てにをは」に相当する助詞によって単語をつなげてセンテンスを構成していくが、パッチムの有無によって用いられる助詞が異なる場合がある。

機能 主格 主格 所有 目的 対象 対象 同格 羅列 手段 場所
日本語 助詞 (人)に (もの)に で・から
朝鮮語 助詞(パッチムなしのとき) 에게/
한테
에서
助詞(パッチムありのとき) 으로

主格、目的、羅列、手段をあらわす場合は、パッチムの有無によって用いる助詞が変化する。

日本語のハングル表記とパッチム[編集]

「田園都市線」の部分のハングルは基本の表記とは異なる(所謂「通用表記」)。

日本語をハングル表記する際には、促音撥音をあらわすのに、パッチムを用いる。

促音

日本語の促音「」はをパッチムとして表記する。

撥音

日本語の撥音「」はをパッチムとして表記する。

ただし、「ん」の次の文字がア行である等、ハングル表記時に母音がない場合にㄴの代わりにをパッチムとして表記する場合もある。(→日本語のハングル表記#通用される表記

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 木内明『韓国語文法トレーニング』高橋書店、2010年3月。ISBN 4-471-11270-8

外部リンク[編集]