出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

は、ハングルを構成する子音字母のひとつ。 現在は使用されない古いハングル字母であり、を重ねて作られている。呼称はサンヒウッ쌍히읗)。/ㅎ/[h]硬音を表したと推定されている。世祖以後(15世紀中葉)には表記法の変化により使用されなくなった。

音韻[編集]

訓民正音初声体系の全濁喉音に入れられている。ここでいう全濁は朝鮮語では濁音(有声音)ではなく、当時においても硬音であったと考えられており、この字母は喉音/ㅎ/の硬音を表したと推定される。ただし、その現れる条件は限られており、必ず// [jə]の前で使われ、ㆅㅕという語幹をもつ動詞としてのみ存在した。『円覚経諺解』(1465年)以降の正書法では単にで表記されたが、その音価は残っていたと考えられ、17世紀の文献にはを使ってᄻㅕと記述された例が見られる。その後、//[s']または//[kʰ]へと音韻変化した。

字形[編集]

『訓民正音解例』制字解に、全清字を各自並書(同じ字母の並書)すると全濁となるが、喉音のみは次清字を並書したとある。その理由は全清字のは声が深くて凝ずることができなく、の方が声が浅くて凝ずることができるからだという。

文字コード[編集]

Unicodeにおける文字コード
名称 種類 コード HTML実体参照コード 表示
HANGUL LETTER SSANGHIEUH 単体字 U+3185 ㆅ
HANGUL CHOSEONG SSANGHIEUH 初声用 U+1158 ᅘ