Ŭ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ŭŭ Ŭŭ
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

ŬŭはUにブレーヴェを付した文字である。 エスペラントベラルーシ語ラテン文字表記法(ラツィンカ)で使われる。

エスペラントでは「ウォー」と呼び26番目(UVの間)の文字であり、日本語のわ行の音を表す。音価は/w/。主に母音の後におかれ、特に語末に -aŭ のあるものは、基本的な副詞であることが多い。英文タイプライターなどで表示できないときはH-方式でU(u)、X-方式でUx(ux)と代用表記する。

HTML文書やwiki等を書くときに用いられる実体参照は大文字がŬ、小文字がŭとなる。詳しくはHelp:特殊文字を参照のこと。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ŭ U+016C 1-10-62 Ŭ
Ŭ
ŭ U+016D 1-10-68 ŭ
ŭ

関連項目[編集]