Ŭ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ŭŭ Ŭŭ
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

ŬŭはUにブレーヴェを付した文字である。

エスペラント語[編集]

Uから派生した「ウォー」(ŭo) という名前の26番目(UとVの間)の文字であり、音価は /u̯/(つまり、子音扱いでこれのみでは音節となれず、アクセント位置にもならない)。

二重母音のŬ[編集]

母音の直後にのみ用いる。I から派生した J と同様に、この文字は U の異音を表しており、語根の au、eu という綴りにおいて u はこの音で発音し、aŭ、eŭ と表す。例外は主に非ヨーロッパ語からの借用語や固有名詞である。-aŭ で終わる語根は基本的な副詞であることが多い。

子音のŬ[編集]

エスペラントの基礎』によれば、二重母音の一部ではなく通常の子音として用いる例外は、文字名(ŭo)と擬音語のみである。借用語や固有名詞を含めて Ŭ で始まる言葉はごくわずかであり、擬音語を除けばいずれも U や V で置き換えられた正式な単語がある。

代用表記[編集]

英文タイプライターや文字コードの対応問題などで表示できないときは、単に U/u とする(H-方式)か、Ux/ux(X-方式)と表記する。 あまり用いられないものの、Wやほかのダイアクリティカルマーク付き文字(úùûũůǔū)を代わりにする方法もある。

その他の言語[編集]

以下の言語ではラテン語表記においてŬが使われることがある。

ブレーヴェは、ラテン語で短い母音をマークするために使用されることがある( 例:stătŭs(単数)、stătūs(複数))

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ŭ U+016C 1-10-62 Ŭ
Ŭ
ŭ U+016D 1-10-68 ŭ
ŭ

詳しくはHelp:特殊文字を参照のこと。

その他の文字コード[編集]

点字 モールス符号
Braille Ò.svg ・・--

関連項目[編集]