V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Vv Vv
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Vは、ラテン文字アルファベット)の22番目の文字。小文字は vU, W, Yとともにギリシャ文字Υ(ウプシロン)に由来し、キリル文字Уは同系の文字である。Υ(ウプシロン)の別形に由来するFとも同系といえる。

キリル文字のВは、発音の上では同類の文字だが、成りたちは異なる(こちらはギリシャ文字のΒに由来)。

字形[編集]

下で屈曲したひと連なりの線であり、2本の線分である。大文字と小文字で同じ形である。筆記体では下部が丸まることがあるが、Uないしuとの区別のため、右上で下に折り返して次の字に進む。フラクトゥール

呼称[編集]

音素[編集]

この文字が表す音声は、

歴史[編集]

Vは、本来ラテン語における半母音/w/音素を表す文字である。古代のラテン文字にはUが存在せず、Vの文字は/w/とともに母音/u/を表す文字としても用いられていた(例: AVGVSTVSBVLGARI)。

Uの文字は、/u/の発音を/w/と書き分けるために、Vの小文字体をもとに中世ロマンス語において初めて登場し、やがてラテン語文献も遡って区別が行われるようになる。この表記は当初は大文字は下のとがったV、小文字は早く書くために下の丸いuだった。

ゲルマン語には、/w/ と別にラテン語にない /v/という音素が存在しており、母音/u/を表す文字として U が定着した結果、V の文字が/v/音を表すようになった。

さらに英語などでは/w/を表す文字として V(U) を二つ重ねて新たに W が作られた。ゲルマン語の一派である中世高地ドイツ語では/v/を表す文字としてWが使われていたが、同時にドイツ語からは/w/の音素が失われて V も /v/ で発音するようになり、さらに/f/の音素で発音する変化が起こった。同一の現象はドイツ語に近いオランダ語でもみられる。

日本語ではラテン語と同じく /w/ の音素はあるが /v/ がなかったため、近代英語などにおいて V で表される /v/ の音素を様々に音写している(この点についての詳細は、の記事を参照)。

V の意味・用法[編集]

主に大文字[編集]

主に小文字[編集]

大文字・小文字[編集]

  • 単位接頭辞 - いずれもジム・ブロワーズ (Jim Blowers) の提案。
    • V = 1033 = ベンダカ (vendeka) または ブンダ (vunda)
    • v = 10−33 = ベンデコ (vendeko) または ブンクト (vunkto)

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
V U+0056 1-3-54 V
V
v U+0076 1-3-86 v
v
U+FF36 1-3-54 V
V
U+FF56 1-3-86 v
v
全角
U+24CB Ⓥ
Ⓥ
U+24E5 1-12-54 ⓥ
ⓥ
丸囲み
🄥 U+1F125 🄥
🄥
U+24B1 ⒱
⒱
括弧付き

他の表現法[編集]

フォネティックコード モールス符号
Victor ・・・-
ICS Victor.svg Semaphore Victor.svg ⠧
信号旗 手旗信号 点字

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徐琳ほか、『傈僳語簡志』p126、1986年、民族出版社、北京
  2. ^ 韋景雲、覃祥周、『壮語基礎教程』p29、2008年、中央民族大学出版社、北京、ISBN 978-7-81108-475-7
  3. ^ 王輔世、『苗語簡志』pp146-147、1985年、民族出版社、北京
  4. ^ 徐琳、趙衍蓀、『白語簡志』p135、1984年、民族出版社、北京
  5. ^ 李永燧、『哈尼語語法』p14、1990年、民族出版社、北京、ISBN 710500648X

関連項目[編集]