Vii

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Vii(威力棒)
SportVii.jpg
メーカー kensington(京仕敦)
種別 据置型ゲーム機
世代 第7世代
発売日 中華人民共和国の旗 2007年12月
日本の旗 2008年
対応メディア 12種類のゲーム内蔵付属のロムカートリッジ
コントローラ入力 Wiiリモコンに似たハード
売上台数 世界 30万台
テンプレートを表示

Vii(威力棒)はkensington(京仕敦)製造とされ、2007年12月に中華人民共和国で発売されたゲーム機。2008年にV-Sportsに名前を変えて日本でも発売された。ただし、日本版のものは元祖Viiとは形が異なるものとなっている。製品名や本体およびコントローラーの形状などが2006年任天堂が発売したWiiに酷似している。

概要[編集]

価格は約986(当時のレートで約1万5000)。実売価格としては7980円で購入可能。製品名や本体の外見、リモコン型コントローラを使用するアイディアなどが任天堂のゲーム機であるWiiと酷似している[1]。Vii本体の重さは約400g。

画質は荒く、遊べるゲームソフトは内蔵されている12種類(日本版は11種類)と元からViiの箱に入っているロムカートリッジのみで、インターネットには対応していない[2][3]

ゲームソフト[編集]

内蔵[編集]

  • ハッピーテニス
  • 釣りゲーム
  • フィーバーダンス(ダンスダンスレボリューションのクローン)
  • パークゴルフ(パターゴルフ)
  • 卓球
  • ボウリング
  • オムレツ作りゲーム(クッキングママのクローン)
  • バードナイト(バルーンファイトのクローン)
  • スマートダーツ
  • 餌付けゲーム
  • ファンタジーベースボール(Wii Sportsのベースボールのクローン)
  • Free Craps(日本版には未収録)

付属ロムカートリッジ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 今度は“Wiiもどき”ですか? 中国独自開発をうたうゲーム機「Vii」を緊急入手!(日経トレンディネット)(リンク切れ)
  2. ^ Viiはゲームまでも“Wiiもどき”なのか遊んでみた!(日経トレンディネット)(リンク切れ)
  3. ^ “Wiiもどき”の全貌公開!中国「威力棒 Vii」を分解した(日経トレンディネット)(リンク切れ)

関連項目[編集]