トレマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
¨
トレマ
ダイアクリティカルマーク
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
チルダ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
̸
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
無気記号
᾿
非ラテン文字
シャクル  
シャッダ
 ّ
ハムザ
ء
キリル文字  
ティトロ
 ҃
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
アヌスヴァーラ
 ं
ヴィラーマ
 ्
日本語  
濁点
半濁点
環境により表示できない文字があります
テンプレートを表示

トレマ: tréma)は、ダイアクリティカルマーク(発音区別符号)の一種。 母音を表す文字の上に付される2点「¨」からなり、ドイツ語などで用いられるウムラウトと同型の符号である。 分音記号ぶんおんきごう分音符号ぶんおんふごう分音符ぶんおんふと呼ばれることもあるが、これらはダイアクリティカルマーク全般を指すこともある。

フランス語ではtrémaトレマ英語では「diaeresisダイエリシス」、スペイン語では「diéresisディエレシス」、または「cremaクレマ」という。

概要[編集]

「トレマ」という語は、古代ギリシア語で「穴・開き口」を意味する τρῆμα トレーマ に由来する。

「ダイエリシス」、「ディエレシス」も、古代ギリシア語で「分割」を意味する διαίρεσις ディアイレシス に由来する。

ラテン文字ギリシャ文字などのアルファベットを用いる言語のある綴りにおいて母音が連続して表記されているとき、二重音字ではなくそれぞれの母音を単音として発音する場合、もしくは黙字ではなく発音する場合に付される。フランス語、ギリシャ語や、フランス語から英語に借用された単語などで用いられる。

言語によっては、同一の記号がトレマとは無関係な目的で使用される。

各言語における用法[編集]

ラテン・アルファベット[編集]

英語[編集]

主にフランス語からの借用語に使われるほか、zoölogycoöperatereëlectのように複数の母音字の並びがダイグラフでないことを表すために使うことがある。 ただし、この用法は現在ではほとんど廃れている。

固有名詞では、語末のeを発音することを表すために使われることがある(ChloëクローイーZoëゾーイーBrontëブロンティー)。

フランス語[編集]

複数の文字でひとつの音を表すダイグラフを多用するため例外的な「ダイグラフにしない文字」をトレマのついたëïüÿによって明示する。

  • ï: naïf /na.if/ナイフ
    トレマを使わずにnaifと書くと/nɛf/ネフと発音することになる。
  • ü: capharnaümカファルナオムカペナウム、雑多な物で埋まった場所)。
  • ÿ: L'Haÿ-les-Rosesライ=レ=ローズ
    ÿは一部の固有名詞にのみあらわれ、頻度がきわめて低い。

1990年の新正書法では、guの後ろに母音が置かれたとき、uを発音する場合は必ずüと書く。 これに従えば、従来aiguëエギュ( aigu「鋭い」の女性形)と書かれていた語はaigüeと書くことになった。

固有名詞においては、Saint-Saënsサン=サーンスStaëlスタールのような例外的用法がある(実質的にë黙字化)。

ドイツ語[編集]

同形のウムラウトとは別で、複数の文字を切り離して別々に読むことを意味するトレマが存在する。

固有名詞においてëは、Piëchピエヒのように使われることがある。 ドイツ語ではieがダイグラフなので、トレマを使わずにPiechと書くと「ピーヒ」と発音することになる。

スペイン語[編集]

もっぱらüが、güegüiにおいてのみ用いられ、それぞれ/gwe//gwi/という発音を表す。 トレマを用いずにgueguiと書くと、uが発音されず、/ge//gi/という発音を表すことになる。

ポルトガル語[編集]

基本的にポルトガル語ではトレマを用いないが、過去にブラジルではgueguiquequiの4つの綴りにおいてuを発音する場合に、üを用いる表記法が2012年まで使用されていた。

オランダ語[編集]

フランス語と同じく複数の母音字が続く際、それがダイグラフでないことを表すために、後ろの母音字の上にトレマを加えたäëïöüを用いる。 また、äöüはウムラウトとしてドイツ語からの借用語に使われることがある。

ほかには、正書法としては認められていないが、しばしばijのかわりに(筆記した際の字形が似ている )ÿが用いられることがある。 IJを参照。

カタルーニャ語オクシタン語[編集]

母音字のあとのiuが二重母音の一部でないことを示すためにïüを用いる。

ウェールズ語[編集]

複数の母音字が続くときに、切って読むことを示すために用いる。 母音字の前のi/j/でなくて母音の/i/であることを示すのにïを用いる例が最も多い。 例:mwncïodmwnci 「猿」の複数形)

マダガスカル語
軟口蓋鼻音 /ŋ/ の音を表記するために、n の上にトレマを付すことがある([1]硬口蓋鼻音 /ɲ/ を表す ñ と混同しやすい上、"ng" と表記することで代用できるため、次第に用いられなくなっている[1][2]

ギリシャ・アルファベット[編集]

現代ギリシャ語では、ϊ, ϋ およびそれにアクセントのついた ΐ, ΰ を使用する。現代ギリシャ語では複数字でひとつの母音を表すことがあり(例: αι/e/ει, οι, υι/i/, ου/u/)、また υ は子音(/f/, /v/)として読まれることもあるが、トレマ(διαλυτικά ズィアリティカ)はこれらを本来の音で発音させるために用いる。

音声記号[編集]

国際音声記号では、補助記号として使われる。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
¨ U+00A8 1-1-15 ¨
¨
¨
ウムラウト, ダイエレシス
DIAERESIS
̈ U+0308 1-11-77 ̈
̈
ダイエレシス(合成可能), 中舌母音化
COMBINING DIAERESIS
̤ U+0324 1-1-82 ̤
̤
下ダイエレシス(合成可能), かすれ音
COMBINING DIAERESIS BELOW
΅ U+0385 - ΅
΅
Ελληνικά διαλυτικά και τόνος
GREEK DIALYTIKA TONOS
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ä U+00C4 1-9-27 Ä
Ä
Ä
ä U+00E4 1-9-58 ä
ä
ä
Ǟ U+01DE - Ǟ
Ǟ
ǟ U+01DF - ǟ
ǟ
リヴォニア語
Ë U+00CB 1-9-34 Ë
Ë
Ë
ë U+00EB 1-9-65 ë
ë
ë
フランス語、オランダ語
U+1E26 - Ḧ
Ḧ
U+1E27 - ḧ
ḧ
クルド語ハワル式(アラビア文字ح用)
Ï U+00CF 1-9-38 Ï
Ï
Ï
ï U+00EF 1-9-69 ï
ï
ï
フランス語
U+1E2E - Ḯ
Ḯ
U+1E2F - ḯ
ḯ
Ö U+00D6 1-9-45 Ö
Ö
Ö
ö U+00F6 1-9-76 ö
ö
ö
Ȫ U+022A - Ȫ
Ȫ
ȫ U+022B - ȫ
ȫ
リヴォニア語
Ü U+00DC 1-9-50 Ü
Ü
Ü
ü U+00FC 1-9-81 ü
ü
ü
フランス語、スペイン語、ポルトガル語、中国語(拼音)
Ǖ U+01D5 - Ǖ
Ǖ
ǖ U+01D6 1-8-89 ǖ
ǖ
中国語(拼音)
Ǘ U+01D7 - Ǘ
Ǘ
ǘ U+01D8 1-8-90 ǘ
ǘ
中国語(拼音)
Ǚ U+01D9 - Ǚ
Ǚ
ǚ U+01DA 1-8-91 ǚ
ǚ
中国語(拼音)
Ǜ U+01DB - Ǜ
Ǜ
ǜ U+01DC 1-8-92 ǜ
ǜ
中国語(拼音)
U+1E72 - Ṳ
Ṳ
U+1E73 - ṳ
ṳ
閩東語(平話字)
U+1E7A - Ṻ
Ṻ
U+1E7B - ṻ
ṻ
U+1E84 - Ẅ
Ẅ
U+1E85 - ẅ
ẅ
ウェールズ語
U+1E8C - Ẍ
Ẍ
U+1E8D - ẍ
ẍ
クルド語ハワル式(アラビア文字غ用)
Ÿ U+0178 - Ÿ
Ÿ
Ÿ
ÿ U+00FF 1-9-84 ÿ
ÿ
ÿ
フランス語、イボ語、(オランダ語)
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U+1E97 - ẗ
ẗ
アラビア文字翻字(ター・マルブータ ة)、小文字のみ

HTML実体参照では、Ë のように、¨ でトレマの付かない文字を囲む。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Malagasy Alphabet”. World Heritage Encyclopedia Edition. 2017年8月23日閲覧。
  2. ^ 一例を挙げると南部の町 Tôlan̈aro /tolaˈŋarʷ/ は2015年に法律で綴りが Taolangaro に改められた(マダガスカル共和国、行政区画の創設に係る内務・地方分権化省省令(デクレ)n°2015 – 593号附表参照)。