倒置ブレーヴェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 ̑
倒置ブレーヴェ
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
アヌスヴァーラ
 ं
ヴィラーマ
 ्
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

倒置ブレーヴェ(inverted breve)は、セルビア・クロアチア語スロベニア語高低アクセントを区別するために学者が用いるダイアクリティカルマーク(発音区別符号)。下降調長母音を表すのに用いる。正書法上はアクセント記号は加えられない。セルビア・クロアチア語では ȃ, ȇ, ȋ, ȏ, ȓ, ȗ が、スロベニア語ではそれに加えて ẹ̑, ọ̑ が使われる。

ラテン・アルファベットとキリル・アルファベットのどちらでも使われるが、Unicode合成済み文字はラテン・アルファベットのもののみが定義されている。

見た目がサーカムフレックスによく似ているが、両者は異なるものである。

JIS X 0213 では「インバーテッドブリーブ」と呼んでいる。

音声記号[編集]

国際音声記号の補助記号としては、文字の下に付加して、音節を形成しないことを表す。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
̑ U+0311 - ̑
̑
COMBINING INVERTED BREVE
̯ U+032F 1-11-80 ̯
̯
下インバーテッドブリーブ(合成可能), 音節副音的
COMBINING INVERTED BREVE BELOW
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ȃ U+0202 Ȃ
Ȃ
ȃ U+0203 ȃ
ȃ
Ȃ
Ȇ U+0206 Ȇ
Ȇ
ȇ U+0207 ȇ
ȇ
Ȇ
Ȋ U+020A Ȋ
Ȋ
ȋ U+020B ȋ
ȋ
Ȋ
Ȏ U+020E Ȏ
Ȏ
ȏ U+020F ȏ
ȏ
Ȏ
Ȓ U+0212 Ȓ
Ȓ
ȓ U+0213 ȓ
ȓ
Ȓ
Ȗ U+0216 Ȗ
Ȗ
ȗ U+0217 ȗ
ȗ
Ȗ

関連項目[編集]