Ë

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ëë Ëë
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

Ë / ë は、ラテンアルファベットの E / e にトレマもしくはウムラウト(字形は同じ)を合成した文字である。

フランス語オランダ語アルバニア語ハンガリー語ルクセンブルク語等で使われる。

トレマとしての使用[編集]

フランス語では、母音字の後にのみ用い、その音節が子音で終わっていれば [ɛ] の音を表す。また、男性形が -gu で終わる語の女性形の語末で、gue であれば [ɡ(ə)] を表すが、元の発音である [ɡy] を表すために guë と書かれる。

オランダ語では、例えば ie は「イー」と発音するが、ië だと「イエ」となる。

ウムラウトとしての使用[編集]

ハンガリー語では正書法の E e の音価には実は2種類あり、「広い e」[ɛ] (nyílt e) と「狭い e」[e] (zárt e) を別々の音素として区別して表記する場合に「狭い e」を Ë ë と表記する。専らハンガリー語学と方言学で用いられるが、ハンガリーでは e と ë で意味を区別するだけではなく、文法もよりわかりやすくなるために、正書法でも「狭い e」を導入すべきだという意見もある。

アルバニア語とルクセンブルク語では、Ë ë はシュワー(曖昧母音)の [ə] の音を表す[1][2]

日本語上代特殊仮名遣いのローマ字表記では、ë は「乙類エ」を表す。「甲類エ (e)」とは異なる母音を表すが、具体的な音価は諸説あり未詳である。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ë U+00CB 1-9-34 Ë
Ë
Ë
ë U+00EB 1-9-65 ë
ë
ë

参考文献[編集]

  1. ^ 直野敦『アルバニア語基礎1500語』(大学書林・1986年6月)ISBN 9784475010993
  2. ^ 『ニューエクスプレススペシャル ヨーロッパのおもしろ言語』(白水社・2010年7月)ISBN 9784560085400