IJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IJ ij IJ ij
ライセン駅の看板。大文字では Y に似た形で書かれている
オランダの酒屋の看板。IJが単一の文字として扱われている例。

IJは、オランダ語で使われる字母合字または二重音字である。小文字はij

発音は、一般的には オランダ語発音: [ɛi] ( 聞く) である。手書きでは、ij筆記体と似ていることから ÿ のようにも書かれる。大文字では点をつけずに Y に似た形に書かれることもある。アフリカーンス語では IJ/ij は使用せず、かわりに Y/y を用いる。

この字が1文字であるか2文字であるかは、オランダ語話者の間でも意見が分かれる。オランダ語連合の参照するファン・ダーレの辞典では、i と j の2文字からなる二重音字であって、合字ではない。

文頭に置かれるときは、I と J の両方を大文字にする。また、頭文字のみに略す場合にも IJ になる。

例: IJzer is een metaal.(「鉄は金属である」 英語 : Iron is a metal.)

辞書などでは次のような3通りの並べ方がある。

  • IJの2文字が並んだものとして並べる (ii→ij→ik) 辞典など
  • Yと等価として並べる (ya→ijb→yc) 電話帳などに見られる
  • YとZの間に並べる (y→ij→z)

オランダのフォネティックコードでは、"IJmuiden" /ɛimœydən/ で、IJ をあらわす。

コンピュータ[編集]

Unicodeでは、ラテン文字拡張Aの領域に IJ および ij をひとまとめにした字に符号位置を与えている。これは ISO/IEC 6937 との互換性のために存在する[1]。合字と2文字で書いた場合は互換等価である。

HTML 4 の文字実体参照では定義されていない。HTML5 には IJ および ij が存在する。

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
IJ U+0132 -
(JIS X 0212:0x2926)
IJ
IJ
ij U+0133 -
(JIS X 0212:0x2946)
ij
ij
互換用合字

脚注[編集]

関連項目[編集]