オランダ語連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

オランダ語連合(オランダごれんごう、: Nederlandse TaalunieNTU)は、オランダ語標準化規則規制に関する国際機関である。

通称の「グリーン・ブックレット(: Groene Boekje: Green Booklet)」で知られる、スペリング標準化の文法書であるオランダ語世界総覧オランダ語版英語版を、加盟国が普及したことで最も知られており、世界中におけるオランダ語の課程や学習を支援している。

加盟国など[編集]

1980年9月9日、オランダ王国オランダないしヨーロッパ・オランダを代表)、ベルギーフランデレン地域ないしフラマン語共同体オランダ語版英語版を代表)の2ヶ国で結ばれた条約によって設立され、スリナムが2004年から準加盟している。

設立された当初は、オランダ王国については、ヨーロッパ・オランダにのみ条約が適用されていたが、2013年11月27日からオランダ領カリブ(カリブ・オランダ)にも適用されている。

主な非加盟国など[編集]

2020年の時点では、広義のオランダ語圏英語版の内、以下は、オランダ語連合に含まれていない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ その点、類似の組織である以下などとは、大きく異なる。
  2. ^ 先述の通り、旧オランダ領スリナムオランダ語版英語版だった現在のスリナムのみが、オランダ語連合に準加盟している。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]