Ȝ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Ȝ ȝ Ȝ ȝ

Ȝ, ȝ(Yogh、ヨッホ、ヨッグ)は、中英語中期スコットランド語で使われた文字である。硬口蓋接近音もしくはなんらかの軟口蓋音を表す。これは古英語のgの音韻変化から来るものである。[1][2][3]

しかし中英語の筆記法でその字形は次第にエッジュƷ)と区別がつかなくなり、中期スコットランド語で硬口蓋接近音を表すヨッホは草書のZと混同され、スコットランドの印刷工はヨッホが使用不可能の際はZで代用することもしばしばあった[2]。そのため現在、一部のスコットランド語の単語では本来ヨッホのあるべき位置にZが置かれている。[3]

またヨッホはその形状が似ていることからオンラインではアラビア数字3で代用されることもある。このようにヨッホは英語がまだ体系化されていない時代の文字であるため様々な混乱を招いているのである。

エジプト学において[編集]

フランス東方考古学研究所英語版によって採用されたユニコード準拠の翻字体系では、古代エジプトの"アレフ"("Aleph")のグリフ
A
翻字として、このヨッホ ȝ の文字の使用を推奨した(Unicode 4.1と5の段階で、マイクロソフトOSでは2000およびXP等での使用を想定していた)。[4]

エジプト学で実際に使用されている当の記号は、Egyptian 3 symbol.pngで、左に開いた二つの半輪である。Unicode 5.1以降、符号位置を割り当てられた(大文字 U+A722 Ꜣ LATIN CAPITAL LETTER EGYPTOLOGICAL ALEF “ラテン文字大文字のエジプト学のアレフ”、小文字 U+A723 ꜣ LATIN SMALL LETTER EGYPTOLOGICAL ALEF “ラテン文字小文字のエジプト学のアレフ”)。こちらも数字の3で代用されることがある。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ȝ U+021C - Ȝ
Ȝ
ȝ U+021D - ȝ
ȝ

注釈[編集]

  1. ^ 堀田隆一(ほったりゅういち) (2016年2月28日). “#2498. yogh の文字”. hellog~英語史ブログ. 2018年4月11日閲覧。
  2. ^ a b 堀田隆一(ほったりゅういち) (2014年7月24日). “#1914. <g> の仲間たち”. hellog~英語史ブログ. 2018年4月11日閲覧。
  3. ^ a b 堀田隆一(ほったりゅういち) (2010年7月18日). “#447. Dalziel, MacKenzie, Menzies の <z>”. hellog~英語史ブログ. 2018年4月11日閲覧。
  4. ^ Polices de caractères” (フランス語). Institut français d'archéologie orientale – Le Caire. 2014年9月13日閲覧。