スウェーデン語のsj音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ɧから転送)
Jump to navigation Jump to search
スウェーデン語のsj音
ɧ
IPA 番号 175
IPA 表記 [ɧ]
IPA 画像 IPA h with two hooks.png
Unicode U+0267
文字参照 ɧ
JIS X 0213 1-6-40
X-SAMPA x\
Kirshenbaum
音声サンプル

スウェーデン語のsj音(スウェーデンごのsjおん、スウェーデン語: sj-ljudet)は、スウェーデン語に特徴的な子音であり、正書法上 sj と記される無声摩擦音のことである。国際音声記号にはこの音を表すための専用の記号 [ɧ] が存在する。

スウェーデン語の話者にとっては珍しい音ではないが、この音がどのように調音されているかは、音声学者の記述がかならずしも一致しない。

音声[編集]

国際音声学会ではこの音を「ʃx同時調音」(simultaneous ʃ and x) としているが、2か所で摩擦が起きるというのは不自然であり、実際にこのような調音がされることがあるとは考えにくい[1]

『IPAハンドブック』でオッレ・エングストランドはこの音を無声舌背・硬口蓋/軟口蓋摩擦音(voiceless dorso-palatal/velar fricative)としている[2]

実際の発音は地理的および社会的方言によって異なる。ピーター・ラディフォギッドとイアン・マディソンによる Per Lindblad の記述の再解釈によると、[ɧ] は実際には以下のふた通りの発音がよく現れるという[3]

  1. 軟口蓋化した無声唇歯摩擦音で、さらに円唇性をもち、上唇は突きだしている。
  2. 無声軟口蓋摩擦音だが、[x] にくらべて摩擦が弱く、かつ少し前寄りかもしれない。

前者の場合、カタカナで表記するとファ行に近く聞こえる。

表記[編集]

スウェーデン語の正書法上は sj のほかに skj, stj, sch, ti(一部), sk(前舌母音の前)などとも記される。綴りの種類が多いのは歴史的にいくつかの異なる音に由来することと、借用語において /ʃ/ をこの音で受け入れたことに起因する。

早口言葉[編集]

[ɧ] を多く使った文として、以下のものが有名である(下線部が [ɧ]。よく似たいくつかの変種がある)。

Sjuttiosju skönsjungande sjuksköterskor skötte sju sjösjuka sjömän på skeppet till Shanghai.

(77人の歌のうまい看護婦が上海行きの船の上で7人の船酔いした船員を看護した)

脚注[編集]

  1. ^ Ladefoged and Maddieson (1996) p.330
  2. ^ Engstrand, Olle (1999). “Swedish”. Handbook of the International Phonetic Association: A Guide to the International Phonetic Alphabet. Cambridge University Press. 
  3. ^ Ladefoged and Maddieson (1996) pp.171-172

参考文献[編集]

  • Ladefoged, Peter; Maddieson, Ian (1996). The Sounds of the World's Languages. Blackwell Publishing. 

外部リンク[編集]

実際の音声を聴くことができる。
子音
肺臓気流
両唇音 唇歯 歯茎 後部歯茎 そり舌 硬口蓋 軟口蓋 口蓋垂 咽頭 声門
破裂 p b () () () () t d ʈ ɖ c ɟ k ɡ q ɢ ʔ
m ɱ n ɳ ɲ ŋ ɴ
ふるえ ʙ r ʀ
はじき (ⱱ̟) ɾ ɽ (*) (*)
摩擦 ɸ β f v θ ð s z ʃ ʒ ʂ ʐ ç ʝ x ɣ χ ʁ ħ ʕ h ɦ
側面摩擦 ɬ ɮ
接近 (β̞) ʋ ɹ ɻ j ɰ
側面接近 l ɭ ʎ ʟ
非肺臓気流   
吸着 ʘ ǀ ǃ ǂ ǁ
入破 ɓ ɗ () ʄ ɠ ʛ
放出 (t̪ʼ) ()
その他
同時調音 ʍ w ɥ ɕ ʑ ɧ
(k͡p) (ɡ͡b) (ŋ͡m)
喉頭蓋音 ʜ ʢ ʡ
その他側面音 ɺ (*) (ɫ)
破擦音 p̪͡f b̪͡v t͡θ d͡ð t͡s d͡z t͡ʃ d͡ʒ ʈ͡ʂ ɖ͡ʐ t͡ɕ d͡ʑ c͡ç ɟ͡ʝ k͡x q͡χ t͡ɬ d͡ɮ
記号が二つ並んでいるものは、左が無声音、右が有声音。網掛けは調音が不可能と考えられる部分。
丸括弧内はIPA子音表(2005年改訂版)に記載されていないもの。
国際音声記号 - 子音