Ä

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ää Ää

Ä は、ラテン文字 Aトレマないしウムラウト(¨)を付した文字で、小文字äドイツ語エストニア語スウェーデン語およびフィンランド語で他のラテン文字アルファベット)とともに用いられる文字である。

ドイツ語では「アー・ウムラウト」(独: A-Umlaut)と呼び、A (a) の変母音を表す。日本語の長音「えー」に近い音となることがある。また、口を開けて「ア」にして「エ」と発音することもある[1]ギリシア語αιを転写するときに、この文字が使われる。

スウェーデン語およびドイツ語のÄアイスランド語アイスランド語アルファベット)、デンマーク語デンマーク語アルファベット)およびノルウェー語ノルウェー語アルファベット)のÆ(æ)と同様である。

なお、スイスのドイツ語では大文字のÄを使わず、Aeを用いる(小文字のäは用いる)。また、英文タイプライタなどでウムラウト(変母音)が表示できないときは大文字はAe、小文字はaeと代用表記することになっている。

国際音声記号(IPA)で [ä] は「非円唇中舌広母音」を表す。

HTML文書やwiki等では数値文字参照文字実体参照での記述も可能。詳しくはHelp:特殊文字を参照のこと。

他の手段による表現[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ä U+00C4 1-9-27 Ä
Ä
Ä
ä U+00E4 1-9-58 ä
ä
ä

脚注[編集]

  1. ^ テレビでドイツ語』2012年4月10日放送分。

関連項目[編集]