コンマビロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
 ̦
コンマビロー
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
アヌスヴァーラ
 ं
ヴィラーマ
 ्
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

コンマビロー英語: comma below)は、ダイアクリティカルマーク(発音区別符号)の一種で、ラテン文字の下側に付されるコンマをいう。ルーマニア語などで用いられる。下付きコンマ下コンマとも呼ばれる(「コンマ」を「カンマ」とすることもある)。

歴史[編集]

セディーユとコンマが同じ記号であるのか違う記号であるかは、歴史的にはあまり問題にならなかった。符号化の国際的な規格としては伝統的にコンマはセディーユと同一視されてきた。たとえば ISO/IEC 6937 (1983年初版) では、ルーマニア語ラトビア語の文字をセディーユとの合成で表しているし、ISO/IEC 8859-2 (1987年初版) はルーマニア語用の文字としてセディーユのついた ş ţ を定義していた。MS-DOSコードページ 852 や Microsoft Windows のコードページ 1250 も同様であった。Unicode の最初の版でもセディーユのついた文字のみを定義していた。

初めて両者の違いが問題になったのは ISO/IEC 8859-2 の改訂作業中で、1999年の版では、規格はセディーユつきのまま変えないものの、注で「ルーマニアの標準化協会によるとルーマニアで使われているのは下コンマであり、セディーユではない」、「しかしセディーユつきの字は下コンマつきの字の代わりに使ってもよい」と記述された[1]

Unicode は 1999年の版で下コンマつきの ș ț を追加した。

その後、2001年には ISO/IEC 8859-16 が制定され、こちらにはコンマつきの文字が収録された。

Microsoft WindowsVista でルーマニア語キーボードによるコンマつきの文字の入力とフォントに対応した。また、2007年にルーマニアがEUに参加するにあたり、XPでもフォントアップデートによって表示できるようにした[2]

しかし、下コンマつきの文字が表示できない環境もあるため、引き続きセディーユつきの文字が使われ続けている。たとえばルーマニアの標準化協会のサイト自身セディーユつきの文字を使っている[3]。Windows 上で正しく表示されることが保証される Windows Glyph List 4英語版 は 1998年以来改訂されておらず、下コンマつきの文字は含まれていない[4]

ルーマニア語版 Wikipedia では2010年にコンマつき S / T に一括置換された[5]

ラトビア語に関しては、「見た目はコンマだが、文字名称や文字分割の上ではセディーユ」という状態が現在も続いている。しかしマーシャル語では L と N にセディーユをつけた字を使っており、これがコンマとして表現されると問題を生じることが指摘されている[6]

各言語における用法[編集]

ルーマニア語
ș ț が用いられ、それぞれ /ʃ//ts/ を表す。
ラトビア語ラトガリア語
ģ ķ ļ ņ (かつては ŗ も用いられた) は、Unicode の文字名称の上ではセディーユとして扱われているが、文字の形としては下つきのコンマ(小文字の ģ上つきのコンマ)のように表示されることが多い。
リヴォニア語
ḑ, ļ, ņ, ŗ, ţ は、ラトビア語と同様コンマのように表示されることが多いが、Unicode ではセディーユとして扱われている。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称 備考
̦ U+0326 - ̦
̦
COMBINING COMMA BELOW ルーマニア語、ラトビア語、リヴォニア語で用いられる[7]
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ș U+0218 1-10-7 Ș
Ș
ș U+0219 1-10-19 ș
ș
ルーマニア語[8]
Ț U+021A 1-10-39 Ț
Ț
ț U+021B 1-10-55 ț
ț
ルーマニア語[8]

脚注[編集]

  1. ^ ISO/IEC 8859-2 Information technology -- 8-bit single-byte coded graphic character sets -- Part 2: Latin alphabet No. 2. (1999). p. 5.  の 6.1節
  2. ^ European Union Expansion Font Update
  3. ^ Asociaţia de Standardizare din România (ルーマニア語)
  4. ^ Microsoft Corporation (1998年12月17日). “WGL4.0 Character Set”. 2013年9月27日閲覧。
  5. ^ ro:Wikipedia:Corectarea diacriticelor (ルーマニア語)
  6. ^ Denis Moyogo Jacquerye (2013年7月30日). “Comments on cedilla and comma below (revision 2) (PDF)”. Unicode Technical Committee. 2013年9月27日閲覧。
  7. ^ Unicode Standard 5.2 - ダイアクリティカルマーク(合成可能) (PDF) 、2010年8月27日閲覧
  8. ^ a b Unicode Standard 5.2 - ラテン文字拡張B (PDF) 、2010年8月27日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]