半濁点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 ゚
半濁点
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

半濁点(はんだくてん)とは、仮名文字において、主に半濁音を表すために文字の右上に付される記号である。その字形から「まる」と呼ぶこともある。

起源[編集]

元来は [p](現代のパ行子音)であったハ行子音が [p][ɸ] に分化し、異なる音素として確立したことにより書き分けの可能性が生じた。ただし、分化の時期は明確でなく、万葉仮名の時代より前であったかもしれない。ポルトガル人宣教師によりキリシタン文献に導入されたのが最初とされる。

半濁点は、清音を表す不濁点から派生、あるいは、濁点を半分にした[1]とされる。不濁点は、当時の仮名文字は濁点が必須ではなかったので、時には清音を明示する必要があった。

用法[編集]

現在の日本語正書法である現代仮名遣いでは、ハ行仮名に対してのみ、半濁音を表す仮名を作るために付加される。ただしそれ以前の仮名遣いでは必ずしも付されない。

国語学日本語教育の分野では異音を明示する用途でも使われる。カ゚キ゚ク゚ケ゚コ゚でガギグゲゴ(濁音)の異音の鼻濁音を表すのが代表的で、この音は現在の鼻濁音という分類が定着する前は半濁音とされることもあった。このほか、現在では廃れたがウ゚でウの異音を表す用法もある。これらはたとえば「鏡 カカ゚ミ」のように発音記号としてのみ使い、正書法の一部ではない。

いくつかの文字がアイヌ語の仮名表記で使われる。

使用仮名一覧[編集]

一般的に用いられるもの[編集]

一般的な音節の一覧表に含まれ、通常の日本語で用いられるもの。

特殊な用途に用いられるもの[編集]

国語学アイヌ語学で用いることがある。

過去に一部で用いられたことのあるもの[編集]

  • サ゚シ゚セ゚ソ゚ - 江戸時代に江戸方言の「ツァツィツェツォ」表すのに平仮名で使われた。また古い文献ではアイヌ語の発音「チェ」をセ゚で表している場合がある。
  • ツ゚ト゚ - 主に古い文献で用いられ2文字ともアイヌ語の発音「トゥ」を表す。
  • ラ゚リ゚ル゚レ゚ロ゚ - 明治期に一部で用いられた。外来語のラ行音のうち、L音由来のものをR音由来のものから区別するために、前者に半濁点を添えたもの。
  • イ゚ロ゚ニ゚ト゚チ゚リ゚ヌ゚ル゚ヲ゚ワ゚カ゚ヨ゚タ゚レ゚ソ゚ツ゚ネ゚子゚ナ゚ラ゚ム゚ウ゚井゚ノ゚オ゚ク゚ヤ゚マ゚ケ゚コ゚エ゚テ゚ア゚サ゚キ゚ユ゚メ゚ミ゚シ゚ヱ゚モ゚セ゚ス゚ン゚ - 電信暗号(コード)に使われた電信用片仮名の一部[2]

符号位置[編集]

点字 --
--
-●
モールス信号 ・・--・
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+309C 1-1-12 ゜
゜
半濁点
U+309A - ゚
゚
半濁点(結合文字)
U+FF9F 1-1-12 ゚
゚
半濁点(半角)

※この他 302B および 302C も半濁点に類似の字形をもつが、これらは中国語用の声調符号である。

出典[編集]

  1. ^ 日本音声学会『音声学大事典』「半濁音」三修社 1976年
  2. ^ 東京築地活版製造所 活版見本 P.88 野村宗十郎 1903年11月

関連項目[編集]