マクロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
¯
マクロン
ダイアクリティカルマーク
アクセント符号  
アキュート
´
ダブルアキュート
˝
グレイヴ
`
ダブルグレイヴ
 ̏
ブレーヴェ
˘
倒置ブレーヴェ
 ̑
ハーチェク
ˇ
セディーユ
¸
サーカムフレックス
ˆ
トレマ / ウムラウト
¨
ティルデ
˜
ドット符号
˙
フック
 ̡
フック符号
 ̉
ホーン符号
 ̛
マクロン
¯
オゴネク
˛
リング符号
˚
ストローク符号
/
コンマアバブ
ʻ
コンマビロー
,
非ラテン文字の
ダイアクリティカルマーク
シャクル  
シャッダ
 ّ
キリル文字  
ティトロ
 ҃
グルムキー文字  
ヘブライ文字  
ニクダー
 ִ
ブラーフミー系文字  
日本語  
濁点
半濁点
クメール文字母音  
シリア文字  
タイ文字  
ラーオ文字  
満州文字  
圏点
関連
丸印
声調記号  
国際音声記号  
約物  
テンプレートを表示

マクロンダイアクリティカルマークの一つで、長音記号とも言う。これに対する伝統的な短音記号はブレーヴェである。

概要[編集]

マクロン (英語: macron) の名は古典ギリシャ語の μακρόν マクロン 「長い」(中性)に由来する。

古典ラテン語では母音の長短を区別したが[1]、文字の上では区別がなかった。区別するときにはアキュート・アクセントに似たアペックス(英語版記事)を使用した。

その後、母音の長短が失われた後に、学習者や研究者が母音の長短を区別するための補助記号としてマクロンを用いた。また、古英語など他の言語に関しても、同様の用途でマクロンを用いることがあった。

現代において、母音の長短を区別する言語のいくつかでは長母音にマクロンを加える。ほかに、アキュート・アクセントを使う言語(チェコ語など)、母音字を重ねる言語(フィンランド語など)がある。

各言語での用法[編集]

ラテン・アルファベット[編集]

ラトビア語
ā, ē, ī, ū を使用し、長音を表す。
リトアニア語
ū を使用し、長い /uː/ を表す。
マオリ語ハワイ語サモア語タヒチ語など
ā, ē, ī, ō, ū を、長音を表すのに用いる。
マーシャル語
ā, n̄, ō, ū を用いる。それぞれ /æ/, /ŋ/, /ɤ/, /ɯ/ を表す。
中国語
拼音で、第一声(陰平)の声調の表記に用いる。ā, ē, ê̄, ī, ō, ū, ǖ がある。ただし、ǖ は実際には使われない(トレマの説明を参照)。

キリル・アルファベット[編集]

タジク語
ӣ, ӯ を使用し、それぞれ /ij/, /ɵ/ を表す。

ギリシャ・アルファベット[編集]

現代のギリシャ語では母音の長短は区別されず、マクロンも使用されない。

古典ギリシャ語の学習・研究用に、長母音字の上にマクロンが付されることがある。ᾱ, ῑ, ῡ の3字がある。それ以外の母音字については、文字そのものから長さが明らかなので(ε, ο は常に短く、η, ω は常に長い)、マクロンがつけられることはない。

日本語ローマ字表記の長音[編集]

日本語ローマ字で表記する際にはいくつかの方式があるが、ヘボン式ローマ字に長音符としてマクロンを併用する方式が最も普及しており、行政や交通機関における地名表記、外国人向けの日本語教育など、多くの分野で使われている。Wikipedia の各国語版においても日本語の音写時にはこの方式が通用している。

ほかに、サーカムフレックス (ˆ) を使ったり、母音字を重ねたり、母音の後に h を添えることで長音を表現するような方式もある。詳しくは長音符ローマ字#ローマ字の規格などを参照のこと。

音声記号[編集]

国際音声記号では文字の上に付し、中平板調の声調を表す。なお、長母音は /aː/ のように表し、マクロンは使用しない。

その他[編集]

サンスクリットアラビア語などの翻字において、長母音にマクロンをつけることが一般的に行われている。

満州語メレンドルフ式翻字では、ū を使用する。

一方、セム諸語の翻字では、子音字の下にマクロンをつけることがある。たとえば現代文語アラビア語辞典では、摩擦音の /θ/, /ð/, /x/, /ɣ/ をそれぞれ ṯ, ḏ, ḵ, ḡ で表している( はディセンダの関係で上にマクロンがつく)。また、ヘブライ語の摩擦音化した子音を表すのに、ḇ, ḏ, ḡ, ḵ, p̄, ṯ が使われることがあるほか、ẖ, ẕ でそれぞれ ח‎, צ‎ を表すことがある[2]

Unicode では下つきのマクロンがついた合成ずみの文字として ḻ, ṉ, ṟ を定義しているが、これらはインド系の文字の翻字用に存在している[3]

符号位置[編集]

注意: オーバーラインアンダーラインはよく似ているが別の記号である。合成可能な下つきのマイナス(U+0320)も別の記号である。

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
¯ U+00AF 1-9-11 ¯
¯
¯
マクロン
MACRON
ˉ U+02C9 - ˉ
ˉ

MODIFIER LETTER MACRON
ˍ U+02CD - ˍ
ˍ

MODIFIER LETTER LOW MACRON
̄ U+0304 1-11-59 ̄
̄
マクロン(合成可能), 声調中
COMBINING MACRON
̱ U+0331 - ̱
̱

COMBINING MACRON BELOW
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ā U+0100 1-9-85 Ā
Ā
ā U+0101 1-9-90 ā
ā
ラトビア語、ハワイ語、マオリ語、中国語(拼音)
Ǟ U+01DE - Ǟ
Ǟ
ǟ U+01DF - ǟ
ǟ
リヴォニア語
Ǡ U+01E0 - Ǡ
Ǡ
ǡ U+01E1 - ǡ
ǡ
Ǣ U+01E2 - Ǣ
Ǣ
ǣ U+01E3 - ǣ
ǣ
古英語
U+1E06 - Ḇ
Ḇ
U+1E07 - ḇ
ḇ
ヘブライ語翻字
U+1E0E - Ḏ
Ḏ
U+1E0F - ḏ
ḏ
アラビア語・ヘブライ語翻字
Ē U+0112 1-9-88 Ē
Ē
ē U+0113 1-9-93 ē
ē
ラトビア語、ハワイ語、マオリ語、中国語(拼音)
U+1E16 - Ḗ
Ḗ
U+1E17 - ḗ
ḗ
U+1E14 - Ḕ
Ḕ
U+1E15 - ḕ
ḕ
U+1E20 - Ḡ
Ḡ
U+1E21 - ḡ
ḡ
アラビア語・ヘブライ語翻字
Ī U+012A 1-9-86 Ī
Ī
ī U+012B 1-9-91 ī
ī
ラトビア語、ハワイ語、マオリ語、中国語(拼音)
U+1E34 - Ḵ
Ḵ
U+1E35 - ḵ
ḵ
アラビア語・ヘブライ語翻字
U+1E38 - Ḹ
Ḹ
U+1E39 - ḹ
ḹ
サンスクリット翻字
U+1E3A - Ḻ
Ḻ
U+1E3B - ḻ
ḻ
U+1E48 - Ṉ
Ṉ
U+1E49 - ṉ
ṉ
Ō U+014C 1-9-89 Ō
Ō
ō U+014D 1-9-94 ō
ō
ハワイ語、マオリ語、中国語(拼音)
Ȫ U+022A - Ȫ
Ȫ
ȫ U+022B - ȫ
ȫ
リヴォニア語
Ȱ U+0230 - Ȱ
Ȱ
ȱ U+0231 - ȱ
ȱ
Ǭ U+01EC - Ǭ
Ǭ
ǭ U+01ED - ǭ
ǭ
U+1E50 - Ṑ
Ṑ
U+1E51 - ṑ
ṑ
U+1E52 - Ṓ
Ṓ
U+1E53 - ṓ
ṓ
Ȭ U+022C - Ȭ
Ȭ
ȭ U+022D - ȭ
ȭ
U+1E5C - Ṝ
Ṝ
U+1E5D - ṝ
ṝ
サンスクリット翻字
U+1E5E - Ṟ
Ṟ
U+1E5F - ṟ
ṟ
U+1E6E - Ṯ
Ṯ
U+1E6F - ṯ
ṯ
アラビア語・ヘブライ語翻字
Ū U+016A 1-9-87 Ū
Ū
ū U+016B 1-9-92 ū
ū
リトアニア語、ラトビア語、ハワイ語、マオリ語、中国語(拼音)
Ǖ U+01D5 - Ǖ
Ǖ
ǖ U+01D6 1-8-89 ǖ
ǖ
中国語(拼音)
U+1E7A - Ṻ
Ṻ
U+1E7B - ṻ
ṻ
Ȳ U+0232 - Ȳ
Ȳ
ȳ U+0233 - ȳ
ȳ
古英語
U+1E94 - Ẕ
Ẕ
U+1E95 - ẕ
ẕ
ヘブライ語翻字
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U+1E96 - ẖ
ẖ
ヘブライ語翻字、小文字のみ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 例えば、esse (エッセ、存在すること)に対して ēsse (エーッセ、食べること)
  2. ^ Latin-Hebrew Transliteration Chart”. Unicode, Inc.. 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ Latin-Indic Transliteration Chart”. Unicode, Inc.. 2013年9月21日閲覧。

関連項目[編集]

  • オーバーライン - 数学において否定を表す時にマクロンと同じような線を引くが、これは否定記号とも呼ばれる「オーバーライン」であり、マクロンとは異なる。