マーシャル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マーシャル語
Kajin M̧ajeļ または Kajin Majõl
話される国 マーシャル諸島の旗 マーシャル諸島
ナウルの旗 ナウル
話者数 43,900人(1979年)
言語系統
オーストロネシア語族
公的地位
公用語 マーシャル諸島(他に英語も公用語)
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 mh
ISO 639-2 mah
ISO 639-3 mah
テンプレートを表示

マーシャル語(マーシャル語: Kajin M̧ajeļ または Kajin Majõl)は、マレー・ポリネシア語派に属する言語である。話者は、マーシャル諸島の人々である。国内の約44,000人が話し、国外には約6,600人の話者が存在する。2つの方言があり、西側はラリック方言、東側はラタック方言である。

発音[編集]

子音[編集]

主要調音 両唇音 歯音 硬口蓋音 軟口蓋音
副次調音 pal. vel. pal. vel. lab. plain lab.
鼻音 m /mʲ/ /mˠ/ n /n̪ʲ/ ņ /n̪ˠ/ ņw /n̪ˠʷ/   /ŋ/ n̄w /ŋʷ/
破裂音 p /pʲ/ b /bˠ/ j /t̪ʲ/ t /t̪ˠ/     k /k/ kw /kʷ/
R音   r /r̪ʲ/ d /r̪ˠ/ dw /r̪ˠʷ/    
接近音   l /l̪ʲ/ ļ /l̪ˠ/ ļw /l̪ˠʷ/ y /j/ h or ʔ /ɰ/ w /w/

母音[編集]

Marshallese vowel Simple realisations Main orthographies
height 音素 非円唇 円唇 非円唇 円唇
前舌 後舌 前舌 後舌
狭母音 (close) /ɨ/ [i] [ɯ] [u] i u
広めの狭母音 (near-close) /ɘ/ [ɪ] [ɤ]
(long)
[ʊ] i (or ę) o ū (or ü)
半広母音 (open-mid) /ɜ/ [e] [ʌ]
(short)
[o] e (or ) ō (or ü)
広母音 (open) /ɐ/ [ɛ] [ɑ] [ɔ] a ā (or ä)

正書法[編集]

マーシャル語はラテン文字で表記され、2種類の正書法が存在する。「古い」正書法は宣教師によって導入されたものである。この表記法はマーシャル語の発音を表記するのには正確性に欠け、実際の発音と表記の不一致が目立つが、現在新聞や看板などにおいて幅広く用いられている。最近までこれに競合する表記法は存在しなかった。

「新しい」正書法は若者や子供の間で特に人気が高まっている。「古い」正書法と比較し、マーシャル語の発音をより正確に表記できる。現在出版されているマーシャル語-英語辞典でも用いられているのがこちらの正書法だ。

以下に、現在政府が推奨している24文字のアルファベットを挙げる。

A Ā B D E I J K L Ļ M N Ņ O Ō P R T U Ū W
a ā b d e i j k l ļ m n ņ o ō p r t u ū w

文法[編集]

人称代名詞[編集]

人称 主格/強調 目的格

1人称 n̄a
2人称 kwe eok
3人称 e

1人称抱合 kōj
1人称除外 kōm
2人称 kom̧ (Ralik)kom̧i (Ratak)
3人称 er

形態素[編集]

名詞は数、性、格による変化を起こさない。名詞は動詞化され、動詞は明確な形態学的マーカーなしに名詞化されることもある。

Je-n al al in pālle.

1pl.in.agr-should sing.trans song of be.covered

(私達はアメリカの曲を歌うべきだ。)

マーシャル語には名詞修飾語に従う決定詞と指示詞がある。

外部リンク[編集]