出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(こめじるし、米印)とは、文字の表記で使用する約物記号の一つ。漢字の「」の字を斜めに傾けたような形をしていることから名づけられた。

使用例[編集]

おもに文章で注釈をつける際に使用する。なお、注釈が複数におよぶ場合は、記号のあとに番号や文字などをつけて区別する場合もある(※1、※2など)。

文例:
動物の性にはオスとメスがある。
※ただし両性の動物も存在する。

その他の使用例[編集]

記号が「米」に由来することから、米穀店が店の看板などにシンボルマークとして表示する事例があるほか、米を原材料とする日本酒の製造を行う「沢の鶴」がかつてシンボルマークとして用いていた。

なお、電話などに用いられるスターマークアスタリスク(*)を横倒しにした形状)を「米印」と呼称する場合があるが、これは誤用である(正しくは「星印」もしくは「スター」)。

また、視聴率が測定不能(0.1%未満)となった場合、「※」または「*」で表示されるために「米印」と呼ばれている[1]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+203B 1-2-8 ※
※
米印

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビの視聴率の合格基準は?”. ライブドアニュース (2014年7月31日). 2018年1月2日閲覧。

関連項目[編集]