双柱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

双柱(そうちゅう)は、縦線であるバーティカルバーを横に2つ並べた記号である。文字列の区切りで使用されるほか、発音記号や数学においても使用される。にほんぼうとも呼ばれる。

文章における用法[編集]

文章においては区切りを表す用途で用いられることが多い。

発音記号における用法[編集]

数学における用途[編集]

その他用途[編集]

  • レイアウト上の項目の区切りとして、バーティカルバーのみでは紛らわしいために用いられることがある。
  • 縦書きの文章中で、ダブルハイフン等号の代わりに使用されることがある。
  • 電車の時刻表では、経路が違う場合の表記に用いる。
  • 二本で書かれた罫線のことを双柱罫とよぶ。
  • 並列回路の合成抵抗の演算子として使われる。

.

その他[編集]

  • 類似の記号に平行記号がある。JIS X 0208では1面34区の文字はUnicodeではU+2016の双柱であらわすが、Microsoftの以前の文字コードでは誤って平行記号にマッピングしており、文字化けが発生することがある。詳しくは平行記号を参照。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2016 1-1-34 ‖
‖
双柱