ビュレット (記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
• ◦

ビュレット (: bullet) は、日本語における約物のひとつで、「」あるいは「」と書き表される。

日本語の「ビュレット」は箇条書きの一項目を示す印を指す英語 bullet(「小さな玉」、転じて弾丸を意味する)に由来する。ただし英語の発音は /ˈbʊlɪt/[1][2] であり、日本語表記からは離れている。

箇条書きにおける用途[編集]

箇条書きの一項目を示す印として箇条書き項目の先頭に置く。中黒で代用されることもある。

圏点としての用途[編集]

縦書きの場合は強調したい文字の脇、横書きの場合は強調したい文字の上に付けて強調していることを表す。

数式における用途[編集]

数学において、特定の対象や操作を表すためにビュレットや類似の記号が用いられることがある。

Unicode において、U+2219 BULLET OPERATOR (∙) が数式用の記号として定義されている。ドット U+22C5 DOT OPERATOR (⋅) と同様に以下の文脈で用いることができる:

  • 乗算の例:
    • xy(2つの数 x, y の積)
  • ベクトルスカラー積の例:
    • xy = x1y1 + x2y2 + ...(2つのベクトル x, y のスカラー積は成分ごとの積の和として表せる)
  • 論理積の例:

Unicode において、U+2218 RING OPERATOR (∘) が数式用の記号として定義されている。視覚上は U+2218 は白抜きされた円形の記号であり、白ビュレットに類似する。しかし Unicode では白ビュレットは U+25E6 WHITE BULLET (◦) として別に定義されており、用途が異なっている。

U+2218 (∘) は主に写像の合成を表すために利用される。この用途に対し、HTML実体参照としては ∘ (∘) が定義されている。

  • 写像の合成の例:
    • (fg)(∙) = f(g(∙))g を適用した結果に f を適用する操作を fg と表す)

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2022 1-3-32 •
•
•
ビュレット
bullet
U+2023 - ‣
‣
triangular bullet
U+2043 - ⁃
⁃
hyphen bullet
U+25E6 1-3-31 ◦
◦
白ビュレット
white bullet

出典[編集]

  1. ^ bullet English pronunciation of bullet
  2. ^ bullet Macmillan Dictionary

関連項目[編集]