リーダー (記号)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リーダー(leader;lead(導く)から派生)は約物のひとつである。点々や点線などと呼ばれることもある。活字写植フォント等では二点リーダー(‥)と三点リーダー(…)などがある。JISでは二点リーダ三点リーダと表記する。本来、英語における類似の記号は、省略を意味する場合には ellipsis と呼び、leader は目次の項目とページ数を結ぶ際に用いられるような視線を誘導する記号を指す。

日本語では多くの場合、文章中では無音の状態もしくは文の省略を表す。古来の日本語文書にはなく、欧文翻訳文への三点リーダー ( ... ) の替わりとして使用され始め、純粋な日本語文書にも定着した約物である。文章中などにおいて、通常はリーダーを2個つなげる形の二倍リーダー二倍三点リーダーあるいは二倍二点リーダー)が使用される。

数学においては、継続を示す目的で使用される。また、図表中では項目同士をつなげる記号として使われる場合がある。

用法[編集]

主な用法は以下の通り。一部はダッシュと同じような機能である。

時間の経過、静寂
  • 会話の中で無音の状態(間)を表す。
  • (例)「なるほど。……そうなのか。」
余韻、感情
  • 文の末尾で余韻を感じさせる。
  • (例)そして、山へ向かった……。
長音
  • 歌詞における、長い長音で用いる。
  • の長音で用いる。
  • (例)ん……
省略
  • 引用で文の一部を省略していることを示す。
  • (例)書籍には「彼女が……考えた」とある。
記号
  • 図や表で項目をつなぐ記号として使う。
  • (例)バナナ………2本/リンゴ………5個/ブドウ………1房

表記方法[編集]

縦書きでは縦に点が並び、横書きでは横に点が並ぶように打つ。日本語表記では、原稿用紙のマスで言うと、真ん中を通るように点を並べる。一方で欧文フォントの多くでは、ベースライン上に点が打たれる。3点リーダーとは別に Midline horizontal ellipsis (⋯) という記号があり、こちらではフォントによらず点は中央を通る。

「など」の2文字を略記する目的で、二点リーダーが使用されることもある。環境によって正常に見えない可能性がある。JIS X 0208の二点リーダー(‥‥‥)、JIS X 0201の半角でのリーダー(・・・・・・)。

紙媒体
原稿用紙で手書きをするときには、三点リーダーを2マス続けて書き入れるのが一般的である。これは、1946年(昭和21年)に文部省教科書局調査課国語調査室(当時)が作成した『くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)』のテンテンの用例に点6つが打たれていることから広まった可能性がある。ただし同案には、テンテンの符号として点6つと点3つが併記されている。またテンテンと同種の記号として、会話で無言を表すテンセン(点9つ)を示している。項目のつなぎもテンセンとしている。それ以前から植字の現場において「」等と誤植しないための、出版業界の慣習であったとする説もある(複数マスにわたって書かれていればリーダーと判断できる)。
デジタル媒体
コンピュータでも原稿用紙と同じく、三点リーダーを2文字分続けて表記する用法があるが、必ずしも徹底されているとは言えない。Web上においては、二点リーダーが使われたり、中黒("・" 特に半角の"・")や読点("、")を並べてあったり、中には句点("。")を並べる人もいる[要出典]